Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


ソーシャル・メディア・サービス

全ての顧客と密接な関係を構築するお手伝いをします。

概要

ソーシャルメディアの普及は、消費者と従業員が企業に寄せる期待を一変させました。たとえば、消費者はサービスを以前よりも待たされずに受けたいと期待したり、ブランドとの関係性が深い体験を望んだりしています。「消費者が付き合いたいと思う企業」の定義をソーシャルが書き換えた格好です。いまや消費者は、企業に自分のことを何かしら知っていてほしいとすら考えています。

ハイパフォーマンスな企業は、こうした状況をビジネスを成長させる大きな機会だととらえています。そして、消費者とのさまざまなチャネルを介した接触の1つ1つをカスタマイズしています。数多くの顧客1人1人との接触を個別にパーソナライズ(マス・パーソナライゼーション)する取り組みでは、企業と顧客の直接的な接触のみならず、その顧客と第三者との接触も考慮しなければなりません。その取り組みがうまくいけば、競合他社が手にしていない強固な顧客リレーションシップと、ブランドの大幅な差別化を実現することが可能です。

アクセンチュアは、ソーシャルメディアを活用するための戦略の策定や実際のビジネスへの導入を支援します。

アクセンチュアの特長

ソーシャルメディアの力をビジネスに取り込むことは、簡単ではありません。アクセンチュアは、ソーシャルメディアのビジネス活用に関する深い洞察と、技術領域の専門知識、コンサルティングの知見を組み合わせて提供し、お客さまのソーシャルメディア活用を支援します。

ソーシャルメディアを使いこなせば、数多くの顧客の1人1人に対して個別のおもてなしを提供できるでしょう。それには、ソーシャルのさまざまなチャネルと技術を最大限に活用するための適切なプランが必要です。アクセンチュアが得意とするのは、まさにその部分です。

アクセンチュアは、ビジネス目標を達成するために企業の中でソーシャルが最も大きな効果を発揮する部分を見極め、組織として必要な統制を維持しつつソーシャルを活用するためのモデルをお客さまとともに設計します。

ソーシャルのビジネス活用においては、いわゆる「銀の弾丸(特効薬)」はありません。ただしアクセンチュアは、ソーシャルのビジネス活用に向けた基本要素群を既に開発しています。これは、ソーシャルメディアが秘めた力をビジネスに生かしながら、適切な統制を効かせてリスクをきちんと管理できるように設計されており、さらにツールに依存しないという特長もあります。