こんにちは。ビジネス コンサルティング本部にて人材・組織コンサルティングを担当しているシニア・マネジャーのKatsumiです。私はアクセンチュアに新卒で入社し、長らく通信・メディア・ハイテク業界のお客様の改革案件に携わってきましたが、数年前から業界問わず人材・組織領域の変革を推進させて頂いております。

今日は、私が最近関わっているプロジェクトの取り組みをご紹介しつつ、「デジタル変革における人材・組織整備の重要性」について書きたいと思います。

 

デジタル化による支援の変化

近年、コンサルタントは従来の戦略立案だけでなく、その先の実行まで担うことが主流になってきているのはご存知かと思います。また、デジタル化・デジタルトランスフォーメーション推進が企業経営の前提となってきている中、コンサルタントによる実行支援の形が更に変化してきていると私は感じております。

例えば、新たなデジタルサービスを作るにせよ、デジタルを活用した業務効率化を進めるにせよ、AIやアナリティクスに代表されるデジタル技術を正しく活用する必要があり、加えてCX(カスタマーエクスペリエンス)やUI(ユーザインターフェース)の検討など利用者が直接触れる部分の設計にまで踏み込まないと、企業のデジタル化が頓挫・失敗してしまうことがわかってきました。そのため、お客様はデータサイエンティストやCXデザイナーなど自社には無い能力をアクセンチュアに求めてくださり、かつ、お客様の社員とアクセンチュアのメンバーが共に走りながら共にサービスを創っていく中で、デジタル化推進するために必要な能力・ノウハウをお客様の社員に注入するところまでを期待していただいています。

加えて、デジタル化を一過性の取り組みとするのではなく永続的かつ自律的な取り組みとするため、デジタル化を推進する組織の立ち上げや自社に必要なデジタル人材の定義・採用・育成・評価制度設計などをアクセンチュアに期待するお客様も多くなってきています。

 

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

共走による共創。人材・組織変革を含めたデジタルトランスフォーメーション事例

ここからは、前章で書いた実行支援の変化の具体内容を私が現在携わっているプロジェクトを例に書いていきたいと思います。

現在、私は、お客様のCEO直轄のDX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトに携わっております。お客様の若手社員とともに、インタラクティブ本部のCXデザイナー・UI/UXデザイナーが中心となり、デザインシンキングなどの手法も取り入れながら次世代の顧客体験のコンセプト立案・PoC(ユーザ評価も交えた概念実証)・ビジュアルデザイン・アプリケーションの画面設計を行い、テクノロジー コンサルティング本部のシステムコンサルタントやソリューションエンジニアが、同じくお客様のエンジニア社員とスクラムを形成しアジャイルでのアプリケーション開発を進めております。また、単にアジャイル手法を取り入れるだけでなく、創造した顧客体験を素早く改善出来るよう、システムアーキテクチャのモダナイゼーション(マイクロサービス化など)にも取り組んでおり、こちらはビジネス コンサルティング本部のシステムアーキテクチャのエキスパートが活躍しています。
(関連記事:プロジェクト事例:通信業界向け顧客体験DXのシステム検討

このように複数の取り組みが内包される複合的かつ非常に大規模な取り組みではありますが、新しいデジタルサービスをMVP*単位で徐々にリリースしており、成果を上げ始めています。
*:Minimum Viable Product=実用可能な最小単位の製品/サービス

少し話が脱線しますが、上記のように、アクセンチュアの様々な組織のメンバーとチームを組成し、多様なバックグラウンドを持ったメンバーとコラボレーションしながらプロジェクトを進めることができるのはアクセンチュアで仕事をする上での醍醐味の一つだと思いますし、アクセンチュアという会社は「コラボレーションが前提」というカルチャーが備わっているといつも感じています。

