AIの本格導入でビジネス価値を実現

AIをビジネスのあらゆる側面で活用することで、効率化と生産性の向上が実現できます。しかし、AIの力がそれにとどまらず、ビジネスの枠組や産業構造を根本から変革することができるとなるとどうでしょう。

多くの企業は概念実証(PoC)段階から進むことができずに、AIの価値を最大化することに苦心しています。アクセンチュアの調査によると、戦略的スケーラー(AIの本格導入に成功している企業)は非戦略的スケーラーに比べ、およそ3倍ものAI投資利益を達成しています。私たちは、​ビジネスのあらゆる機能から工程にAIを本格導入することによって実現するビジネス変革を見据えた戦略のもと、AIにデータ、アナリティクス、自動化を組み合わせたアプローチを提供します。

アプライド・インテリジェンスは、既存の投資を最大活用し、新しいテクノロジーをビジネスのあらゆる側面に拡張するための「ロードマップ」を持っています。AIに精通した専門家とデータサイエンティストが、ほぼ全てのテクノロジー・パートナーと柔軟に連携することで、お客様企業があらゆる機会をとらえ、評価し、最大化し、さらに拡張することを支援します。

アプライド・インテリジェンスが叶えるAIの産業化

AIの本格導入が実現する産業構造の変革がもたらす新しいビジネス価値を紹介します

トランスクリプトを読む

業界のリーダーポジション​

アクセンチュアは、市場におけるプレーヤー各社の相対的な位置付けを提示するガートナー(Gartner)の2020年の調査で、「データ/アナリティクス・サービス・プロバイダー」部門のリーダーとして評価されています。 続きを読む.

定義:データ/アナリティクス・サービス・プロバイダーは、データに裏付けされた信頼できる知見をビジネスの意思決定者に提供し、選りすぐりの戦略を実行することを可能にします。本調査は、データ/アナリティクス分野におけるサービス・プロバイダーの選定を支援します。

Image Source: Gartner 2020

Gartner, Magic Quadrant for Data and Analytics Service Providers , Jorgen Heizenberg, Twiggy Lo, Gareth Herschel, Ehtisham Zaidi, Saul Judah, Robert Thanaraj , 10 February 2020

Image Disclaimer: This graphic was published by Gartner, Inc. as part of a larger research document and should be evaluated in the context of the entire document. The Gartner document is available via this link. Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner’s research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, express or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose.

Gartner recognizes Accenture as a Data and Analytics Service Providers Magic Quadrant Leader, 2020

ケイパビリティ

お客様企業の状況は千差万別です。実証済みのターンキーソリューションとカスタム・プログラムのどちらを使用している場合でも、アクセンチュアは深い業界ノウハウをもってお客様独自のニーズに対応します。これを支えているのが、世界125カ国以上にまたがって活動するチームです。アクセンチュアが提供するサービスの一部を紹介します。

View All

倫理に配慮したAIと適切なガバナンス

責任あるAI(レスポンシブルAI)とは、ヒトと企業を力強くサポートしつつ、顧客と社会に及ぼす影響が公平になるように設計、構築、導入されたAIです。責任あるAI(レスポンシブルAI)によって、企業は信頼感を得ながら自信を持ってAIを拡張することができます。しかし、責任あるAI(レスポンシブルAI)が実際にどのようなものであるかについてはまだ不確定な部分があります。実際、アクセンチュアのグローバル調査では、88%近くがAIによる意思決定に自信が持てないと回答しています。AIの可能性が拡大し続ける中、リーダーがもっと楽観的に自信を持ってAIを採用できる環境を整えるために、不安を払拭しリスクの緩和を図ることが必要です。

AIを広い範囲で効果的に利用するには、テクノロジーだけに留まらない、はるかに多くのことが必要だとアクセンチュアは考えます。イノベーションを活性化させる分野の垣根を越えたアプローチとあわせて、システムが信頼に値し、説明可能で、中核となる倫理的価値に基づいたものになるように、ヒトと機械が協力しあうための適切なガバナンス構造が求められます。これらすべてが、信頼できる、より良い意思決定を促します。

責任あるAI(レスポンシブルAI)とは?

