風力発電事業におけるデジタル技術活用調査

この10年間で、陸上および洋上風力発電の均等化発電原価(LCOE)を低減するための取り組みが拡大し、風力発電業界にデジタル革命をもたらしています。こうした背景をもとに、英国The Offshore Renewable Energy(ORE)とアクセンチュアは、風力発電業界におけるデジタル化への理解を深め、現在の課題とトレンドを特定するために、陸上および洋上風力発電の主要企業11社を対象に調査を実施しました。本調査では次の6つのO&Mユースケースを特定し、考察をしています。

  • アラート、警報、警告、障害
  • トラブルシューティングと小規模な改良保全
  • 故障予測と主要部品の交換
  • 定期メンテナンス
  • 風力発電の電力カーブ分析と発電ロス
  • 発電量予測
レポート全文を読む

再生可能エネルギー事業者の価値を生み出す

世の中の関心が高まる以前から再生可能エネルギー事業は成長を続けてきました。今や再生可能エネルギーはエネルギーの主流となりつつあり、すでに成長の転換点を超えて成熟産業の様相を呈しています。今後、再生可能エネルギー産業では一体どのようなことが起きるのでしょう? 再生可能エネルギー産業の更なる進化に向けて、アクセンチュアは「5D」という強力なトレンドを提唱しています。

  • Dispatchability(新たな価値の創出)
  • Digital(デジタル技術の活用)
  • Divide (競争力の拡大)
  • Diversity(多様なプレイヤー群)
  • Demand(需要のあり方の変化)

アクセンチュアのレポートではこれら5つのトレンドが、どのように未来の再生可能エネルギーの市況を形成し、事業者に何をもたらすのかを考察しています。



レポート全文を読む

サービス概要

アクセンチュアは、再生可能エネルギー事業者におけるアセットポートフォリオの管理と最適化に向けて、デジタル技術の導入を支援し、O&M(運用・保守)やエネルギー管理領域など、すべてのプロジェクトにわたる優れたプラクティスの導入を推進します。

再生可能エネルギー戦略

エネルギーフレキシビリティ、サプライチェーン、オペレーティングモデル変革、PPA(電力販売契約)、再生可能ガスなどの領域における戦略を立案します。

設計と構築

デジタル技術を活用し、設計構築、サプライチェーンとスペアパーツ管理、ロジスティクス最適化を実現します。

O&M(運用・保守)

再生可能エネルギーのデジタルハブを導入し、O&M(運用・保守)のパフォーマンスを最適化します。生産予測とオペレーションにデータとアナリティクスを適用します。

全て見る

Our leaders

Connect with us

アクセンチュア 電力・ガス LinkedIn

最新のコンテンツやニュース、知見をお届けします。(英文)

アクセンチュア公式Twitter

最新のデジタル変革事例や動向をお届けします。

全て見る