2006年に国内分散開発の発祥地として開設、以来拡充を続ける

アクセンチュア・イノベーションセンター北海道(AIH) は、2006年にアクセンチュアとして初の国内分散開発の拠点として開設され、以来拡充を続けています。

近年ではクラウドやアナリティクスなど先端技術の仕事が増えており、日本国内・グローバルと一体となったプロジェクト運営を実施しています。

IT開発の集積地である札幌市において、国外では対応が難しい複雑かつ高難易度の開発を行う拠点として、優れたIT人材・エンジニアが多く活躍しています。

地元の自治体やスタートアップとの連携にも力を入れており、今後も北海道における地方創生・人材育成にも貢献していきます。

<携わったプロジェクト例>

採用情報

アクセンチュア・イノベーションセンター北海道 採用情報

得意とする技術・サービス

インテリジェント・オートメーション

プログラムによる学習、理解、応答を可能にするコグニティブ機能で強化された自動化ソリューション。効率化だけでなく変化の激しいビジネス環境への柔軟な適応を可能にします。

アクセンチュア コネクテッド テクノロジー ソリューション(ACTS)

様々な外部サービス連携&マイクロサービスによりデジタル・エコシステムを実現するデジタルプラットフォーム。

Salesforceソリューション

世界No.1のSalesforceグローバルアライアンスパートナーとして、企業・組織がSalesforceテクノロジーを最大限活用できるよう、真のイノベーションと価値の創出を促進する、数々の業界別ソリューションを提供。

テクノロジーコンサルティング

画期的な戦略、最新テクノロジー、革新的なアドバイザーによって、お客様のビジネス価値を高めます。

電力・ガス業界コンサルティング

電力・ガス企業がビジネスモデルと未来の事業価値を再構築し、パフォーマンス向上と更なるビジネス成長を実現するための活動を支援。

SynOps

BPOスキームの実践的効果を最大化する体系化されたアクセンチュア独自のアセット。

全て見る

北海道の地元自治体・スタートアップとの連携強化

アクセンチュア・イノベーションセンター北海道では、拠点を構える札幌市を中心に、地元の自治体、NPOやスタートアップなどとのコラボレーションも強化し、人材育成や地方創生にも力を入れています。

<取り組み例>
介護分野において学生が自ら課題を発見し、STEM技術を活用したソリューションを検討・構築する「デジタル介護ハッカソン」

アクセンチュアの「レスポンシブル カンパニー&シチズン」の取り組みについてはこちら

リーダー紹介

アクセス

<所在地>

〒003-0022 北海道札幌市白石区南郷通1丁目南8番10号

白石ガーデンプレイス(受付:4F

011-876-0042(代表)



<交通>

地下鉄東西線「白石」駅より 6 番出口直結

アクセンチュア・イノベーションセンター北海道所在地
ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)