責任あるAI(レスポンシブルAI)は、人工知能システムを、透明性と信頼性が高く、説明可能なものにするためにすべきことを明らかにし、公平性、偏見、法令順守、倫理に関する組織的および社会的問題に系統的に対応できるようにします。

トランスクリプトを読む

数字で見るアクセンチュア

100%

全ての業界アナリストがアクセンチュアをリーダー・カテゴリーに分類しています

40,000人​

40,000人以上の専門家

4,000人

業界と業種の専門家である4,000人のデータサイエンティスト

約50

約50の専門施設

1,600以上

1,600以上の特許(出願中・取得済あわせて)

250種類

250種類を超えるアプリケーションとソリューション

AI POWERED サービス

アクセンチュアでは、AIエンジンの導入はゴールではなく、ビジネスゴールに応じた自動化・高度化を目指すべきと考えており、企業のAI導入を適切・迅速に進められるサービスの開発を加速してきました。アクセンチュアが開発したAI HUB プラットフォーム(複数のAIエンジンから最適なエンジンを組み合わせ、人間のオペレーターとの協調も可能なプラットフォーム)をベースに、その特徴を活かした各種AI POWEREDサービスを紹介します。

AI POWERED コンタクトセンター
コールセンターを含むあらゆる顧客接点におけるお問い合わせに対してAIによる自動応答と、ヒトによるきめ細やかな対応を組み合わせることで、トータルで顧客接点における業務効果の最大化を実現します。利用者にとっては、コールセンターにありがちな長い待ち時間がなくなり、自分の都合の良いタイミングで企業とコンタクトができます。

AI POWERED バックオフィス
バックオフィス業務に対してAIを活用した効率改善を行いながら、ヒトのサポートが不可欠な領域においてはBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を活用し、AIとヒトの協働により効率化・コスト削減を実現します。

AI POWERED コンシェルジュ
接客中の音声をAIが自動認識し、十分な精度・速度で、適切な情報をタブレット端末の画面などに提示することで、対面接客業務の効率化・高度化の実現をサポートします。

AI POWERED SCM(サプライチェーン・マネジメント)
モノづくりやロジスティクスに関わるモノとヒトの動きをデジタルデータでつなぎ、AIで分析することで、バリューチェーン全体のモノ・ヒトを最適化し、パーソナライズされた製品を顧客が望むタイミングに届く世界を実現します。

AIの本格導入

3つの重要なステップ

AIロードマップ

事例

AI Powered SCMの需要予測・在庫最適化エンジンであるAFSを活用し、情報収集・分析の迅速化を実現。

アクセンチュアは、佐賀県における救急隊と医療機関との連携の改善に取り組みました。

オハイオ州では、ビッグデータを活用し、乳児死亡率に影響する要因の理解と対応の向上を行っていました。

全て見る

関連ニュースを紹介します

アクセンチュアとMUJIN、物流領域で協業開始

AIやロボットを用いて倉庫オペレーションの自動化・可視化、および配送計画の最適化までを実現。

KDDIとアクセンチュア、データアナリティクスの活用推進に向けた合弁会社設立で合意

AIを含む先進的なアナリティクス活用によりKDDIグループのデータ利活用の中核となる「ARISE analytics」設立。

関西電力とアクセンチュア、関西電力のデジタル変革に向けて先端アナリティクスなどを活用した合弁会社を設立

新会社「K4 Digital」は関西電力の既存事業の変革や新規事業の創出、顧客体験の最適化を支援。

エコシステム・パートナー

アクセンチュアが協業する100を超えるテクノロジーと学術分野のパートナーのごく一部を以下に紹介しています。ジョイント・ベンチャーを通してほぼ全てのテクノロジー・パートナーと連携することで、お客様のアナリティクスとAIへの投資を最大限に活用する支援をします。

アプライド・インテリジェンスを率いるリーダー

採用情報

デジタル技術や先端テクノロジーをビジネスの最前線へ適用し、データサイエンスとの融合により世界の大企業が注目するソリューションをデザインし、実装を支援すること。それがAIグループのミッションです。お客様のコアビジネスをデジタルの力で先導した先には、まったく新しい成果をもたらします。AIグループ所属の社員は、そのような価値創造の最前線で活躍しています。AIグループでは、「データネイティブのマインドセット」を大切にしていて、アナリティクスと人工知能のプロフェッショナルこそが、データという宝の山から真に革新的な価値を見つけ出すことができると考えています。

採用情報を見る