Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


社会保障・年金・労働

アクセンチュアは、国内外で培った知見・経験を活用して、「課題先進国」であるが故に、難題に直面している日本の社会保障・年金・労働関連機関をご支援します。

WHAT WE DO

日本は「課題先進国」といわれており、あらゆる分野で課題が生じています。特に社会保障・年金・労働分野は、最も難しい課題を突き付けられている分野の一つです。

高齢化により、社会保障関係費は年々増加しており、2025年までに約1.4倍増加(2012年基準)すると言われています。また、少子化によって、労働力人口は2060年までに44%減少(2013年基準)する見込みで、企業の人手不足は一層深刻化するでしょう。さらに、高齢化と労働力人口の減少は、昨今の生産性問題とあいまって、内需経済の低迷・国力低下につながる懸念があり、生活困窮者の増加による社会保障関係費のさらなる増加のリスクをはらんでいます。

これらの課題に対応するにあたっては、制度の安定的・持続的運用と、可及的速やかに対応すべき問題に対する早期対応が同時に求められるため、従来の制度・システム等の社会基盤を見直し・維持・更改していく取り組みと、時間軸の異なる即効性を求められる問題に対し、新しい技術やアイディアを用いて迅速に施策・サービスを策定・展開していく取り組みを併用する「ツースピード(2SPEED)」の概念を適用する必要があります。

また、これらの課題は因果関係が分野を跨いで複雑に絡みあっている、且つ、個々のアクターでは財源・人員等に制約があり、講じられる対策が限られるといった背景があるため、社会保障・年金・労働の各分野及び公共機関、民間企業、第三セクターといった各アクターが相互に協力して課題を解決していく「エコシステム型課題解決」も重要と考えます。

アクセンチュアは、「ツースピード型課題解決」及び「エコシステム型課題解決」に必要なサービスメニューとそれらを提供した数多くの実績を通して培ったノウハウと、世界最大の総合コンサルティング企業としての企業特性を生かし、難題に直面している社会保障・年金・労働分野の政策立案機関及び実行機関をご支援していきたいと考えています。

Service Menu

国内外の社会保障・年金・労働分野にて、「ツースピード型課題解決」と「エコシステム型課題解決」を実現するためのあらゆるサービスを提供します。

国民の理解・利便性向上

顧客サービスデザイン支援
社会保障・年金・労働分野で提供されるサービスは、税金を財源としていることから、透明性と公平性が強く求められます。国民の視点からサービスのあり方をデザインし、より分かりやすく、公平性が感じられるサービス提供手法の構築を支援します。

コンタクトチャネルの最適化支援
技術の進歩に伴って、国民の価値観や生活様式は、早いスピードで変わっています。国民の価値観や生活様式を踏まえた国民にとって利便性の高いコンタクトチャネルの構築を支援します。

制度運用の確実性・効率性向上

アナリティクスを活用した業務運用の確実性向上支援
海外では、アナリティクスを活用して、社会保障・年金・労働分野における制度運用の確実性を向上させる事例が増えています。例えば、保険料滞納者の属性を分析し、分析結果に応じてアプローチを変えた結果、収納率が向上した事例等がありアナリティクスが制度運用の確実性を向上するのに有効な手段の一つであることが証明されています。日本においてもアナリティクスを活用した制度運用の確実性の向上を支援します。

先端ICTシステム導入による業務の効率化支援
少子高齢化による社会保障・年金・労働分野に掛かる費用の増加に伴い、政策実行機関は運用経費の削減を強く求められるようになります。アクセンチュアは、ICT分野の最先端企業として、業務の効率化とそれに伴う経費削減を実現する先端ICTシステムの構築・運用を支援します。

戦略的アウトソーシングによる業務の効率化支援
少子高齢化による社会保障・年金・労働制度利用者の増加に伴い、政策実行機関は顧客対応業務の一層の強化を求められるようになります。顧客対応業務を強化するためには、アウトソーシング可能な業務を外部委託化し、人員を顧客対応業務に集中させる必要があります。アクセンチュアは、アウトソーシングにおいても、包括的なサービスを提供した実績があり、その実績に基づいた戦略的アウトソーシングの検討、実行を支援します。

エコシステムの構築

複数制度を跨ぐ統合管理システム構築支援
先進国では、社会保障・年金・労働制度の利用者が重複していることに着目し、制度間の統合管理システムを構築し始めています。アクセンチュアは、制度間の統合システムを構築することで、国民の利便性の向上及び制度運用コストや資源配分の最適化を支援します。

産官連携による課題解決プラットフォーム構築支援
海外では、社会保障・年金・労働分野の課題を、民間企業、第三セクター等のサービスプロバイダを巻き込んで解決する事例が増えています。アクセンチュアは、各プロバイダが協業するために必要な共通プラットフォームの構築と、財源や人員がひっ迫する中でもそれを持続可能なものにするために必要なビジネスモデルの構築を支援します。

WHY ACCENTURE

世界中の社会保障・年金・労働分野における課題の解決に関わってきたアクセンチュアは、日本の特性を理解した上で、社会保障・年金・労働分野の課題に取り組んでいる各機関の最適なパートナーとして貢献します。

多様な課題に対応するEnd To Endのサービス提供 ―戦略立案から実現まで―

アクセンチュアは戦略立案、組織・業務変革、システム開発・運用、BPO立上げ・運営等、あらゆる課題に対応するサービスを取り揃えています。社会保障・年金・労働分野においても政策立案機関及び実行機関が直面している多様な課題に対して最適なサービスを提供します。

世界各国で培った知見・経験の効果的活用

アクセンチュアは、世界中でサービスを提供しており、社会保障・年金・労働分野でも、国際社会保障協会(ISSA)といった国際機関を始め、各国の政策立案機関及び実行機関に対して数多くのサービスを提供しています。世界各国における課題解決の成功事例を活用し、実質的で効果的なサービスを提供します。

国内における支援実績

アクセンチュアは、日本の社会保障・年金・労働分野においても、政策立案機関及び実行機関に対して数多くのサービスを提供しており、各分野及び各組織における特有の文化や慣例、関連法規等を踏まえた最適なサービスを提供します。

「お客さまの成功=自らの成功」と考えるDNA

アクセンチュアは、その生い立ちから、お客さまの変革を支援するにあたって妨げになる要素を取り除いてきました。例えば、自社製品を持たないことで、中立的な立場で、お客さまに最適な提案ができるようにしています。そのようなアクセンチュアのDNAは、自社製品販売の必要性や企業間の馴れ合い等のしがらみにとらわれず、お客さまの成功のみにフォーカスした支援を可能にします。

WHO WE WORK WITH

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。