Skip to main content Skip to Footer

シンガポール政府:セーフシティ実現のためのテストベッド

ビデオ&センサー・アナリティクスを活用した公共安全ソリューション

概要

シンガポール政府は、シンガポールを世界で最も安全で効率的な都市にする上で、アナリティクスの活用は欠くことのできない重点領域であると考えていました。そこで独自のセーフシティ・プログラムの下、最先端の高度なアナリティクスを公共安全ソリューションの一環として導入することで、街の治安を向上させるとともに、より効果的な公共サービスの提供とリソースの有効活用を実現するための検討を開始しました。

このプログラムの中で、アクセンチュアはシンガポール政府と協働して、公共安全ソリューションにビデオアナリティクスを試験導入するためのテストベッドを構築。独自のセーフシティ・ソリューションを採用することで、既存および新規のビデオデータをセントラル・アナリティクス・プラットフォームに統合し、マリーナベイ地区で開催された2つの大型公共イベントで試行しました。

シンガポール政府は、高度なビデオアナリティクスとユーザーフレンドリーなアプリケーションを用いたテストベッドを使用して、イベント来場者の行動予測や各種リソースの調整、トラブルへの即時対応、また関係機関とのコラボレーションを促進した結果、「未来の公共サービス」を提供するという目標を見事に達成することができました。

クライアント・プロフィール

本プロジェクトでアクセンチュアが協働したのは、シンガポールのセキュリティ産業プログラムオフィス(SSIPO)です。SSIPOは、シンガポール内務省(MHA)およびシンガポール経済開発庁(EDB)が、革新的な能力を備えたセキュリティ産業の構築を目指して共同で設立した機関です。MHAはシンガポール国内の公共安全や民間防衛、入国管理を統括し、またEDBはビジネスと投資の主要な世界的なハブとしてシンガポールの成長を維持すべく、さまざまな戦略を実践する役割を担っています。

オポチュニティー

シンガポール政府は、アナリティクスを活用すれば群衆の既存の行動パターンを把握できるだけでなく、将来の出来事についても、理解や準備、対応を行う上で有益であることを認識しました。

集約化したビデオアナリティクス・ソリューションの導入によって、シンガポール政府は関係機関と容易にデータを共有でき、ユーザーの多様なニーズに応じて、実用的なインサイトの提供が可能になりました。

ビデオアナリティクス・ソリューションは最先端テクノロジーの活用に向けた大きな一歩であり、その有効性を確認するためにテストベッドの開発が必要でした。


ソリューション 

アクセンチュアは、法律、運輸、環境の各分野における6つのシンガポール政府機関との協働を通じて、アクセンチュアビデオアナリティクス・サービス・プラットフォームを基盤としたセーフシティ・ソリューションのパイロット運用を行いました。本プロジェクトのテストベッドは、次の3つのフェーズで構成されていました。

  • インフラの統合
  • データアナリティクスの追加
  • ソリューションのパイロット運用

成果

セーフシティ・テストベッドのプロジェクトにおいて、アクセンチュアはシンガポール政府と協働してソリューションのパフォーマンステストを行い、次のような成果を達成しました。

  • 群衆や都市のマネジメント・アナリティクス分野でのイノベーション:群衆の行動の把握や規模の予測、および障害物の検知などを85%以上の精度で行うことに成功しました。

  • オペレーションのサポート強化:本プラットフォームでは、各種アラートやイベント運営スタッフのGPSデータをリアルタイムに追跡し、監視カメラの位置や情報を視覚的に表示することで、群衆がどのように形成されていくかの予測を可能にしています。

  • ソーシャルメディアのモニタリングとアナリティクスによる異常の検知:本ソリューションでは、トレンド分析を用いて、公共安全に関わる異常な行動やキーワードをソーシャルメディア上で検知することにより、デジタルワールドにおける既定の行動パターンからのズレを自動的に特定することができます。

  • リアルタイムの意思決定:本ソリューションは、標準的な静的データではなく、ビデオアナリティクスからのリアルタイムデータを高度なアナリティクス・シミュレーション・モデルに統合する動的なアプローチを採用しています。そのため、政府機関はリアルタイムなデータを基に、より迅速な対策を講じることができます。

  • センサーとオープンプラットフォームのシームレスな統合:政府の既存の監視インフラを構成している複数のビデオ管理システムを、直感的なインターフェースに統合することにより、関係機関同士のコラボレーションやデータ共有が促進されます。

シンガポール政府はアクセンチュアの支援を通じ、未来の都市運営にとって有益なインサイトや新たな気づきを得ました。現在、同政府は多数の関係機関からの公共安全に関するビデオ情報を収集・統合して、重要なインサイトをリアルタイムで生み出すことができるようになっています。これによりトラブルや障害に迅速に対応できるようになり、市民に向けた「未来の公共サービス」の提供を実現しています。

お問い合わせ


お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ


関連コンテンツ