Skip to main content Skip to Footer

CLIENT CASE STUDIES


米国大手保険会社:モビリティを活用したビジネス改革

クライアントは米国で保険や投資商品の販売および顧問サービスを提供し、数千の営業担当を擁する大手企業です。

概要

モビリティ活用によりハイパフォーマンスを実現した米国の大手保険会社のクライアント事例をご紹介します。同社はモビリティを活用し、数千の営業担当者とお客様が最初のコンタクトの段階からよりよい関係を築き、お客様に有益な運用プランを提供する機会創出のために努力を進めています。

具体的には営業担当者が所有するタブレット端末に、カタログ、料金シミュレーション、商品のレコメンデーション機能を実装したアプリケーションを導入。導入前は7日間かかっていた保険の申込処理が数時間で終了し、7日間の処理中に発生していた申込キャンセル(処理期間中に他社商品に変更)の発生数が減少しました。さらに業務効率化により、顧客訪問回数、受注数が増加しました。


事業上の課題

  • 手書きの申込書を会社に送付し、7営業日後に申込処理が完了するため、その期間中にキャンセルが発生

  • 営業後、帰社してからの発注処理や最新商品カタログと申込書の入手コピー作業に数時間を浪費

  • 膨大なカタログを持ち歩く必要があり、かつ再見積りなどその場で解決できない問題が発生した場合には、一度持ち帰る必要あり

アクセンチュアの支援内容

  • カタログ、料金シミュレーション、商品のレコメンデーション機能を実装したアプリケーションを導入

  • バックエンドシステムとの連携

  • ディジタルデバイスを使った新しい業務フロー定義を支援


ハイパフォーマンスの実現へ

  • 制約までにかかる時間を大幅に削減し、解約率削減にも貢献

  • 顧客の訪問回数増加により、受注数の増加

  • タブレットを使ったバックエンドとの連携による情報検索や、営業手順のナビゲーション機能により、営業員のパフォーマンス底上げ、平準化