メタデータ・インテリジェンス・プラットフォーム

グローバルな展開、視聴者のエンゲージメント、顧客維持、ユーザーエクスペリエンスの向上のために、サプライチェーン全体でのコンテンツデータ活用を支援いたします。

データでエンタープライズの価値を高める

企業のデータの約90%は非構造化データであり、構造化データの増加を上回るペースで増え続けています。メディア企業が従来のサプライチェーンが抱える以下の課題を克服することができれば、このデータを活用したイノベーションを起こし、新たなビジネスの可能性を引き出すことができます。

メタデータを利用して戦略的に事業成果を生み出す

現在、コンテンツサプライチェーン全体(コンテンツの取得からユーザーエクスペリエンスまで)におけるメタデータの戦略上の役割に関するビジョンがない。

業務効率の向上

現在、企業は非構造化データ管理の効率が悪く、自動化できるはずの手作業に伴う高いコストに悩まされている。

データとデータ品質を改善

現在はサイロ化されたソースでのみメタデータを入手することができる。このようなソースは、視点が統一されておらず、データが不正確かつ低品質で、標準の適用や品質保証が行われていない。

全て見る

メタデータ・インテリジェンス・プラットフォーム

動画、画像、音声といった非構造化データから情報を抽出するクラウドネイティブプラットフォーム。有名人や物、活動、シーン、ブランド、テキストなどの主要なカテゴリーを特定することができます。

以下の機能を備えたこのプラットフォームを利用することで、コンテンツサプライチェーン全体(コンテンツの制作、権利取得と調達、プランニングとスケジューリング、コンテンツ管理、プロモーション、発表とプレイアウト)でイノベーションを推進し、効率性の向上、カスタマーエンゲージメントの強化、コンテンツサプライチェーンの最適化、新たな潜在顧客の獲得につなげることができます。

  • 自動でのタギングとアーカイビング
  • インタラクティブなコンテンツディスカバリー
  • コンテンツのレコメンド
  • 自動での編集、字幕作成、クローズドキャプション作成 
  • インテリジェントなサムネイル 
  • オーディエンスの予測

機械学習、コンピュータービジョン、自動音声認識、自然言語処理などのテクノロジーを組み合わせることで、メタデータの柔軟性、精度、品質、および、サービス開発速度を向上させることができます。さまざまなクラウドテクノロジーによって最高レベルの精度で複雑なシナリオを生み出すことができます。

Video on Demand

このプラットフォームのメリット

このプラットフォームを利用することで、メタデータの抽出に関わる手作業(コンテンツのタギング、アーカイビング、字幕作成、抽出など)にかかるコストを最大80%削減することができます。

メタデータ抽出のスピード向上

コンテンツタギングのミスの割合減少 

アーカイビング作業の1時間あたりの平均コスト減少

手作業の時間減少

平均タスク達成率向上

サービスコスト減少

全て見る
特長

メタデータ・インテリジェンス・プラットフォームの特長

このプラットフォームは、複雑なシナリオを最高の精度で検出すると同時に、全体的なサービスコストを最適化します。また、様々なクラウドプロバイダーにおいて、コンテンツのタグ付けエラーの割合を減らしながら、高速なメタデータの抽出を実現します。

レポート全文を読む