Skip to main content Skip to Footer

力強い変革に向けて――次世代の「証券取引プロセス」を実現 Accenture Post-Trade Processing(APTP)

概要

Accenture Post-Trade Processing(APTP)とは?
Accenture Post-Trade Processing(以下APTP)は、証券取引のバックオフィスに必要なシステムと業務オペレーションをサービスとして提供するソリューションです。証券会社の証券取引処理のオペレーション・コスト削減、規制やテクノロジーの変化に対応する投資負荷の軽減、また、新商品の投入、新市場への参入も、迅速かつ効率的に実現することができます。

APTPは、欧州、アジア、オーストラリア、および中東で事業を展開する証券会社を対象に提供するサービスです。株式、債券、手形、ワラント取引を、拡張性に富んだマネージド・サービスを基盤とする先進的テクノロジーで処理することにより、証券取引コストの大幅な削減を可能にします。さらに、複数の金融機関が業務処理とコストを共有し、革新的で効率化されたオペレーティング・モデルを適用することで、効率性と品質の双方を兼ね備えたサービスを実現します。

このようなサービスを実現するため、アクセンチュアはブロードブリッジ社と戦略的協業を結びました。ブロードブリッジ社は、世界の金融機関に対して証券取引処理と関連機能を卓越した技術で提供するソリューションおよびサービスのプロバイダーです。

APTPは、ブロードブリッジ社が提供する最先端のテクノロジーと、アクセンチュアが備えるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)のグローバル・ケイパビリティに、両社が証券業界で培ってきた専門性を融合させて実現したサービスです。また、アクセンチュアの主要パートナーであるスマートストリーム社が提供する照合処理機能やコーポレート・アクションの処理機能も、アクセンチュアとブロードブリッジ社が提供するソリューションに統合しています。

証券バックオフィス業務のコスト構造を変革
今日の証券業界では、コスト削減、規制強化、またテクノロジーの進化のプレッシャーから、証券バックオフィスプロセスを見直す必要性に迫られています。

株式・債券の取引量の縮小と固定費の高止まりは、コストと収入の比率の悪化や、ROE(株主資本利益率)が一けた台に激減するほどの業界全体でのマージンの大幅な低下をもたらしました。各社は3割、もしくはそれ以上のコスト削減を実現することを迫られています。またCSDR/T+2、TARGET2-Securities(T2S)、三者間ネッティングといったホールセール市場の変革に加え、規制強化やテクノロジー環境の複雑性も増しています。

このようなグローバル環境下において、投資銀行が生き残るためには、運用コスト削減と効率的な資本管理が不可欠といえます。

コスト構造を変革するには、証券取引プロセスを見直し、一取引当たりの処理コスト(cost per trade)を削減することが鍵となります。

グローバルトップ5行より規模の小さい証券会社は、事業撤退、合併による規模の拡大、あるいは業務共通化やアウトソーシングといった手法により「規模の経済」を効かせる等の選択肢から決断を迫られる可能性があります。

現在使用されている多くのレガシー・システムが老朽化している一方で、証券会社は今後の市場動向および規制に迅速に対応すべく、多くの金融機関がシステム投資の意思決定を迫られています。

そこでアクセンチュアはブロードリッジ社と協業し、両社の証券取引処理における専門性、アクセンチュアの持つBPOのグローバル・ケイパビリティ、ブロードリッジ社の証券業におけるテクノロジーソリューションを組み合わせ、証券バックオフィスの新たな業界標準となる効率性、品質を兼ね備えた新しいサービスとしてAPTPを提供します。

アクセンチュアの特長

アクセンチュアの実績
アクセンチュアは、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)を含む業界最先端のグローバル・サービスのケイパビリティと、証券市場における専門性を組み合わせ、トレーディングのライフサイクルの全ての領域でクライアントの効率性を高めることに貢献します。

【アクセンチュアの提供サービス】

  • 豊富な業界知識
    グローバルで、数千人規模の証券業に特化した人材が専門領域を持ち、証券業グループを形成しています。

  • グローバル・デリバリー・ケイパビリティ
    グローバル・デリバリー・ネットワークを通じて、テクノロジー・サービスとBPOの両面から、高品質、低コストで迅速にクライアントに対して価値を提供します。

