Skip to main content Skip to Footer

グローボ・グループ:テクノロジーの未来を見据えて

ブラジルのメディア複合企業グローボ社は自社ビジネスとメディア業界に大きな変革をもたらす先進テクノロジーと市場動向を特定する必要がありました。アクセンチュアはグローバルネットワークやあらゆる知見を駆使してこのプロジェクトを支援しました。

概要

ラテンアメリカ最大のメディア複合企業として知られるブラジルのグローボ・グループは、出版、ラジオ、テレビ、オンラインなどのさまざまなチャネルを通じてビジネスを展開しています。

デジタル化時代の創造的破壊者としてのグローボ社のポテンシャルを最大限に活かすために、同社はこの先5年から10年の間にそのビジネスとメディア業界に変化もたらす可能性の高い新たなテクノロジーと市場動向を特定する必要性を感じていました。

事業上の課題

自社のビジネスに関わるデジタルの将来を掌握するために、グローボ社は新たなテクノロジーが将来的に同社のコアビジネス領域にどのような変化をもたらし、チャンスを生み出すのかを予測する必要がありました。

この中で同社のテクノロジー委員会のミッションとなったのが、テクノロジー活用に向けた先進的なビジョンの設計です。このビジョンは、今後10年間におけるグループ全体のビジネス戦略の青写真になるとともに、新しい技術的なアイディアを継続的に監視しながら実行へ移すための基盤、すなわち飛躍的なイノベーションを実現するための理想的なプロセスの役割を担うことが期待されていました。

アクセンチュアの支援内容

アクセンチュアは、この重要なプロジェクトを成功させるため、メディア業界の知見だけでなく、テクノロジーやリサーチなどの幅広いスキルを集結させ、さらに最新のソート・リーダーシップ(「アクセンチュア・テクノロジー・ビジョン2014」など、ビジネスに関する先進的な見通しと独自の解決策をまとめたもの)を活用して支援を行いました。そして、グローボ社の各部門の経営幹部と協働しながら、以下の2つの根本的な課題に対する解決策を模索しました。


  • 今後5年から10年の間に最もメディア業界に影響を及ぼす可能性が高い、新たなテクノロジーは何か。

  • テクノロジーの進化がどのように将来の消費者の行動を変化させ、市場の動向に影響を与えるのか。


グローボ社が自社のビジネスに関連する先進テクノロジーの特性を理解し、その中でも比較的成熟段階にあるテクノロジーについての展望をイメージできるようにするため、アクセンチュアは独自の分析ツールであるテクノロジー・イノベーション・レーダーを活用しました。

テクノロジー・イノベーション・レーダーは、綿密な分析に基づき開発され、アクセンチュア・テクノロジー・ラボによる概念実証に根差した分析ツールです。このツールは、新たなテクノロジーや改良されつつあるテクノロジーなどを、そのテクノロジーが開発された当初の目的に基づき、いくつかのカテゴリーに分類し、その全体像を見せるものです。レーダー・マップ内の各層は、ウェアラブル端末、8Kテレビ、IOT(Internet of Things)やナノテクノロジーなど、さまざまなテクノロジーの進化の過程と、それらがどのようにして市場に浸透していくかを表しています。これらを統合することで、どのテクノロジーが個人や企業に広く普及するかを独自かつ包括的な観点から的確に判断することができ、メディア業界におけるビジネスチャンスがどこにあるかを見通すことができます。

プロジェクトの成果

このように、市場動向に新たなテクノロジーをマッピングすることで、グローボ社のテクノロジー委員会は、そのテクノロジーが同社のビジネスにいかに関わってくるのかを明確に理解できるようになりました。さらに、この取り組みを深く掘り下げ、将来の展望をグローボ社のビジネスの実態に関連付け、将来起こり得るビジネスチャンスと課題に焦点を当てることで、同社がデジタル変革を推進する中で強化すべきケイパビリティ(能力)を特定しました。

デジタル化時代において変革を成功させるには、ビジネスとテクノロジーが綿密に連携していなければなりません。アクセンチュアは、あらゆるチャネルに変革をもたらすテクノロジーの分析に基づき、グローボ社が将来性のある戦略を立案する支援を行いました。そして、同社がハイパフォーマンスを出し続けるための戦略実行プランを策定しました。

「テクノロジーの将来についてステークホルダーと討議をしたかったのですが、具体策がありませんでした。アクセンチュアは将来のテクノロジーに関するビジョンの策定だけでなく、それをステークホルダーと共有するためのパッケージ化も行いました。その成果は私たちの期待を超えるものでした。」

ロザンナ・フォンテネル氏
グローボ・テレビ プラニング・アンド・マネジメント担当ゼネラル・ディレクター

「アクセンチュアは、グローバルのネットワークを活用しつつ、あらゆる知見やスキルを駆使してこのプロジェクトを成功させました。」

マルチェロ・スーザ氏
グローボ・テレビ フューチャー・オブ・テクノロジー・プロジェクト担当マネージャー、グロボ・テクノロジー委員会調整役