Skip to main content Skip to Footer

インダストリーX.0技術の組み合わせが鍵Unlocking the power of digital

デジタル技術を有効に組み合わせ、新しい時代にふさわしい「インダストリーX.0企業」への変革に着手できていますか?

多くの企業が、変革と成長をもたらすデジタル技術の可能性を認識し、さまざまな最先端技術に投資しています。

インダストリーX.0とはデジタル産業革命のことです。 インダストリーX.0企業は、繰り返される技術の変化を取り入れ、そこから利益を得ています。ITバンドルや「SMAC」(ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウド)スタックを多面的に試すにしてみるだけに留まらず、デジタル技術を組み合わせることで、売上と収益の両方を伸ばしています。インダストリーX.0企業は、インダストリー4.0の中核となる業務の効率性化を取り入れるだけでなく、最新のデジタル技術を組み合わせることで、B2CとB2B両面で方の観点から、高度なパーソナライズがなされた新しいエクスペリエンスを継続的に生み出しています。


アクセンチュアが21の産業先進国の900社を超える大企業の上級役職者に調査をしたところ、デジタル技術への投資により新たな収入源を創出し、業務効率化と成長を実現できていると回答したのは全体のわずか13%でした。 アクセンチュアが提唱する“Leading in the new(新たな分野でトップに立つ)”を達成することは容易ではありません。


記事レポートをダウンロード

ほとんどの企業でデジタルへの投資が断片的になっており、デジタル技術の組み合わせによる価値最大化が十分にできていません

80%

「これまでにない効率性や成長
体験をすべて同時に実現したい」と回答

ONLY 13%

「デジタル技術への投資によって新たな収入源を創出し、業務効率化と成長を実現できている」と回答

価値を創出するには、単に種々雑多なデジタル技術を適当に組み合わせればよいというわけではありません


必要な技術の組み合わせは業界により異なり、時間の経過によっても確実に変化していきます。コストを大幅に削減しつつ、時価総額を高めるための最適な組み合わせが重要です。

Bitcoin

US$85,000

自動運転車、拡張現実(AR)・仮想現実(VR)、ビッグデータ、機械学習、モバイル・コンピューティングの5種類のデジタル技術を組み合わせた場合の社員1人あたりの平均コスト削減額

US$60億

自律型ロボット、モバイル・コンピューティング、自動運転車、3Dプリンティング、機械学習の技術を組み合わせた場合に引き上げが期待できる平均時価総額

US$16億

産業機器分野の企業で、自律型ロボット、人工知能(AI)、ブロックチェーン、ビッグデータ、3Dプリンティングの技術を組み合わせた場合の平均コスト削減額

インダストリーX.0企業になるには?

 

アクセンチュアの調査と経済モデリングにより、インダストリーX.0企業の持つ特性(スマート/つながる/活気がある/学習する)を一層高めるための6つの要件が明らかになりました。

中核事業の変革

 

中核事業の変革


デジタルを梃に一段上の効率性を実現。物理的な機械とソフトウェアの同期により、類例のないコスト効率を実現し、結果的に投資力を向上させる。




経験と成果にフォーカス

経験と成果にフォーカス


投資により、高度にパーソナライズされた新しい顧客体験を促進させる。これにより顧客エンゲージメントが強化され中核事業の成長につながる。




新しいビジネスモデルの開発

新しいビジネスモデルの開発


顧客提供価値の差別化と、自社の新たな収益源創出を促進するため新しいビジネスモデルを考案・構築する。

Build a digital-ready workforce

デジタルに対応した労働力の構築

デジタル・スキルを持つ人材の獲得、教育、確保に取り組み、人と機械の積極的なコラボレーションを促進する。



Re-architect new ecosystems

新しいエコシステムの再設計

サプライヤー・流通業者・スタートアップ・顧客からなる強固なエコシステムを構築する。それにより新しいビジネスモデルをデジタル・バリューチェーン全体に瞬時に拡張できるようになる。

Pivot wisely

賢明な舵取り

中核事業と新規事業の間で、常に投資・リソース配分のバランスをとり、イノベーションと成長を同時進行させる。

お問い合わせ



お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。




関連コンテンツ