Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


電力・ガス事業者向けシェアードサービス

アクセンチュアは、コスト競争力の強化、事業への貢献を最大化するシェアードサービスの設立や既存のシェアードサービスの再生を支援します。

概要

自由化や法的分離(分社化)といった劇的な環境変化が進む中、電力・ガス事業者は全社・グループ共通のビジネスプラットフォームとして、シェアードサービス機能の整備が喫緊の課題となっています。

アクセンチュアの特長

シェアードサービス整備のご支援は、弊社コンサルティングサービスの中でも多くのノウハウの蓄積のある領域です。

  • シェアードサービス方法論/ツール
    計画策定から業務設計、移管、運用までの一連のシェアードサービスの方法論(作業項目/成果物/標準業務モデルなど)が整備されています。

  • BPR能力
    業務品質を担保しながら業務効率の向上・コスト削減を実現するための、豊富なBPRアセットと経験豊富なコンサルタントを多数有しています。

  • 実行基盤の構築力
    業務効率化を一過性の取組みに終わらせないために、業務だけではなく、組織・人材・ITといった実行基盤をセットで改革するための豊富なアセットと経験豊富なコンサルタントを多数有しています。

  • ベンチマーキング
    定期的にグローバル企業を対象に業務パフォーマンスのベンチマークの調査を行い、先進事例について情報を保有しています。

  • クライアント実績
    数多くのグローバル企業での経験を基に業界固有要件/各国固有要件を考慮したサービスを提供しています。電力・ガス事業者での導入実績も豊富に有します。

サービス

シェアードサービス機能強化・導入支援

シェアードサービスの整備において重要と考える4つのポイントに対し、弊社「シェアードサービス機能強化フレームワーク」を活用し、現状診断から改革実行までを一貫して支援します。

  1. 適切な改革目標(シェアードサービスの事業戦略)の設定

  2. 徹底した集約化と業務の整流化

  3. サービスレベルの最適化

  4. 業務の変革と整合した実行基盤(組織・人材・IT)の変革

シェアードサービス機能強化フレームワーク