Skip to main content Skip to Footer

働き方改革×教育研究機関
学校法人関西学院の働き方改革支援

OVERVIEW

政府が示す働き方改革の方針

私たちが暮らす日本では、少子高齢化による生産年齢人口の減少を受け、質と量の両面から労働を変革していくことが必要とされています。平成30年7月6日には、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が成立し、政府による働き方改革の動きも一層本格化しました。
民間では、政府の動きを見据えて既に多くの働き方改革の取組みが見受けられます。アクセンチュアにおいても、2015年から「Project PRIDE」として、組織風土改革を通じた働き方改革を実践しており、残業時間の減少や離職率の低下等、徐々に成果が表れてきています。
働き方改革の波は、教育研究機関へも広がりを見せています。中でも、教育業界の先頭を切って働き方改革に取組まれているのが、学校法人関西学院です。

教育研究機関では、教員/職員といった特性の異なる従業員の構造や、教育の持つ公共サービスとしての性質等を加味して、働き方改革を進める必要があります。教員と職員の相違だけでなく、教員組織内における学部・研究科間の相違にも配慮が必要です。更に、幼稚園から大学まで保有する関西学院では、学校毎の特性も勘案したうえで、生産性向上や同一労働同一賃金制度への対応等、幅広い取組み進められています。
アクセンチュアでは、関西学院の変革パートナーとして、働き方改革を全面的にご支援しています。2020年に施行される同一労働同一賃金制に際して、既存の業務分掌や制度に問題がないかを確認するとともに、生産性向上の施策検討に向けて現行業務の実態把握等を完了しました。今後は具体的な施策を立案し、その実行段階へと共に取り組んでいきます。

WHAT WE DELIVER

WHAT WE DELIVER

WHY ACCENTURE

アクセンチュア自身が働き方改革のトップランナー
アクセンチュアでは、Project PRIDEという組織風土変革の取組みを通じて働き方改革を進めています。残業時間の減少、離職率の低下、有給取得率の向上、女性比率の向上といった明確な成果が確認されており、Great Place to Work® Institute Japanが実施・発表している、2018年版日本における「働きがいのある会社ランキング」では、17位を獲得いたしました。自らの経験に基づく活きた情報をもとに、お客様の働き方改革をサポートします。働き方改革はアクセンチュアにお任せください。

教育研究機関における豊富な経験と知見
アクセンチュアは高等教育機関向けの専門チームを持ち、国内外の数多くの大学で実績を残しています。一般企業とは異なる教育研究機関ならではの制約や特性も加味したうえで、各組織にとって最適なソリューションを提供可能です。
大学のガバナンス改革から業務効率化、働き方改革、組織横断での情報統合化等、少子高齢化が進む現代において教育機関の抱える多様な課題において、アクセンチュアが教育領域における知識と経験をもって貢献します。

デジタル領域のリーディングカンパニー
アクセンチュアは、世界最大級の総合コンサルティング企業です。様々な産業領域・業務領域において、ビジネスとテクノロジーを融合させると共に、デジタルの力を取り込むことで、お客様のイノベーション創出を支援します。
IDC社のMarketScape評価(2017年)において、「Worldwide Digital Transformation Consulting and Systems Integration Services」の分野で最も高い評価「Leader」を獲得するなど、アクセンチュアはデジタル領域のリーディングカンパニーとして、第三者機関からも高く評価されています。
デジタル領域における幅広い知見と実績をもとに、AI・RPA等の先端技術を活用してお客様の業務負荷を軽減し、新たな働き方を実現していきます。

デジタル時代のエコシステム
アクセンチュアは、AI・RPAをはじめとする最新のデジタルテクノロジー・ソリューション企業と全世界でアライアンスパートナーシップを保有しており、お客様のビジョンの実現や課題解決に際して、最適なソリューションを即時に試行・検証・改善できます。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ


関連コンテンツ