  • 業界最先端の知見
    世界で最も大きい独立系技術サービス・プロバイダーの一社として、大規模でミッション・クリティカル、複雑かつ包括的な変革プロジェクトであっても、やり遂げるための豊富な経験を擁しています。


ブロードリッジ社の実績
ブロードリッジ社は、世界の金融機関に対して証券取引処理と関連機能を卓越した技術で提供するソリューションおよびサービスのプロバイダーです。

【ブロードリッジ社の提供サービス】

  • 実績に裏付けられたソリューションと経験
    ブロードリッジ社は、世界中で多数の顧客を持ち、証券取引処理のテクノロジーに関して業界屈指の評価を得ています。

  • 規制および業界に関する専門知識
    ブロードリッジ社は、ビジネス領域に関する豊富な専門知識、規制変更への対応能力、グローバルなサービス提供能力を兼ね備え、50カ国以上の顧客に対してマルチ資産取引処理や清算業務の支援を行っています。

サービス

APTPが提供する機能

  • 決済処理、経理処理、資産管理、オペレーションのコントロール、リアルタイムのデータ・アクセスや管理会計など、一連の証券取引処理機能を提供します。

  • 取引を集約することにより、一取引当りのコストを削減し、取引全体の状況もリアルタイムで提供します。

  • CSDR/T+2やTARGET2-Securities(T2S)を含め、トレーディングや会計に関わる現行及び今後の規制への対応を低コストで実施できるよう支援します。

  • 標準化と柔軟性の双方を兼ね備えたプラットフォームの提供により、老朽化したレガシー・システムの更改に伴う複雑性を気にすることなく、迅速で効率的な新商品の投入、新たなマーケットへの展開を支援します。

  • 約定から決済処理に至る一連の証券取引処理を自動化する最新のストレート・スルー・プロセッシング(STP)機能を提供します。


APTPがお客さまにもたらすメリット
APTPは、欧州、アジア、オーストラリア、および中東の証券市場で事業展開する証券会社をサポートします。

【運用コスト、変更に伴うコストの削減】

  • 証券取引コストの大幅な削減が可能となります。

  • 新たな規制に対応するために必要なシステム、業務コストを削減します。

  • 証券会社は、証券取引処理のライフサイクルでどこにどれだけのコストが生じているのか、をより正確に把握することができます。

【コスト予測の精度とコントロールの向上】

  • 取引量に応じたAPTPの課金体系は、証券取引処理全体のコスト削減のみならず、必要なコストをより正確に把握することにも寄与します。

  • 証券会社は、決済処理の主要機能に加えて、様々な追加機能を選択して導入することもできます。

【サービス・デリバリーの向上】

  • リアルタイムでの状況提供は、確実な情報に基づいて意思決定を下すことに貢献し、また、自社の証券処理に必要な担保管理の改善にもつながります。

  • 多様なマーケットと取引状況の情報を一元的にサポートできるため、お客様だけでなく、フロントオフィス、ミドルオフィスに対して、より高品質なサービスを提供することができます。

導入事例

Societe Generale Corporate & Investment Banking(SG CIB)社
SG CIB社では、証券取引処理の最適化と管理業務を強化するためAPTPソリューションの導入を決定しました。これにより、50以上の証券市場において、証券取引処理スキルを有する大勢のSG CIB社員が、アクセンチュア社員と共にプロジェクトを推進する予定です。

SG CIB社の最高執行責任者(Chief Operating Officer)を務めるクリストフ ルブラン(Christophe Leblanc)氏は、「SG CIB社とアクセンチュアは、処理作業とそのコストを複数の関係機関の間で相互に分担することによって、主なサービスの産業化を進めるという、投資銀行のあるべき将来像に対して、同じビジョンを共有しています。Accenture Post-Trade Processingは、証券取引後の処理業務に新たな業界標準を確立し、顧客に最高水準のサービスを可能にする先駆的なソリューションであり、このサービスの最初のユーザーとなれたことを喜ばしく思っています」と述べています。