アクセンチュアとIFS

アクセンチュアは、豊富な業界専門知識を活用し、エンタープライズ・ソフトウェアであるIFSソリューションを企業や組織に提供しています。

"急成長を遂げているエンタープライズ・ソフトウェア・プロバイダーであるIFSは、顧客の価値を最大化するために、アクセンチュアの豊富なデリバリーの専門知識を頼りにしています。アクセンチュアの卓越したサービスと関係性へのコミットメントにより、顧客中心主義が常に優先されることが保証されています。"

— ダレン・ルース, IFS社 President 兼CEO

アクセンチュアとIFSの提供価値

アクセンチュアのグローバル・ネットワーク、業界に関する深い知識および幅広いサービス提供力は、IFSの業界をリードするエンタープライズ・ソフトウェアのユーザー体験を向上させます。IFSの製品は、使いやすさで定評があります。モジュール形式の設計であるため、お客様の特定のビジネスや要件をサポートする柔軟性を備えています。アクセンチュアは、お客様のビジネス・パートナーとして、IFSアプリケーションの導入だけでなく、ビジネス上の課題の特定から成果の実現まで幅広く支援します。アクセンチュアは、IFS提供能力の規模と範囲の両方を拡大させ、お客様のビジネス・メリットを確実に実現するためのお手伝いをします。企業が市場の変化に迅速に対応し、より俊敏な方法でリソースを活用して業績向上と競争優位性を実現するためのアプリケーションとサービスを提供しています。IFSの認定プロフェッショナルおよび確立された方法論を駆使し、IFSアプリケーションのサービスを提供し、市場をリードするIFSERPFSM(フィールドサービス管理)、EAM(企業設備資産管理)のソフトウェアを大規模に導入・管理しています。

What we offer

アクセンチュアは、エンド・ツー・エンドで、IFSソリューションの活用をお手伝いします。

アクセンチュアには、IFSの専門組織(CoE)があります。FSM(フィールドサービス管理)についてはポルトガル・リスボンに、ERPについてはインド・ハイデラバードに拠点を置いています。IFSアカデミーのトレーニングを受け、認定を受けた専門家が、IFSアプリケーションの管理・開発、テストを日々行っています。

お客様のビジネス課題に対して総合的なアプローチで解決に導きます。企業が戦略を策定し、ビジネスを変革し、デジタル化し、テクノロジーを梃に業務を遂行するお手伝いします。

欧州にあるカスタマー・エクスペリエンス・ハブ、IoTテクノロジー・センターやSCMアナリティクス&AIセンターなどを活用して、実装までの道のりを横断的にサポートしています。

ERPFSM(フィールドサービス管理)、EAM(企業設備資産管理)の導入、アプリケーション管理などのベストプラクティスを多く有しています。これらのベストプラクティスを活かし、戦略的な洞察力とデータ駆動型の手法により、持続可能なビジネス成果を特定・実現します。

全て見る

事例

Systembolaget社は、スウェーデンの政府所有のアルコール飲料小売業者です。約430の直営店と500の代理店を運営し、5,000人以上の従業員、700以上のサプライヤーを有し、約15,000の商品を販売しています。同社の売上高は260億クローネ(約30億米ドル)です。アクセンチュアはWEBやデータ分析の領域を中心に、10年以上にわたりSystembolaget社に幅広いサービスを提供してきました。また、Systembolaget社は10年以上前からERPソリューションとしてIFSを導入していました。

目的・課題・推進力

Systembolaget社は、IFS アプリケーションのバージョンをIFS7.5 から IFS 9 にアップデートすることを決め、推進。加えて、業務改善イニシアティブを特定しました。Systembolaget社 は、200 以上のカスタマイズをなくすことを目標に、IFS メンテナンス機能の見直し・刷新も推進しています。全体的なビジネスゴールとして、IFS の全体的な TCO (総保有コスト)を削減し、古いプラットフォームに関連する技術的リスクを軽減することを掲げています。

支援内容

本プログラムは、Systembolaget社、アクセンチュア、IFS社の3社がそれぞれの強みに応じて役割を分担し、協力して推進しています。

  • Systembolaget社:プログラム管理、プロセスと要件、変更管理機能をリード。
  • アクセンチュア:プログラム管理をサポートし、プロジェクト管理、テスト管理、コンバージョン、デプロイメントをリード。
  • IFS社:技術開発とアップグレード、機能設計と技術設計、技術/ソリューション・アーキテクチャをリード。

最初のシステムリリースでは、アクセンチュアとIFS社が、上記の役割に応じて責任を分担してサービスを提供。2回目のリリースでは、アクセンチュアがリードし、IFS社が主にサポートを担当しました。このプログラムは、スリランカのIFSデリバリー・センターとインド・ハイデラバードのIFS CoEを経由して、ローカルとオフショアの両方を活用しました。

Why Accenture?

Systembolaget 社は、アクセンチュアのデリバリー実績と方法論などの知見を活用し、共同で高性能なプロジェクトチームを編成するため、プログラムデリバリー・パートナーとしてIFSとアクセンチュアを選択されました。

なお、Systembolaget社は、今回のIFSメンテナンスにおいて主な目的を3つ設定しています。
1つ目は、業界での豊富な経験を持つパートナーから利益を得ること、2つ目は、総保有コスト(TCO)を最小限に抑えるための柔軟なオフショアモデルを得ること。そして3つ目は、将来の競争入札を可能にすることです。

IFSについて

IFSは、製造、航空宇宙防衛、エネルギー・公益、エンジニアリング、サービスを中心とした世界中のお客様に向けて、「ものづくり」、「サプライ・チェーン」、「設備の維持管理」、「アフターサービス業務」を支援するためのエンタープライズ・ソフトウェアを開発・提供しています。IFSの人材とソリューションに関する業界の専門知識と、すべてのお客様に価値を提供するというコミットメントにより、IFSは業界のリーダーとして認められ、最も推奨されるサプライヤとなりました。4,000人の従業員を擁する当社のチームと成長するパートナーのエコシステムは、現状に挑戦し、競争上の優位性を実現する世界中の10,000以上の顧客をサポートします。IFSのエンタープライズ・ソフトウェアソリューションがお客様のビジネスにどのように役立つかについてはこちらをご覧ください。 ifs.com/jp/

IFSが提供する業種ごとのニーズに特化したエンタープライス・ソフトウェア

インダストリーXを率いるリーダー

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで