カスタマー・セールス・サービス

お客様企業が、顧客と向き合い自社の強みを生かしつつ成長(Growth)することを実現いたします。

TOP message

成長(Growth)こそが、日本企業の至上命題

成熟する日本市場において企業価値を向上させるためには、企業は継続的に「成長(Growth)」を実現しなければなりません。

市場に対する価値提供なくして成長はなしえない上、さまざまな変化が著しい不確実な時代においては、変わりゆく消費者・社会を捉えることこそを経営の起点とすべきとアクセンチュアは考えます。

成長には、パーパス、顧客エクスペリエンス、戦略、アライアンス、営業・マーケティング、業務、データ・テクノロジー、人材・組織などのそれぞれにおいて、背骨の通った変革が必須となります。

私たちは、企業成長のプロフェッショナルとして、アクセンチュアのさまざまなタレント・ケイパビリティを最大活用した成長をリードします。

ビジネス コンサルティング本部
カスタマー&セールス プラクティス
日本統括 マネジング・ディレクター​
木原久明

アクセンチュアによる成長(Growth)の実現とは

成長実現(Growth)するためのモデル

消費者向け(B2C)ビジネスの成長

これまでB to C企業は、店舗を起点とした集客、それを補完するEC販売による売上拡大に取り組んできました。しかし、外部環境の変化による行動様式の多様化への対応、異業種・新興企業を含めた競争激化等、企業は”適応に留まらない変革”を余儀なくされています。これまでの常識、商習慣をリセットし、既存のアセット(場所・ヒト)をピボット(方向転換)しながら、オペレーション・システムをゼロベースで再構築、真の顧客体験を伴った新しいビジネスモデルへの変革をご支援します。

消費者視点で差別化されたOMO体験

購買行動が多様化した顧客に対し、店舗、デジタルチャネルを横断した顧客起点のバリューチェーンの構築により売上の最大化をご支援します。

データドリブンな顧客体験=ハイパーパーソナライズ

デジタル接点を通じて収集・蓄積したデータと最新技術を活用することで、顕在ニーズはもちろん潜在ニーズにも応える体験によりLTVに大きく寄与するシステム構築をご支援します。

OMO・顧客体験を支えるBrand-newオペレーティングモデル

新たな販売・サービスを前提とした、全社レベルで店舗の役割・店内設計の見直し、SCM再構築を含めた拠点オペレーションのデジタル化・省人化、人材ケイパビリティの見直しによる”Brand-newオペレーティングモデル”への変革を通じて、企業の変化対応力向上、及び抜本的なコスト最適化をご支援します。

全て見る

法人向け(B2B)ビジネスの成長

営業は一連の企業活動の根幹をなすものであり、それ故に顧客の変化を捉えて真っ先に変革し、併せて企業のあらゆる機能を変革する先鞭役となる必要があります。テクノロジーをフル活用し、圧倒的にリーン且つ顧客に向き合う新しいセールスモデル(“Future of Sales”)の確立をご支援します。

購買体験の再定義

製品・サービスを組み合わせたソリューションやSaaSモデルでのアフターサービス等、価値提供の再定義による収益化をご支援します。製品・サービスそのもののイノベーションに加え、プライシングや購買モデルの改善、体験そのものを再デザインします。

インテリジェントコマース構築

顧客セグメントに応じたリアルとデジタルのチャネルミックスの最適化+チームセリングを実現し、ヒト+AIによるインテリジェントな顧客体験の提供によって収益化をご支援します。

オペレーションの徹底的磨き込み

新たな営業プロセスを支える役割やKPI再整備、ミドル・バックも含む徹底的なデジタル化、新たなスキル・ケイパビリティの育成、テクノロジーインフラの刷新を通じて収益化をご支援します。

全て見る

新規ビジネス創出・実現

新規事業組成(新収益源確保)は、全ての業界の経営層にとって共通で生じる重要テーマの1つです。

“臆病×遅い×重い”の3重苦に陥りがちですが、新規事業の企画から立ち上げ、そして成長に向けて、貴社の絶え間ないチャレンジを下支えするため、補足すべきケイパビリティを弊社は柔軟に、かつ、包括的に提供致します。

