Skip to main content Skip to Footer

事例紹介 大学との共同研究

人材・組織管理に関する事例紹介。アクセンチュアでは、組織のケイパビリティ向上を目指し、大学との共同研究を行っています。




アクセンチュアでは、組織のケイパビリティ向上を目指し、大学との共同研究を行っています。変革の激しい現在、事業環境や労働市場環境の変化に適合すべく、企業としても競争力を維持・向上させていくことが必須です。現在のトレンド・環境変化に即したテーマにて、大学と共同研究を実施しています。

研究テーマ

  • 業態・業種による「個人知」VS「組織知」の優位性の検証 など
  • 「中抜き職場」(30代~40代の中堅社員が不足している職場)における、企業競争力の源泉となる「職場知」の創出・継承スキーム

研究体制

  • 神戸大学、大阪府立大学、名古屋市立大学の経営・企業文化の第一人者である先生方と共同研究を進めています。