Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


高等教育機関向けシェアードサービス

大学などの高等教育機関を対象に、バックオフィス業務のコスト削減と変動費化を実現するシェアードサービスを提供し、学校の経営改革を支援します。

概要

アクセンチュアは、教育機関内に点在する事務業務を集約し、標準化した共通処理として包括的に請け負う「シェアードサービス」を提供しています。



教育機関ではポジショニングを確立するうえで、「教育・研究」における独自性を高めていくことが求められます。加えて、バックオフィス業務においても「教育・研究」を支える重要な位置づけとして、学生や教員への個別性の高い対応が求められてきました。しかし、教育機関を取り巻く環境が大きく変化している現在、バックオフィス業務については、個別性よりも共通性や効率性を重視する傾向が高まっています。

バックオフィス業務の効率化の追求手段として今、世界的に注目を浴びているのが、シェアードサービスセンター(SSC)です。バックオフィス業務を標準化して運用コストを削減するだけでなく、学内で実施していた業務を外部に委託することで、固定費の変動費化にもつながります。

アクセンチュアは、アウトソーシングの世界No.1プロバイダー*として多くの教育機関にシェアードサービスセンターを提供しており、国内の事例でも業務量の25~30%を削減した実績を有しています。

*アクセンチュアは、2014年に国際アウトソーシング専門家協会(IAOP)により7年連続世界No.1のBPOプロバイダーに認定されました。



大学の規模に応じた複数の導入方法

シェアードサービスセンターの導入パターンは、大学の規模などに応じて複数の選択肢があります。

  • 一大学単独でのシェアードサービスセンター導入
    複数の学部やキャンパスを擁する大規模な大学の場合は、その大学単独でシェアードサービスセンターを構築します。従来は学内の各部署でそれぞれ人員を割いていた業務が、センターからワンストップで提供されることになり、業務効率が飛躍的に向上します。事務処理に追われていた各部署の職員は、これまで以上に企画・計画業務や、教育・学生と連携する仕事に集中できるようになり、業務の質的転換も図られます。


  • 複数大学を跨ぐ統合シェアードサービスセンター導入
    同地域内やコンソーシアムなどの複数大学で統合シェアードサービスセンターを設置することも可能です。この導入手法は特に、単体では集約化効果を享受しにくい中小規模の大学に効果的です。海外においては、既にこの形態で安定的な運営を行っているシェアードサービスセンターが多数存在し、業務コストの削減も実現しています。

    アクセンチュアの特長

    アクセンチュアは、世界No.1のアウトソーシング・プロバイダーとして、世界中の教育機関でシェアードサービスセンターを提供しています。

    シェアードサービスセンターを導入する際は、従来のバックオフィス業務を各教育機関の「コアコンピタンスに直結する中核業務」と、「共通化・効率化の対象とする非中核業務」に切り分けたうえで、非中核業務を集約化します。そのため、中核業務と非中核業務の切り分けを適切に実施できるか否かが、シェアードサービスセンター活用の成果を大きく左右します。

    アクセンチュアは教育機関向けの専門チームを有しており、現場実態にも配慮しつつ、客観的な判断のもとに適切な業務切り分けを実施できる国内唯一のサービスプロバイダーであると自負しています。

    サービス

    シェアードサービスセンターの導入は、大学のバックオフィス業務に大きな変革をもたらします。それは従来の仕組みからの脱却を意味しており、大学の経営者にとっても大きな判断となります。そこでアクセンチュアは、シェアードサービスセンターをその大学に導入した場合の想定効果を事前に算出し、経営の意思決定を支援するところからサービスを提供しています。

    シェアードサービスセンターを導入する際は、以下のような流れで進めます。



    シェアードサービスセンター導入の流れ


    • ハイスポットレビュー
      アクセンチュアが独自に開発した診断ツールと学内関係者へのヒアリングに基づき、シェアードサービスセンター導入による想定効果を概算で提示します。

    • 新業務デザイン
      シェアードサービスセンターへの移管対象になる業務について、各機関特有となる慣例等も加味しつつ、新業務プロセスおよび手順を設計します。これにより、ハイスポットレビュー結果の実現性を最終検証し、「地に足の着いたプラン」まで精緻化を図ります。

    • トランスフォーメーション
      現行業務からシェアードサービスセンターに切り出す業務について、デザインされた新業務プロセスへの移行を実施します。

    • シェアードサービスの安定的運営と継続的改善活動
      シェアードサービスセンターが提供する業務品質やコストを定量的に可視化するとともに、継続的に品質チェックを実施し、さらなる効果を導出します。



    シェアードサービスセンターの導入メリット

    シェアードサービスを活用すると、大学が単独では実施が難しい、業務コストに踏み込んだコスト削減と変動費化を実現できます。さらに、業務品質の向上、中核業務への人的資源の集約といったメリットも享受することが可能です。

    • 業務コストの削減
      標準フローに沿って業務を定型化し、集約を図ることで、処理効率が向上します。特殊処理の廃止により作業難易度が下がるため、要員単価を下げ、残業代も抑制できます。

    • コストの変動費化
      従来は各部門で人員をそろえて実施していた業務を、外部からのサービス提供に切り替えることで、非中核業務に係る費用が、固定的な人件費から変動的なサービス利用料に転換できます。繁忙期を前提とする採用により常に最大のコストが生じていた状態から、利用した分だけ支払えば良い状態へとコスト構造が切り替わり、状況変化への柔軟な対応が可能となります。

    • 業務品質の向上
      イレギュラー処理を廃した統一のオペレーションは、ミスの発生を最小限にとどめます。また、要員の急な欠勤などの際にも同レベルの業務品質を確保できるだけでなく、各業務のスペシャリストの育成も容易となります。

    • 中核業務へのリソース集約
      シェアードサービスの活用により、要員は事務処理に割かれる時間が削減され、コアコンピタンスに直結する中核の業務にフォーカスできます。組織としても、中核業務の増員や、従来は実施できていなかった新規業務への着手が可能となります。

    >「高等教育機関・大学向けサービス」について

    Message

    「少子化に伴い18歳人口が減少している中、日本の大学を取り巻く経営環境はかつてないほどの厳しい状況下に置かれています。一方で、土地や資源が限られた日本において、“人材”や“技術力”こそが国の要であることは明白であり、持続的な経済成長を実現していく為には、高等教育機関・研究機関である、大学の果たすべき役割は今後、益々高まっていくと考えております。

    アクセンチュアが提供するシェアードサービスにより、大学の年間支出の大部分を占める事務コストの大幅な低減や変動費化を、半年から1年という短期間で実現することができます。加えて、優秀な職員の方々が事務作業から解放されることで、学生や教員に向き合う仕事や、各大学が強化したい領域に注力することができるようになり、各大学の成長に向けた非常に大きな第1歩になると自負しております。

    シェアードサービスセンターの導入はゴールではなく、あくまでも各大学が成長していく為の基盤であり、その先に、どのような特長を強化していくかが勝負となります。我々は、是非とも、成長を目指したい、変革をしたいと考えている大学の皆様に対して、シェアードサービスをはじめとして、総合コンサルティング企業の総力を結集することで、効果創出までを伴走し、統合的な支援をして参りたいと思います。」

    梅村 透
    Toru Umemura

    戦略コンサルティング本部
    シニア・マネジャー

    お問い合わせ

    お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。