Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


歳入機関向けサービス:概要

少ない資源と予算、新たな経済実態による、徴税制度への影響といった課題に直面している歳入機関に対して、アクセンチュアでは課題解決のためのさまざまなアプローチとソリューションを提供いたします。

概要

各国の歳入機関は、ニーズと期待の変化を見越した柔軟性を備えた、信頼できる納税システムを開発しなければなりません。多くの機関は、少ない資源と予算、新たな経済実態による、徴税制度への影響といった課題に直面しています。このように前例のない変化が起こっている今、現状を維持するだけでは適切な納税サービスは提供できません。現在の歳入機関には、以下の課題解決のためのアプローチとソリューションが不可欠です。

  • 納税サービスの統合

  • 変化するニーズへのより迅速な対応

  • 歳入増と費用削減による効率改善

  • エンド・ツー・エンドな歳入機能の実現

  • ビジネス・プロセスの合理化と統合

  • レガシーシステムの刷新

  • リスク管理活動の改善

  • 納税者の行動と好みに対するより深い理解

  • 債権回収、納税申告処理、および監査活動の改善

  • 申請環境の拡張性と費用対効果の確保

  • オンライン・チャネルの効果的活用による納税サービスの改善とコンプライアンスの遵守

なぜアクセンチュアなのか

包括的なサービス提供と豊富な業界経験を誇るアクセンチュアは、効率化の改善、よりよい納税サービスの提供、変化するニーズへの対応などを目指す、各国の主な歳入機関にご利用いただいています。

アクセンチュアのサービスは、世界60カ所の歳入機関へのサービス提供を通じて培われた先進のプロセス、テクノロジー、および実施手法に基づいて開発されています。アクセンチュアのソリューションを活用して各国の歳入機関が管理する年間歳入額の合計は、5000億ドル以上に達します。

アクセンチュアはアフリカ、アジア、ヨーロッパ、北米の歳入機関に歳入サービスを提供し、各機関における納税システムの統合、納税サービスの改善、プロセスの合理化、費用削減の実現を支援しています。これまでにオーストラリア、ベルギー、ボツワナ、日本、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、シンガポール、南アフリカ、スペイン、英国、および米国の歳入庁、地方ならびに州政府の歳入機関に対し、個々の目標に適したサービスの提供を行ってきました。

また、業界の最新トレンドを絶えず捉え、重要トピックに関する新たな視点や徹底的なリサーチの結果などをクライアント機関に提供しています。

提供サービス

アクセンチュアは、業界や政府、納税者、テクノロジー・ニーズの変化に対応できる柔軟性を備えた、信頼できる納税システムの開発に向け、歳入機関に総合的サービスを提供しています。

戦略策定から税関業務の実行、既成の納税ソリューションから統合的納税ソリューションへの転換に至るまで、アクセンチュアは各国での豊富な実績と歳入業界リーダーとしての経験を生かし、テクノロジーニュートラルなアプローチを個々のクライアントに提供します。

アクセンチュアは歳入機関へのサービス提供に際して、まずは各機関に固有の課題を理解してから、個々のニーズに実績あるサービスやソリューションを当てはめていきます。アクセンチュアの知見とサービスを現代の歳入業務に当てはめることで、直ちに実行可能な包括的ソリューションを提供し、次世代的な歳入事業を支援して、業務の合理化や費用削減、サービスの改善を実現します。アクセンチュアの革新的なサービスは、歳入機関のニーズに合わせ、新たな機会を模索し、各機関が未来に向けて公的サービス提供を実現できるよう、以下の活動を通じて支援します。

エンド・ツー・エンドな歳入システム

歳入機関向けエンタープライズ・レベニュー・プランニング(ERP)

ライセンス供与

歳入分析とビジネス・インテリジェンス

歳入申請アーキテクチャ・サービス

歳入申請サポート

歳入管理コンサルティング・サービス

歳入ポータル&オンライン・システム