Skip to main content Skip to Footer

エレクトロニクス・ハイテク業界向けのアクセンチュア・オーダー管理サービス

激しく変化する市場、顧客からの要求の増加、サービス・レベル向上ニーズにより、多くのエレクトロニクス・ハイテク業界の企業は、既存のオーダー管理モデルの見直しを迫られています。

概要

激しく変化する市場、顧客からの要求の増加、サービス・レベル向上ニーズにより、多くのエレクトロニクス・ハイテク業界の企業は、既存のオーダー管理モデルの見直しを迫られています。

この問題を解決するため、企業は組織的な、エンド・トゥ・エンドのオーダー管理アプローチと、プロセスの再構築を必要としています。新しいビジネス・モデルでは、特にオーダー入力段階で、できる限り自動化を進め、コストとクレームの両方を削減する必要があります。

新しいオーダー管理モデルの導入には、企業内では確保できない専門的なスキルが必要です。これを解決するには、コスト効率や拡張性の高い、柔軟なソリューションとして、オーダー・プロセスをサード・パーティー・プロバイダーにアウトソーシングする方法があります。

アクセンチュアは、多数のエレクトロニクス・ハイテク企業のお客様にオーダー管理サービスを提供し、オーダー管理プロセス全体をアウトソーシングして、ハイパフォーマンスを実現できるようお手伝いしてまいりました。これらの企業からは、大幅なコスト削減とサービス・レベルの向上に加えて、1年足らずでの投資回収という成果が報告されています。



なぜアクセンチュアなのか



アクセンチュアは、オーダー管理サービスを提供して、企業のオーダー管理機能の改革を支援いたします。

アクセンチュアは、オーダー管理は企業業務の中で最も重要な領域のひとつであると認識しています。オーダー管理は、セールス業務、製造、物流、サービス管理、企業管理に直結しています。このため、アクセンチュア・オーダー管理サービスは、以下のような統合された、エンド・トゥ・エンドのオーダー管理アプローチを採用し、包括的なオーダー管理業務プロセスを実現します。

  • 営業部門が、本来の業務目的(営業や顧客関係業務)に専念できるようにして、営業効率の向上に貢献し、一方でバックオフィスでのオーダー管理業務を削減します。

  • アクセンチュア・グローバル・デリバリー・センターでの、オーダー管理機能の一元化と運用に切り替えることで運用コストを大幅に削減します。当然ながら、この移行期間中も確実にビジネスを継続できるようにします。

  • 独自のオーダー管理改善プログラムを導入して、サービスの品質を継続的に改善し、コストを削減します。

  • 予測可能かつ柔軟なオーダー管理機能の定義と運用により、顧客満足度を向上させます。



提供サービス



アクセンチュアのオーダー管理サービスには、管理運用モデル定義、改善、最適化、アウトソーシングにフォーカスした、以下のサービスが含まれています。

  • sオーダー管理運用モデルの定義 — アクセンチュアは、お客様のビジネスにとって個別地域、グローバル全体のいずれにおいても最適なオーダー管理モデルを策定するお手伝いをいたします。アクセンチュアはどの機能に管理が必要かを分析し、どのコア機能を企業内に残し、どのノン・コア機能をサード・パーティーに移行することができるかを明確にします。

    次に、地理的な近さ、サービス品質のレベル、言語スキルに対するお客様のニーズに基づいて、最適な場所(国内、近隣地域、または海外)を決定し、一方でコスト面での利点も確保できるように配慮します。このような査定により、アウトソーシング・ソリューションの正確な範囲を定義し、財務分析を行った上で、導入を開始します。

  • オーダー管理サービス・フレームワーク — アクセンチュアは運用モデルと一連の新しいプロセスに基づいて、オーダー管理サービスを構築します。このサービスは、対外的には顧客とプロバイダーに対して、社内的にはエンド・ツゥー・エンドのオーダー管理機能にかかわるさまざまな関係者に対して提供されます。アクセンチュア・オーダー管理サービス・フレームワークを使用して、サービスごとに、期待される成果や、サービス・パフォーマンスの監視に必要な主要業績評価指標(KPI)を設定します。

  • ビジネス・プロセス・アウトソーシング — お客様のハイパフォーマンス実現をお手伝いするため、アクセンチュアはオーダー管理業務を、お客様のオーダー全体を効率的に管理し、この機能から収益を創出することにのみ特化した専用チームに移行させます。次に、継続的なオーダー管理改善プログラムを導入し、生産性の向上による年間10~20%のコスト削減を実現します。