航空宇宙・防衛産業の現状と今後

デジタル化の影響は航空宇宙・防衛産業にも押し寄せています。他産業に比べ、圧倒的に高い品質・実績が要求される当産業においても、金属3Dプリンティングなどの新たなデジタルテクノロジーの活用が海外のOEMやTier1から始まっています。製造工程の属人性を排除するデジタル技術は、製造工程の職人芸に頼る日本の航空機産業に大きなインパクトがあるといえます。

構造体を主力とする日本のTier1プレイヤーも、これまで以上にサプライチェーン管理やサービス化を志向していく必要があります。究極的には、最終製品の一部を機能部材として納めているポジションを活かしたサービス事業の強化していくことが競争力の強化に欠かせません。

Tier2,3,4サプライヤーも、自社の製品がコモディティ化する可能性を念頭に、長期戦略を立案する必要があります。自社の技術力を踏まえTier1化を目指す、またはオンリーワン製品を供給し、新興国競合の影響を受けない事業環境の構築が急務となっています。

一方、日本の航空機産業がこれまで培ってきたOEMやTier1からの信頼は、一朝一夕に揺らぐものではありません。他社に後れを取らないよう最先端のデジタルテクノロジーを活用しつつ、品質や納期、価格競争力を高めることで、日本の航空機産業の実力を今より盤石な地位へと高めていくことができます。

アクセンチュアは、これからの日本の航空宇宙・防衛産業の成長をビジネスとテクノロジーの両面でご支援していきます。

本レポートでは、世界中の航空業界幹部から得たインサイトを活用し、短中期の業界トレンド、および成長の原動力に関するアクセンチュア独自の見解を提唱しています。

関連リンク

As businesses' ecosystems expand, trust and security between partners is essential. Distributed ledgers offer the solution.

Today’s naval shipbuilders must innovate to drive down costs, deal with increasing complexity and deliver new growth.

全て見る

Our leaders