組織の柔軟性

お客様のニーズと貴社のビジョンにミートする”新規事業”を組成していくためには、様々な確度からの検討が必要となります。

One Accentureとして、M&AチームAIチームやデザインチームなど、早い段階から多くの専門組織を巻き込んだご支援が可能です。

検討フェーズに沿った課題解決策提案の柔軟性

戦略立案から経営層への投資承認、実行・立ち上げに向けた準備、リリースからスケール化まで、新規事業を組成する上でカギとなるファンクションを多く備えているからこそ、その時その時に浮かび上がる課題に見合った解決策のご提示が可能です。

契約形態の柔軟性

新規事業検討は、”数多く×スピーディーにチャレンジすること、チャレンジの経験を次のチャレンジに活かすこと”が求められます。そのような環境づくりに寄り添えるよう、リスクシェアモデル(≒成果報酬契約型)など、貴社の状況に合った様々な支援形態を揃えています。

全て見る

事例

AI PoweredコンタクトセンターとAI HubプラットフォームがヒトとAIの協働による顧客接点の改革を実現。

モバイルアプリ「健康第一」を開発し、お客様の健康的なライフスタイルの実現を支援。

電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」の事業会社設立にあたり、デジタル・テクノロジーの面から支援。

グローバルに事業を展開するLIXILグループを支える経理財務組織への変革をスピーディーに実現。

全て見る

外部メディア掲載

コロナ禍による消費者のパラダイムシフトを、ビジネスチャンスに変える3つの条件

コロナ禍によって、消費者の価値観や目的意識が大きく変化した。このパラダイムシフトをビジネスチャンスに変えるには、3つの条件を備えた顧客中心のビジネスモデルに変革していく必要がある。その具体的なプロセスや変革要素について、ナイキの事例を解説する。(2021年12月16日 ハーバード・ビジネス・レビュー)

「顧客体験」を軸にビジネスを再構築。日本企業にいま必要なビジネス・オブ・エクスペリエンス(BX)とは

企業はいかに顧客への提供価値や企業活動を進化させていくべきか。顧客体験を軸にビジネス全体を変革する“ビジネス・オブ・エクスペリエンス(BX)”の本質と、なぜ今BXが企業にとっての喫緊の課題であるかについて論じる。(2021年7月21日 ハーバード・ビジネス・レビュー)

Web LIVE 配信セミナーカスタマーエクスペリエンス2021 Review

様々な企業が顧客体験(CX)向上に取り組んでいるが、その効果はなかなか見えてこない。企業にとって利益の唯一の源泉である顧客のニーズに応え続けるには、企業が自ら定めたパーパス(存在意義)を核に据え、顧客体験を軸にビジネス全体を変革する「BX」の実現が求められている。(2021年7月7日 日経BP)

異業種の金融参入・連携における成功実現の要諦

業界の垣根が消失しつつある今、国内市場における異業種連携の最新動向と、金融サービスの位置付け、連携の実現に向けて初期構想段階に検討すべきポイントを解説する。(2020年11月24日 The Finance)

異業種による金融参入事例〜MARCOPAYの実現に向けた日本郵船の取り組み

異業種連携を実現した具体的事例として日本郵船の電子通貨事業MarCoPayについて紹介する。(2020年11月16日 The Finance)

リーダー紹介

採用情報

革新的な業務。ユニークで多様性に富む職場環境。比類なき専門性。常に学び成長する機会。充実した福利厚生。あらゆる業務に浸透する企業理念(コアバリュー)。これらは、アクセンチュアが働きがいのある会社ランキングで常に高い評価を獲得し、働きたい職場に選ばれている理由の一部に過ぎません。

自分自身の可能性を最大限に引き出し、世界中の国々、そしてあらゆる業界を変革するキャリアに挑戦してみませんか?現在募集中のポジションは下記よりご確認ください。

さらに詳しく