Skip to main content Skip to Footer

INDUSTRY X.0


Discover Your X: 製造業のデジタル変革

デジタル化により業界の再編は進み、産業はその姿を大きく変えつつあります。自社の競争力を維持・向上させるために、企業は事業の見直しを迫られています。

最新のデジタル技術を正しく組み合わせることで、企業はデジタル変革を実現し、会社を成長させることができます。
アクセンチュアの調査によると、技術を最適に組み合わせることにより、大企業は最大160億ドルのコスト削減が見込めることが分かっています。

インダストリーX.0は、スマートで常に変化する、そしてあらゆるモノがつながる最新のデジタル技術を活用することで、ビジネスを変革するための新たな道です。この道を進むことで、企業のアジリティ(俊敏性)とイノベーションは促進され、業務効率化や高速化を実現できます。さらに、新たなエコシステムとビジネスモデルが生み出され、収益源の拡大へとつながります。

64%

企業の経営幹部の大多数が、「デジタル技術を有効に活用できなければ、自社が生き残っていくことは難しい」と考えています。

ビジネス変革のための4つの鍵

企業はデジタル産業革命に乗り出すため、新しい技術とプロセスの最も効果的な組み合わせを見つける必要があります。インダストリーX.0を成功裏に進めていく方法を、事例を挙げながら見ていきましょう。

イノベーション

デジタル・ディスラプションの時代を生き抜いていくために、企業は自社のビジネス、製品、サービスを今一度、見直す必要があります。アクセンチュアは、新製品のプロトタイプ作成やテスト、拡張を速やかに行うためのアクセンチュア・イノベーション・アーキテクチャを通して、お客様のデジタル変革を支援しています。

<先進事例>
  • シュナイダーエレクトリック社:アクセンチュアの支援により、予防的メンテナンス、アセット・モニタリング、エネルギー最適化などの新しいデジタル・サービスの新規開発から提供開始までの時間を80%短縮。詳しくはこちら

  • BMW:自動車業界の他社に先駆けて、リアリティのある拡張現実(AR)アプリを導入し、全く新しい自動車購入の体験を実現。詳しくはこちら

デザイン&製品設計

高速化、ハイパーパーソナライゼーション、アジリティ――これらは、インダストリーX.0時代の設計と製品エンジニアリングの特徴です。インダストリーX.0においては、あらゆるモノがつながるスマートな技術によって、効率化が促進され、R&Dの投資効果が最大化されることになります。アクセンチュアのソリューションは、直接的なフィードバックやさまざまな洞察を最新のデジタル技術と組み合わせることで、顧客ニーズを正確に反映した製品やサービスのスピーディーな開発を可能にします。

<先進事例>
  • アクセンチュア:運転データを収集して安全運転を促進するサービスを提供するための各種センサーが埋め込まれた、コネクテッド・カー・シートを開発し、2017年のハノーバーメッセで公開しました。クラウドソーシングと拡張現実(AR)からなる革新的なプロセスにより、従来は1年以上かかっていた設計・開発期間を6週間に短縮することに成功。大幅なコスト削減が期待されます。デモ動画はこちら

製造

設計段階でお客様から出される個々の要望に基づき構築を行うことで、企業は製造の方法を、これまでの汎用的なアプローチから、自動化され、高度にパーソナライズされた、ニーズ主導型のアプローチへ転換させることが可能となります。アクセンチュアは、運用コストを削減し、製品の品質とオペレーションの透明性を高める新技術を利用することで、スマートな製品やサービスの開発を支援します。

<先進事例>
  • エアバス:大手航空機メーカーとして初めて、最終組立ラインにウェアラブル・テクノロジーを導入し、A330型機の生産方法を大きく変えることに成功。作業員が重要な情報にすぐにアクセスできるようになったことで、従業員の満足度が向上し、全体的な生産性もアップしました。詳しくはこちら

サービス&サポート

インダストリーX.0では、製品・生産のみならず、アフターマーケットにおいても、パーソナライゼーションによる収益性向上を実現します。 アクセンチュアはAI対応のソフトウェアとコネクティビティによって得られるさまざまな洞察を活用して、メンテナンス、修理、スペアパーツ、保証、製品性能に重点を置いたソリューションを提供し、お客様のアズ・ア・サービスモデルへの移行を支援しています。

<先進事例>
  • ドゥカティ(オートバイ・メーカー):世界80カ国に有するディーラー、サプライヤー、販売店に対して、個々のニーズに迅速かつ適切に対応するために、アクセンチュアのスペアパーツ在庫最適化アプリケーションを活用。これにより、従来数時間かかっていたスペアパーツの在庫予測を、今では数分で行えるようになりました。詳しくはこちら(英語)

  • ビエッセ・グループ(木工機メーカー):サービス主導型メーカーへの転換を果たしたことで、アフターマーケットのビジネスを大きく変革。詳しくはこちら(英語)

CAREERS

さらに詳しく