アクセンチュア・インサイトプラットフォーム(AIP)

アクセンチュア アプライド・インテリジェンスが提供するクラウドベースの分析基盤のマネージドサービスです。あらゆる要件に対応可能な分析処理機能を有し、クイックに分析基盤を立上げることが可能です。

アクセンチュア・インサイトプラットフォーム(AIP)の6つの特徴

  1. あらゆる要件に対応可能な分析処理機能
    分析処理における各レイヤー(Cloud・Storage・ETL・Analytics・Visualization)の機能を有し、オープンソースソフトウェア(OSS)を中心とした最新かつBigData処理が可能な環境を提供します。
  2. 柔軟な料金体系
    高額な初期費用は不要で、利用した機能の分だけ月額課金する料金体系です。
  3. クイックな環境立上げ
    1週間程度でクイックに分析基盤を立上げ可能です。従来のオンプレミス型で分析環境を立上げ、運用を開始した場合の期間と比較すると7~8ヵ月短縮することが可能です。
  4. 再利用可能な分析アプリケーション群
    再利用可能な分析アプリケーション群を保有し、各分析領域の専門家をアサインすることが可能です。
  5. セキュリティ対策のベストプラクティス
    アクセンチュアのノウハウを集結した高度なセキュリティ機能を保有します。
  6. 24×7運用・保守
    グローバル運用・保守拠点およびメンバーを活用した24時間・365日の万全な運用・保守体制を有します。

AIP導入・活用パターン

3つの典型的な導入パターン

  1. 商用環境として新規導入:分析基盤を保有していないお客様に対し、新規分析基盤サービスとしてAIPを提供します。新規システム構築と比較し、短期間・安価に利用開始可能です。
  2. 旧来の分析基盤のリプレース:高額な運用費用がかかる既存分析基盤から、AIPに切り替えるパターン。運用費用削減に加え、最新アーキテクチャーの環境に、短期間で切り替えが可能です。
  3. PoC環境として短期導入:アクセンチュアが分析PoC(概念実証)を実施する環境として立上げるパターン。分析PoC実施後、そのまま商用利用に切り替えることで、早期に利用開始が可能です。

AIP vs オンプレミス型(スピード)

クイックな環境立上げ

AIPは手続き開始から1~2週間で環境利用が可能です。従来のオンプレミス型で分析環境を立上げ、運用を開始した場合に比べ大幅な期間短縮が可能となります。

AIP vs オンプレミス型(費用)

柔軟な料金体系

オンプレミス型で分析基盤を構築する場合と比較すると、高額な初期投資は不要であり、毎月利用した分だけ課金される柔軟な料金体系となっています。

AIP design studioの特徴

電力・ガス・金融・製造・小売など幅広い業界向けに、グローバルで稼働実績のある分析アプリケーションのテンプレートを多数保有し、短期間で高度な分析モデルを構築することが可能です。

  • モデリング機能
    ビジネスユーザー向け: 簡易的なモデルライブラリを用意
    アナリスト向け: GUIベースのモデリング機能
    データサイエンティスト向け:インタラクティブな開発機能
  • アプリケーション開発機能
    再利用可能なアプリケーションテンプレート
    再利用可能な画面・グラフ
    アプリケーション開発ツール
    ユーザー/グループ権限管理

アプライド・インテリジェンスを率いるリーダー