「イノベーション創出」で日本の課題に応える

アクセンチュア株式会社
代表取締役社長
江川 昌史

日本は少子高齢化・人口減少に直面すると同時に、デジタル化等に伴う産業構造の変化も急速に進行しています。こうした現状に対応するため、民間企業は生産性や高付加価値化を向上させるべく省力化・高度化に意欲的な取り組みを示し、一部の行政機関では市民サービスを継続的に実施するために、デジタル技術を最大限に活用する施策導入をはかっています。一例として、いわゆるデジタルファースト法案に基づく新たな市民サービス施策の導入や利便性を高めたマイナンバーカード普及策等、国家レベルでも私たちをとりまくデジタル社会の基盤整備が一層加速しています。

私たちアクセンチュアは「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供し、世界52カ国に拠点を構え、約51万3,000人のプロフェッショナルを擁する世界最大級の総合コンサルティング企業です。

日本でも60年近くにわたり、お客様のさらなる事業成長に向けたイノベーション創出のため、約1万5,000人の従業員を超えるまで陣容を拡大し、先述したデジタル社会の到来に向け、日本における様々な課題の解決や組織変革を促進しようとするお客様のご支援をエンド・ツー・エンドでおこなっています。

直近では、アクセンチュアは日本で拠点を拡充させています。例えば西日本を本拠地とする企業のために、主要拠点の一つとして関西では大幅にオフィスを拡充。北海道・札幌では先進的なクラウド、セキュリティ技術等を提供、また、会津若松ではスマートシティ全国展開に向けた都市OSを構築、さらに福岡と熊本ではRPAやAI等を活用し最新の自動化技術を実現する等、最新テクノロジーを中核にした世界最高レベルのソリューション・サービスをご提供できる体制を整えています。

今後ともアクセンチュアは、日本のお客様とともに磨き上げ蓄えてきた専門的知見や経験等に基づき、世界に先駆けて顕在化した日本の様々な課題解決とデジタル社会の実現に向け、イノベーション創出と、人々の仕事と生活をより良くすべく、お客様の変革を支援します。

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで