エンジニアリング、建設、不動産サービス

環境に優しく、レジリエントなデジタルの未来を築くための、アクセンチュアの取り組みをご覧ください。

変化に対応するために、より速く改革を行う

エンジニアリングや建設、不動産の各業界は、都市化、エネルギー転換、気候変動、新しい形のスマートモビリティなどの大規模なトレンドの岐路に立っています。これと並行して、世界各国の政府はインフラや交通機関への大規模な投資を続けています。私たちは、まさに成長のチャンスを迎えているのです。

アクセンチュアは、長きにわたる経験から、業界、テクノロジー、組織に関する深い専門知識を有しており、競合との差別化やアジリティ、成長を実現するための包括的なソリューションを提供します。また、オペレーションの最適化、レジリエントなサプライチェーンの構築、デジタル技術による従業員の安全確保など、お客様の持続可能なビジネス構築や、スケールとスピードを伴う成長を支援します。

アクセンチュアのサービス

アクセンチュアのケイパビリティは、お客様にとって価値を生み出すあらゆるソリューションを提供します:

クラウドトランスフォーメーション、リーンなプロセス管理、新しいデジタルコア:デジタルクラウドジャーニーで次のステップを踏み出し、生産性を向上させ、トップラインとボトムラインを改善しましょう。

コネクテッド・プロダクト&サービス:収益源の多様化と利益率の向上のためのデジタル化(ビルディングインフォメーションモデリング、デジタルスレッド、コネクテッドワーカー、コネクテッドサイトを含む)。

コンシューマライゼーションと成長:新しいB2Bビジネスモデルやデータ駆動型サービスを開発し、成長へのギアチェンジを図る(デジタルサービスファクトリー、エコシステムパートナーシップ、アプライドインテリジェンス)。

インテリジェント・オペレーションズ:コスト管理、サプライチェーンレジリエンスに焦点を当てながら、バックオフィスモデルを再構築し、アジャイルなビジネスオペレーションを支援。

全て見る

サービス提供領域

アクセンチュアは、企業のプロセス効率化とデータに基づく洞察に基づく価値の創造を支援します。以下の4つの主要領域でこれらを実現します:

エンジニアリング&建設

デジタルと統合されたプロジェクト管理プラットフォームを活用し、利益拡大や作業員の安全確保、顧客とユーザーへの新しいサービスの提供を実現します。アクセンチュアのイノベーションセンターをご覧ください。

資本プロジェクト

オーナー・クライアントだけでなく、建設請負業者やサプライヤーといったサプライチェーン全体を含んだインフラストラクチャーおよびエンジニアリング、建設ビジネス全体の刷新を支援します。コネクテッド建設ソリューションをご覧ください。

不動産

不動産や設備管理、プロジェクト管理、現場業務の最適化などの複雑な業務を支援します。

ビジネスサービス

ケータリングやサポートサービスを提供する企業と提携し、デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けた支援をします。

全て見る

コネクテッド建設プラットフォーム

今日の建設業界の実態は50年前とあまり変わっていません。しかし、プロジェクトにかかるコストは2倍にも上ります。理由として、建設業界が世界の国内総生産(GDP)の13%を占めているにもかかわらず、デジタル化が進んでいないことが一因です。このため、バリューチェーン全体の透明性が損なわれ、生産性が低下し、予算、スケジュール、資産のパフォーマンスが危機に陥っています。

コネクテッド建設プラットフォームは、エンジニアリングおよび建設組織がリアルタイムに連携することにより、個人の安全性を向上させるとともに、労働力や設備、資材の潜在能力の最大化を実現させます。

関連リンク

国連グローバル・コンパクト(UNGC)とアクセンチュアが実施したサステナビリティに関するCEO調査で、気候変動の危機に迅速に対応するためにリーダーに求められている機会と課題を明らかにしました。

デジタル化とデータドリブンインサイトにより、より高いリターンを実現するための方法を考察しています。

このパンデミックは、ビジネスと社会が相互協力し合う前例のない実験の舞台となりました。

全て見る

リーダー紹介

ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)