Skip to main content Skip to Footer


1,000億ドルの
ビジネスチャンス

「IoTが2030年までに世界経済に14兆ドルの価値をもたらす」との予測があります。

CSP(Communications Service Provider - 通信事業者)においては、IoTが2025年までに業界に1,000億ドルもの利益を生み出す可能性があると言われています。
いま、スマートホーム用コンシューマー向け・エンタープライズ向けアプリケーションは大きなビジネスチャンスなのです。

しかし、市場はCSPがスマートホームから利益を得られる状況にあるのでしょうか。
1,000億ドルの
ビジネスチャンス

「IoTが2030年までに世界経済に14兆ドルの価値をもたらす」との予測があります。 

CSP(Communications Service Provider - 通信事業者)においては、IoTが2025年までに業界に1,000億ドルもの利益を生み出す可能性があると言われています。
いま、スマートホーム用コンシューマー向け・エンタープライズ向けアプリケーションは大きなビジネスチャンスなのです。

しかし、市場はCSPがスマートホームから利益を得られる状況にあるのでしょうか。





消費者は既にコネクテッドホーム・サービスに関心がある

消費者は既にコネクテッドホーム・サービスに関心がある 


世界26カ国で2万6,000人の消費者を対象に、今後12カ月の購入希望について調査を実施しました。

トップ3の回答は以下のとおり
 

39%
照明と家電のリモートコントロール



29%
サーベイランス&セキュリティシステム



25%
スマートサーモスタット


人工知能(AI)アシスタントは既に消費者に抵抗なく受け入れられている

人工知能(AI)アシスタントは既に消費者に抵抗なく受け入れられている
 

AIアシスタントはシームレスなスマートホーム管理の核であり、既に消費者に利用されている。

 

 

31%
モバイルデバイスに組み込まれたAIを利用



20%
スタンドアロンのデジタルアシスタントを利用


消費者は1つのプロバイダにスマートホームの接続とサービス提供を任せたい

消費者は1つのプロバイダにスマートホームの接続とサービス提供を任せたい

 

消費者は多忙で利便性を重視するため、1つの信頼できるプロバイダに抜群のサポートやセキュリティ、利便性を提供してもらいたいと考えている。



80%
全てのデジタル・サービスを1つのプロバイダで契約したい



71%
コネクテッドホーム・サービスのプロバイダとして、今後もCSPを利用する



49%
ホームヘルスケア・サービスのプロバイダとして、今後もCSPを利用する






CSPには優位性がある
―だが競争は既に始まっている

CSPには優位性がある
―だが競争は既に始まっている

消費者は、特別に意識しなくともデバイスやデジタル・サービスがシームレスに連携し、安心して利用できることを期待しています。そしてCSPはこのことを認識しています。―スマートホーム市場についても同様です。


しかしGoogleやAmazonなどのプレイヤーは、既にAIアシスタントを通じてスマートホーム市場を開拓しています。スマートホーム市場の激しい競争に勝ち抜くためには、CSPは迅速にアクションを起こす必要があります。


幸いなことにCSPは消費者から信頼され、実績もあります。しかし行き届かないサービスを提供した場合、あるいは新規参入プロバイダがよりお得なプランを提示した場合は、消費者をつなぎとめておくことはできないかもしれません。


「AmazonやGoogleなどの新規参入プロバイダが、現在利用しているモバイルプロバイダと同等のサービスを提供し始めた場合、消費者はどのような選択をするか」という調査を実施しました。


44%が「新規参入のプロバイダに乗り換える」と回答

「変更しない」と回答した消費者のうち

29%が「現状に満足しているので変更しない」と回答。

6% が「実績あるモバイルブランドを利用することが重要だと思う」と回答。

21% が「契約で縛られているので変更できない」または「乗り換えに関心がない」と回答。

Helping CSPs Connect With The Home

シェアする

Share on Twitter. 別ウィンドウで開きます。 Share on LinkedIn. 別ウィンドウで開きます。 Share on Facebook. 別ウィンドウで開きます。


いかにすればCSPは
優位性を維持することができるか
いかにすればCSPは
優位性を維持することができるか

CSPは既にネットワークを保有し安全性を守り、テレビなどのコンテンツサービスを提供し、課金請求における実績もあります。しかしスマートホーム市場で「選ばれるプロバイダ」になるためには、ビジネスモデルの変換が必要不可欠です。異なるビジネスモデルやテクノロジーを持つディスラプターは、ネットワーク選択を無意味なものにするかもしれません。CSPが競争の先頭を走り続けるためには、コア事業を健全に維持し、次なる成長の種を見つけ、革新的なビジネスモデルとそれを支える組織体制の変革に投資することが求められます。


オープンプラットフォームベースのエコシステムを構築し、新たなホームサービスを提供できるプレイヤーが、スマートホーム市場を制するのです。

いかにすればCSPは優位性を維持することができる