Skip to main content Skip to Footer

モンデリーズ・インターナショナル: ゼロベース予算の導入でコスト削減を実現。

アクセンチュアの支援により、モンデリーズ・インターナショナルではコスト意識が高まり、3年で10億ドルのコストを削減。その分を成長に再投資しています。

概略

アクセンチュアの支援により、モンデリーズ・インターナショナルは、必要に応じて数字を積み上げるゼロベース予算システムや、新たなグローバル・オペレーティング・モデル、グローバル・ビジネスサービス支援体制を構築。支出の透明性の向上、新たな予算プロセスやチェンジ・マネジメントの取り組みの導入、コスト管理責任の明確化などを通じ、2014年に3億5,000万ドルのコスト削減を迅速に実現。3年間で10億ドルのコスト削減を見込んでいます。また、コスト意識を企業文化に根付かせることで、生産性向上によるコスト削減を持続的に行い、その分を成長戦略に再投資しています。

oreo-cookie-flat

クライアント企業

モンデリーズ・インターナショナルは、OREO®、LU®、NABISCO®、CADBURY®、MILKA®、TRIDENT®、TANG®などの強力なブランドを抱える世界的な製菓企業です。製品は165カ国で販売され、2014年の売上高は340億ドルです。

経緯

モンデリーズ・インターナショナルは、高い成長を維持していましたが、営業利益率は同業他社より低く、改善が必要でした。そこで同社は、厳しさを増す経済環境のなかにあっても、今まで以上に効果的に競争力を発揮できるよう、ゼロベース予算システムの構築をアクセンチュアに依頼。両社は連携して大々的な企業文化の変革に取り組み、間接費を抑えることで、営業利益率を向上させ、成長のための再投資を可能にしました。

oreo-cookie-bite

ソリューション

しかし、一時的なコスト削減では十分ではなく、モンデリーズ・インターナショナルは継続的なコスト削減を望んでいました。また、オペレーションの合理化と同時に、同社の強みである重要な要素は残したいと考えていました。そこで、アクセンチュアはモンデリーズ・インターナショナルと連携して、ゼロベースから予算を組んでいく方法を徹底的に推進し、すべての領域でコスト削減を実施。旅費やその他の間接費などあまり価値を生み出さない領域のコスト削減に注力することで、製品開発やマーケティングなど、競争力強化につながる領域に、コスト削減分を再投資することが可能になりました。また、新たな予算プロセスを構築し、コスト管理の責任を明確化するための全社的なチェンジ・マネジメントの取り組みも開始。その一環として、アクセンチュアは新たなグローバル・オペレーティング・モデルやグローバル・ビジネスサービスをサポートする部門の設計を支援し、費用対効果が高く効率的に財務、人事、調達の業務が機能するよう支援しました。アクセンチュアはさらに、財務・会計や受注から代金回収までを請け負うBPOサービスも提供しています。

「当社は独自の企業文化を維持しながら、短期間で柔軟性を高め、利益を向上させる必要がありました。アクセンチュアと連携したことで、当社が抱える課題に対応したツールが生まれ、その結果、短期と長期の成果のバランスをとり、コスト管理を競争力に変えることができるようになりました」

モンデリーズ・インターナショナル EVP(上級副社長)兼CFO(最高財務責任者)
BRIAN GLADDEN

成果

モンデリーズ・インターナショナルのオペレーティング・モデルは、わずか3カ月で立ち上がり、最初の1年間で3億5,000万ドルのコスト削減を実現。3年間で10億ドルのコスト削減を目指しています。コスト削減は、営業利益率の向上にも貢献しましたが、さらに重要なことは、新たな予算プロセスやチェンジ・マネジメントの取り組みにより、日々のオペレーションや企業文化にコスト意識が根付いたことです。モンデリーズ・インターナショナルの社員は、自分が予算目標に対してどこにいるかを追跡できるプロセスやツールを使えるようになりました。こうした企業文化の変化によって、効率向上によるコスト削減が継続的に行われ、成長のために再投資を行うことができるのです。





MONDELĒZ INTERNATIONAL(モンデリーズ・インターナショナル)、OREO(オレオ)、OREO Wafer Design、OREO Milk Splash、LU、NABISCO、CADBURY、MILKA、TRIDENT、TANGは、モンデリーズ・インターナショナル グループにより使用許諾されている商標です。