セミナー概要

サプライチェーンの最適化と事業継続計画(BCP)対策は、度重なる災害を経て現在に至ります。2011年の東日本大震災とタイ大洪水、そして現在のコロナ禍を受け、各社対策を進めてきていますが、サプライチェーンの最適化、コスト削減、ロジスティクスの見える化・効率化については、何をどこまで・どのように変更すべきかの議論は社内外にて認識の違いがあるのではないでしょうか。

インフォアジャパンでは2019年より、調達から配送、納品、支払に至るまでのグローバルな商流と物流を統合し、全世界で65,000社以上、取引額1兆円規模のトランザクションを可視化する世界最大規模のサプライチェーンネットワーク、Infor Nexusを日本市場向けに展開しています。

本セミナーでは、アクセンチュアとインフォアジャパンの両社より業界をリードする専門家が登壇し、グローバルサプライチェーンの再構築に向けた方向性や問題解決するためのソリューションや導入のポイントを、事例を交えてご紹介いたします。

Location
WEBセミナー

プログラム

2020年7月22日(水)
14:05 -14:35
参加費:無料
※アクセンチュア講演のみ抜粋

コロナ禍の影響を日本の製造業はどのように受け止め、ポスト・コロナに向けてどのような論点を討議しているのかについて整理を試みます。その中からInfor Nexusを始めとするマルチERPレイヤーのクラウドソリューションの必要性・ユースケースのヒントを提示できれば思います。プログラム全体を見る

SAVE TO CALENDAR
太田 陽介

ビジネス コンサルティング本部 サプライチェーン & オペレーション(COO Advisory)プラクティス 日本統括 マネジング・ディレクター

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで