Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


社会保障サービス:概要

社会保障機関が直面する課題は、高齢化や不透明な世界経済などによって複雑さを増しています。アクセンチュアは世界25カ国25年以上にわたる実績を元に、課題解決をお手伝いします。

概要

困難な時代における、社会福祉の提供改善に向けて
各国の社会保障機関は、高齢者や低所得者、身体障害者のための政府支援プログラムにおいて、福祉受給資格手続きの合理化、受給者管理、福祉提供といった課題に焦点を当てています。これらの重要課題は、高齢化や不透明な世界経済など、新たな福祉ニーズを生み得る要因によって、ますます複雑さを増しています。社会保障機関の多くは現在、以下の課題に対するアプローチやソリューションを導入して、業務のさまざまな側面の見直しを図っています。

  • レガシーシステムの交換

  • プログラムコストの削減

  • 政策および業務上の要件の遵守

  • 福祉受給資格手続きの統合と短縮化

  • 市民が使うセルフサービスツールの拡張

  • デジタルチャネルの活用―オンラインポータルからモバイルソリューションへ

  • 受給者管理と福祉サービスの改善

  • 福祉提供プロセスの合理化

  • 人的資源の最大限の活用と研修の実施による、高価値な活動への注力

  • 新進テクノロジーの活用

  • パフォーマンス管理&報告ツールの開発

  • データから得られる、知見の活用による福祉ニーズへのより深い理解と、継続的な改善の実現

アクセンチュアは、政策とビジネスに関する知見を革新的なテクノロジー・ソリューションと組み合わせて、社会保障機関による福祉受給資格ルールの適用、受給水準の決定、受給者管理を支援し、福祉を必要とする人々やその家族に適切なサービスの提供を実現します。

なぜアクセンチュアなのか

世界25カ国におけるヒューマン・サービスの一環として、アクセンチュアはオーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、中国、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、マレーシア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、英国、および米国の社会保障機関を支援してきました。

アクセンチュアは社会保障分野で25年以上にわたり、ヒューマン・サービス業界の多くのクライアントと業務を行い、クライアントのハイパフォーマンスの実現と、課題からの成果達成への転換を支援しています。アクセンチュアのプロフェッショナル・チームは日々、以下のような活動を通じて、クライアントによるサービス提供と市民生活改善 を後押ししています。

  • 行政サービスの活用拡大
    ニューヨーク市の800万人の市民が、アクセンチュアの開発した革新的な「3-1-1市民サービスセンター」 を通じて行政サービスを利用しています。

  • 暮らしを変えるサービスのより効果的な提供
    ドイツの500万人の失業者が、アクセンチュアの開発した仮想労働市場プログラムを活用して就業を目指しています。

  • 重要な社会福祉サービスの提供
    カリフォルニア州の150万人の退職者が、アクセンチュアのプログラムおよびソリューションにより期限通りに正確な年金額を受給しています。

  • テクノロジー導入による費用削減
    英国の7000万人の年金受給者が、アクセンチュアと雇用年金局の連携により万全のサポートを受けています。

  • 受給者管理と受給資格手続きの改善
    カリフォルニア州の80万人の生活保護受給者が、アクセンチュアの開発した受給者管理・受給資格手続きシステムの恩恵を受けています。

提供サービス

ビジネス・プロセス・サービス、チェンジマネジメント、システム導入、カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)をはじめとするアクセンチュアの幅広いヒューマン・サービスは、社会保障を含むヒューマン・サービスの全機能を網羅します。

アクセンチュアは、個々のクライアントのニーズに基づいた柔軟性のあるアプローチを提供し、戦略の策定から実行、見直しに至るまでクライアントと密接に協働します。

アクセンチュアの包括的なサービスは社会保障機関を支援して、高品質サービスの統合、資源の最大化、テクノロジーの近代化、効率性の向上、カスタマー・サービスの改善、費用削減を実現します。ヒューマン・サービス機関のサービス提供と市民生活改善のために、アクセンチュアは以下のようなサービスをご用意しています。