Taiki S.

ビジネス・テクノロジー コンサルタント、マネジャー

東京オフィス


"2011年新卒入社。技術担当として、計画フェーズから運用フェーズまで一貫して携わるコンサルタント。グローバルメンバーと連携し、システムの日本初導入を複数回経験。"

What I do

計画フェーズから運用フェーズまで、一貫して携わることができるのはアクセンチュアならでは
アクセンチュアに入社したきっかけですが、就活当時、強い興味を持てた業界が無かったため、今後興味のある業界に出会った時に飛び込んでいける知識とスキルを獲得できる会社を探していました。アクセンチュアはほとんど全てと言っていいほど幅広い業界でビジネスをしており、かつ、この先絶対に必須となるITのスキルも獲得できるため、アクセンチュアへの入社を決めました。
現在は、業務要件に対するソリューションと実現の可否や妥当性を、システムの立場から検討する仕事をしています。技術担当として計画フェーズでは業務要件に対して「できる・できない」を考え、ソリューションを実現するためにどんな製品を使えばいいのかを技術的な側面から考えます。それを元に運用フェーズではITインフラの設定や、他システムとの連携など、実際にシステムの導入を行っていきます。
計画フェーズから導入・その後の運用フェーズまで、一貫して携わることができるのはアクセンチュアならではだと思います。開発ができなければ設計はできないし、設計ができないと要件はなかなか詰めることができません。全部知っていないと大きな視点でプロジェクトのスケジュールを考えられない。計画フェーズだけだと“絵にかいた餅”になりがちで、運用フェーズだけだと技術にフォーカスし過ぎて「これを使って何ができるだろう」という視点がなかなか育ちません。計画から導入・運用まで関わることで、運用フェーズで出てくる課題を計画フェーズに還元するなど、それぞれのフェーズの教訓を別のところに生かせるのがアクセンチュアのいいところだと思います。

新卒採用 TOP

A day in my life

一日のスケジュール
私は複数のお客様、複数のプロジェクトを掛け持ちしているので、午前は1社目に行って打ち合わせや、お客様先に常駐している部下と話して状況を確認します。午後からは別の拠点に移動して同じく打ち合わせや部下の状況確認を実施。夕方から技術課題の検討や資料の作成等を行います。

一番嬉しかった瞬間
アクセンチュアジャパンとして初導入となるシステムの導入に成功した時です。最近の仕事だと、大規模連携基盤として、製品ベンダーと組んで最新のツールを導入しました。お客様の思いも期待値も大きくハードな仕事でしたが、その分やりがいもとても大きかったです。お客様がアクセンチュアに期待していることは常にハイレベルで、グローバルの知見を活かすことが期待されています。グローバルメンバーのバックアップもあって、アクセンチュアで働いていると「日本初導入」が経験しやすいのも、いいところだと思います。散々導入されてきたシステムはどこそこに答えが転がっていますが、初めてのものは答えがどこにあるかわかりません。自分で一つ一つ調べながら突破していく過程は楽しいです。私自身、今携わっているプロジェクトを含めて複数回の日本初導入経験があります。
入社以来ずっと技術担当という役割を果たしている中で、今後は現在持っているスキルをベースとしながら、常に変化し続けるITのトレンドをキャッチし、その時代に合ったスキルを都度吸収して活躍していきたいと思います。

アクセンチュアで働くことの魅力
アクセンチュアで働く上で魅力に感じている点は3つあります。1つ目は、とても優秀なメンバーが多く、日々切磋琢磨できるところです。直近携わったプロジェクトでは、専門家が非常に少なく、日本にはいなかったため、4か国の混成チームを結成して取り組みました。世界中に数人しかいないような本当のスペシャリストたちとコラボレーションしながら仕事ができたのは、アクセンチュアがグローバル企業だからこそ。そんな仕事に携われたのはいい経験になりました。これからもそういった専門家とハイレベルな仕事をして、自分自身も成長したいと思っています。
2つ目は、学ぶ環境が整っていること。社内研修も充実しているのですが、会社の費用負担で外部のトレーニングに参加することができます。外部トレーニングは高額なものが多いので、とてもありがたいですね。個人のスキルの獲得に大きく寄与していると思います。さらに、豊富な知識を持った先輩が多く、人を育てようという土壌があるのもいいところだと思います。
3つ目は、会社としてチャレンジを当たり前とする風土があるところです。新しいシステム、新しい仕組みを使ったプロジェクトが多いのは魅力的ですね。

"グローバルメンバーのバックアップもあって、アクセンチュアで働いていると「日本初導入」が経験しやすい "

My advice

若いうちから新しいことをスピードと裁量権を持って経験できる
アクセンチュアは大きな組織ではありますが、プロジェクト単位やチーム単位で動くため、若いうちから新しいことをスピードと裁量権を持って経験できます。若いうちから1人でお客様先に行ったり、管理職クラスの方々とミーティングをする経験が積めます。管理職クラスの方々が裁量するようなことを自分でもまかせてもらえる機会が多く、学びも大きいと思います。この規模感、スピード感で働ける会社は他にはないと私は思います。アクセンチュアに興味を持ったポイントは人によって異なるでしょうが、こういう環境で仕事をしたい人にぜひ仲間として加わってもらいたいと思います。

Taiki

関連する職種

日本 東京

Oracleコンサルタント/エンジニア

Software Engineering

公開 1か月以上前

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る