Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


公安機関向けサービス:概要

アクセンチュアは警察向けに開発したプロセスモデルにより、犯罪を解決する鍵となる「情報」部分で社会の安全性向上を支援します。

概要

アクセンチュアは、警察や情報機関、司法、救急対応機関などの公安機関のニーズに対応するための一連のサービスを提供し、国際テロリズムやより高度化する犯罪ネットワークなどの、さまざまな脅威から国益を守り、市民の安全を確保します。こうした脅威はいずれも、限られた予算や、担当職員の派遣がより難しくなることで強まります。

公安機関が直面している特有の課題を認識しているアクセンチュアは、機会を見極め、本当に必要な戦略を適用し、業務分析や効果的な手段、IT技術を提供することによって、公安機関のハイパフォーマンスの実現を支援します。

公安機関は昔から情報の必要性を認識していました。共同作業やその調整を可能にするテクノロジーの登場によって、公安機関や関連業者が利用できる情報はもはや組織内に隔離された情報だけに限定されることはなくなりました。公安機関は、過去においては自立した組織として運営されることがあたりまえでした。しかし最近では、国内的にも国際的にも、公安機関の間で情報を管理し優れた相互運用性を確保するための包括的なモデルが必要であることがわかってきました。

アクセンチュアの調査によって、公安機関の間では情報の共有を実現できること、そしてそのためには適切な計画の策定やしっかりした取り組み、テクノロジー・スキルが不可欠であることが明らかになりました。世界中でシステムを導入してきた経験を駆使して、アクセンチュアは情報を管理するための包括的なモデルを提供します。これは公安機関が有効な情報管理アーキテクチャを設計できるように考慮されたモデルであり、そのフレームワークは情報管理に対する組織全体の、協力的かつ戦略的なアプローチをベースにしています。

なぜアクセンチュアなのか

警察や司法、救急対応機関は、複雑で細やかな配慮が求められる公安の目標を個人の権利や地域の団結を損なわずに達成することに関して、戦略面や運営面で責任を共有しています。

アクセンチュアは、お客様がコラボレーションという文化を構築するお手伝いをします。この文化があれば、公安機関はまとまりのある組織として機能することができます。アクセンチュアはテクノロジーのインフラも提供します。これによって組織内でも、また法的な管轄区域や地理的な境界線を超えても、コミュニケーションを改善して情報を適切に共有することができます。

アクセンチュアが採用するアプローチは、例えばあまり活用されていない複雑なレガシー・システム、あるいはすべての公安機関に共通して存在する「情報がまとまって孤立化している」状況など、さまざまな影響が組み合わされて発生するパフォーマンスの問題を解決するよう考慮されています。

提供サービス

犯罪は人間の社会からなくなることはなく、ますます世の中に横行して精巧さを増しています。警察では予算やテクノロジー・リソースが限界に達することも多く、大きな課題となっています。こうした犯罪を解決する鍵となるのは「情報」です。しかし、膨大な量の情報を集めてもそれぞれの部門や組織のあらゆるところに散在し、関連付けが不十分な状態になることが多いのです。

犯罪を追跡して対策を講じる際に必要になるプロセスの75%が本質的には同じものであるため、アクセンチュアではあらゆる状況に対応するプロセスのモデルを警察向けに開発しました。これにより、警察は当局による捜査や国境警備、緊急時対応、各種行政手続きなどのプロセスにおいて情報を管理・ひも付け・分析し、高い信頼性と一貫性を確保できます。サービスの詳細は以下のとおりです。

アクセンチュア治安中核研究拠点

アクセンチュアの治安中核研究拠点(COE)は、情報を知識に変えてハイパフォーマンスを実現し、警察による犯罪の取り締まりを支援します。

治安ケース・マネジメント

アクセンチュアの治安ケース・マネジメントでは、市販の最先端のソリューションとケース・マネジメント機能、インテリジェンス・マネジメント機能を組み合わせて提供します。さらに、1つにまとめられたモジュール構造のインフラにおいて一連の機能を提供する高度な捜査サポートツールも提供します。警察は標準化されて機能が強化された一連の情報管理・操作手順を導入することができ、正確でタイムリーな情報への容易なアクセスを実現できます。

法執行機関向けアクセンチュア・ナレッジ・ディスカバリー・ケイパビリティ

アクセンチュア・ナレッジ・ディスカバリー・ケイパビリティは、最先端の市販アプリケーションの統合を目的としてアクセンチュアがけん引した共同プロジェクトで誕生したソリューションです。警察などの法執行機関やインテリジェンス・コミュニティが実用的な情報を探し出し、管理・共有できるよう支援します。

アクセンチュア統合司法ソリューション

アクセンチュア統合司法ソリューションは、刑事裁判に関するしくみ全体の有効性を改善するように考慮されたフレームワークを提供します。警察や裁判所、その他の支援機関が、その種類や法的な管轄区域を問わず、犯罪容疑者や刑事被告人に関する記録や情報に快適にアクセスできるようにします。

アクセンチュア・アイデンティティ・マネジメント・ソリューション

公安は「個人」で始まり「個人」で終わります。つまり、既知の犯罪者やテロリスト、あるいはその可能性のある人物かどうかを正確に識別し、身分詐称を暴き、あるいは逆に潔白であることを確認し、合法的なことをしている個人の権利を確認することができます。