<<< Start >>>

<<< End >>>

話を戻しますが、ここまでのご紹介だけですと、アクセンチュアが実行推進の大部分を担っているように見えてしまいますが、顧客体験のコンセプト立案からアプリケーション開発やアーキテクチャの刷新まで、検討プロセス・課題解決の手法・作業の進め方などをお客様の社員にお伝えしながら二人三脚でプロジェクトを推進しておりますし、国内外のDX先進事例やそのノウハウをシャワーようにお伝えし、これまでの固定観念を覆し自由な発想を持っていただく、多くの外部情報を吸収し知見を深めてもらう・視野を広げてもらうということも実行と並行して行っております。また、お客様の企業構造にあったDX推進組織の立ち上げや組織に必要な機能設計なども協働で検討させて頂いております。

また、お客様との二人三脚での共走による共創だけでなく、DXの機運を全社に根付かせ、あらゆる事業でDXを推進するため、DX人材育成プロジェクトも並行して始まりました。この新たなプロジェクトは、デジタル人材創出においてトップレベルであるアクセンチュアが自社で有する人材育成の知見・アセットを最大限活用し、DXを行うにあたって必要なスキル・マインドをお客様の社員に伝授することを目的としています。私自身、前述のプロジェクトをメインに仕事をしておりますが、こちらのプロジェクトにも関わっており、育成コンテンツの検討やいくつかの育成講座の講師なども務めております。

本日ご紹介した以外にもいくつか派生プロジェクトが立ち上がるとともに、それぞれのプロジェクト規模が非常に大きく、お客様の多くの部門が関係する取り組みですので、個々のタスク推進にせよ、合意形成にせよ、一筋縄ではいかぬことも多いですが、類を見ない新たな取り組みに関わらせていただき、非常に充実した日々を送っております。

 

それぞれのクラスのプロジェクトでの役割と私自身について

さて、キャリアブログですので、前章のプロジェクトにおけるシニア・マネジャーもしくはマネジャー、コンサルタント、アナリストに期待される役割と実際の業務内容を、一部とはなりますがご紹介させて頂くとともに、既に少し触れましたがプロジェクトでの私の役割もご紹介したいと思います。

プロジェクトにより、求められる役割や作業は様々ですが、私のプロジェクトにおいては、シニア・マネジャーもしくはマネジャーが、お客様混成チームのリードとしての役割を担っております。日々のミーティングのファシリテーションや個々の作業のレビュー・意思決定だけでなく、相対するお客様の意思決定者との討議、そのための論点の提示、ファクト収集からの示唆抽出などを進めてくれています。また、アジャイル開発・ウォーターフォール開発を組み合わせたエンタープライズアジャイル開発という新しい開発手法でプロダクトを作っており、完成品をレビューするのではなく、スプリントというサイクルの終了のたびに実施しているプロダクトレビューもお客様と協働で実施するポジションを担っています。

コンサルタントは、チームの中の一領域を担当し、領域リードもしくはその領域を推進する主体となるポジションを担ってくれています。もちろん、適宜チームリードであるシニア・マネジャーやマネジャーのレビューを受け、進むべき方向性の軌道修正をされることも有りますが、基本的にはコンサルタントが目の前の作業を推進し、定められたゴールに向けて推進していきます。そのため、作業のゴールイメージを自身でしっかり考え、シニア・マネジャーやマネジャーとの議論(=壁打ち)を繰り返しながらも、品質の高いアウトプットを自律的に出せるようになることが求められます。同時に、マネジャーへと成長していくために、担当領域の作業計画や領域メンバーの進捗管理などマネジメント作業を任されることも多く、自身のカバー範囲が急激に広くなるのがコンサルタントの特徴です。

最後にアナリストですが、一領域の担当メンバーとして、着実に自身の作業を推進するポジションを担ってくれています。コンサルタントと同様ですが、マネジャーやコンサルタントのレビューを受け、物事を構造的に整理し、シンプルに分かりやすいアウトプットを作っていくことを徹底的に叩きこまれながら、現状を捉え、課題を抽出し、打ち手を導出していくといった、コンサルティングの基本の流れとその流れで必要な作業を繰り返し取り組む中で身に着けていきます。具体的には現状ヒアリングや目指す姿をインプットにした業務プロセスの設計やデータ収集・分析からの課題導出や示唆出しという作業が多いでしょうか。

