Skip to main content Skip to Footer

CLIENT CASE STUDY


概要

30年後の自分?

モバイルアプリ「健康第一」。お客様の健康支援を目的に作られました。

健康的なライフスタイルを実現してもらえるよう、「健康第一」は様々なアドバイスや情報を提供します。例えば、喫煙や飲酒習慣を加味して未来の顔をシミュレーションするFaceAI(フェイスエーアイ)機能や、健康診断結果を分析して健康年齢・健康タイプを自動判定する「健康年齢チェック」機能などがあります。この他にも、栄養士によるアドバイスや健康的なレシピや、第一生命のお客様であれば、スマートフォンのカメラで食事を撮影するだけで、摂取カロリーを確認することが出来ます。

アクセンチュアと第一生命は、Accenture Connected Technology Solution(ACTS)を活用し、アジャイル開発を行うことで、アプリの開発期間を短縮しました。ACTSであればこそ、スタートアップ企業も含めた20社以上の企業のテクノロジーとスキルを活用し、新たなサービスを2017年3月に開始することが出来ました。

「健康第一」を通して、健康的なライフスタイルの実現を支援します。

「未来へ走る、真っ先に。未来をつくる、真っ直ぐに。」

「InsTechは欧米などが先行している状況にあります。本プロジェクトでは、グローバルなネットワークや先進事例の知見を有し、エンドツーエンドのサービスを提供するアクセンチュアと取り組んだからこそ、このような画期的なサービスを短期間で実現することが出来ました。今後も他業態と連携したエコシステムの実現等を一層推進し、外部の開発力やアイデアを積極的に取り入れながら生命保険業界全体のイノベーションをリードしていくことを目指します。」

岩井 泰雅様
第一生命保険株式会社
執行役員
生涯設計教育部長

お問い合せ

林 岳郎
金融サービス本部
マネジング・ディレクター
保険グループ統括
林 岳郎