なお、アクセンチュアには、メンバーを成長させる一つの考え方として“TeachではなくCoach”という考え方があります。手取り足取り教える(=Teach)ことで期日内にそれなりのアウトプットを出せるようにはなると思いますが、それではチームメンバーの飛躍的成長は見込めませんし、指示待ちメンバーを輩出してしまうことにもなりかねませんので、我々は、常にアウトプットイメージや方向性を早い段階で共有しあい、自身の考えを洗練させつつ、頻度高いレビューやディスカッションを繰り返し(=Coach)行いながらアウトプットをまとめる進め方をとるようにしています。

最後に、私自身の役割ですが、DXプロジェクトにおける全体統括・プロジェクト管理というポジションを担っており、プロジェクトの戦略的方向性検討から進捗・課題管理およびモチベーション管理といったあらゆる面でのマネジメントを、こちらも同じくお客様の同様のポジションの方と二人三脚で進めております。モチベーション管理というと個人の気持ちのマネジメントという部分にフォーカスされますが、そのような管理も新たな手法で推進しつつ、プロジェクトメンバーが生産性高く働けるワークプレイスの検討・導入や、アジャイルビジネスを回していく上で必要なコミュニケーションツールの整備や、アジャイルビジネスを推進する業務プロセス作りなども行っております。

今回は、あくまで特定のプロジェクトに限った、ビジネス コンサルティング本部やインタラクティブ本部の各クラスの仕事内容や役割のご紹介となります。テクノロジー コンサルティング本部だとシステム開発という点で作業自体が異なってくるでしょう。但し、基本的な動き方という意味では同じですが。また、小規模のプロジェクトだと、クラスに関係無く幅広く作業を担うことを求められることもあるでしょうし、マネジャー以上であれば、一つのプロジェクトにどっぷり浸かるのではなく、複数プロジェクトを掛け持つこともあるでしょう。

常にチャレンジングなことが求められるのがアクセンチュアだと私は思っておりますが、プロフェッショナルの意識を常に持ち、その都度、状況に応じてフレキシブルに対応し、チームとして個人として成長できるのではないかと思っております。皆さんがアクセンチュアに入社された際にどのような役割を期待されるのか、どういった働き方になるのかの参考にして頂ければ幸いです。

 

最後に。デジタル変革における人材・組織整備の重要性

色々な話をしましたが、最後に。これまでお伝えしてきた内容を踏まえると、企業のデジタル化・デジタルトランスフォーメーションへの投資は加速しているものの、実際のビジネス変革に繋がるか否かの分岐点は、単にデジタル技術の注入・活用していくだけでなく、変革を支える人材の確保・育成にまで取り組み、自社で能力を獲得していくことや、経営者による強いコミットメントや変革を強力に推進する組織・ガバナンスといった運営モデルの構築まで踏み込む・やり抜くことが重要だと私は思っております。

また、今回はほとんど触れませんでしたが、サービスやプロダクトを素早く世に出し、利用者や従業員のフィードバックを元に改善するトライ&エラーを許容するモノづくりプロセスの浸透やカルチャー改革、デジタル人材がいきいきと働くためのワークスタイル・ワークプレイス変革も非常に重要と考えます。

これらデジタル変革における人材・組織整備の重要性は、アクセンチュアのグローバル調査や国内の様々なレポートでも同様のことが述べられていますので、企業のデジタル化がより一層進む中で、人材・組織整備に力を入れて取り組みお客様が増えてくるでしょう。そのような大きな変化点において、是非皆さんと一緒にお客様を成功に導く仕事を出来ればと思っています。

 

関連リンク:人材・組織コンサルティング

 

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る