Skip to main content Skip to Footer

NETWORK


もっと広くつながろう新しいネットワーク社会の到来

通信事業者のテクノロジー、サービス、オペレーションの再構築

現在、車や冷蔵庫から家電製品まで私たちを取り巻くものすべてに、ネットワークが浸透しています。
これから始まる新しいネットワーク社会向けて、通信事業者がデジタルサービスプロバイダーへと変革し次の成長戦略を実現するためにはデジタル技術が不可欠です。

今こそ自社ビジネスの本質を見直し、全社的な変革を推し進めましょう。

  • 次世代プラットフォームの提供

  • コンシューマ指向な新規サービス投入

  • リアルタイム・オペレーションの実践


アクセンチュアは、通信事業者の次世代プラットフォームへの変革を支援します。既存のオペレーションを維持しながらデジタルサービスの提供を加速させ、リアルタイム・オペレーションを実現します。







WHAT WE DO

次世代プラットフォームの構築

次世代プラットフォームの構築

DevOpsとアジャイル・デリバリー、APIを基盤とする環境、およびマルチベンダーによるオープンなオーケストレーションは、次世代のプラットフォームに不可欠です。アクセンチュアは、新しいテクノロジーや、SDN/NFVで強化されたエコシステムを活用し、次世代型ネットワークの構築を推進します。

新たなサービスの開発と市場投入

新たなサービスの開発と市場投入

アナリティクスや5G、NFVを含むIoTテクノロジーを活用することで、通信事業者によるB2Bセキュリティやホームセキュリティ、通信サービスやコラボレーション型の新しいサービス提供をご支援します。

Icon

リアルタイム・オペレーションの策定と管理

AIを軸に、リアルタイムなサービス提供と顧客体験の向上が可能になります。また、多くの企業が抱えるレガシーITの克服によるオペレーションの改善も実現します。

CSP

OUR OFFERINGS

デジタル・ネットワークの実装はますます複雑化していますが、そのインフラの構築プロセスはこの20年間ほとんど変化していません。一方通信事業者は5Gへの大規模投資や、無線・高密度Wi-Fi、個人宅への光ファイバー環境の提供など、継続的に莫大なCAPEXとOPEXを費やしています。旧来のネットワークインフラ構築プロセスには新たなアプローチが必要です。この新たなアプローチが、Accenture Digital Network Deployment (DND)サービスです。Accenture DNDは、プラットフォーム基盤のネットワーク構築/管理サービスとして、モバイル・ネットワークの構築からFTTXの展開を行います。
サービス一覧

  • コマンドセンター・サービス:ネットワーク実装時の管理/制御に関連した各種サービスやソリューション

  • デジタル環境展開サービス:サプライ・チェーン・マネジメント、人材管理、サードパーティとの契約管理などを統合するワークフロー管理ソリューション

  • ファクトリー・デザイン・サービス:無線アクセスネットワーク(RAN)やマイクロ波ネットワーク、光ファイバ・ネットワークのデザイン・サービス

デジタル・ネットワークの実装で重要なのは管理コストや顧客体験の向上です。Accenture DNDは、多様なサービスとアセットの独自の組み合わせで、通信事業者の「収益創出能力の向上」「コスト削減」「投下資本の有効活用」という3つのゴールを支援します。

通信事業者には、膨大な顧客データ、ネットワークデータ、オペレーションデータが蓄積されています。しかし、ネットワークのインテリジェントな管理/運用なくして、これらデータの価値が最大に活用されることはありません。Accenture Digital Network Analytics(DNA)は、ネットワークとカスタマー・アナリティクスを連動させることによって通信事業者がインテリジェントな意思決定を行い、ネットワーク上の問題の予防的なモニタリング、ROIに基づくネットワークの最適化をサポートします。Accenture DNAは、オープンソースや人工知能(AI)、機械学習(ML)を活用して、ネットワーク層にアナリティクスサービスを構築します。これにより、ネットワーク上での予兆保全や自動修復を促進させて、コスト削減と顧客体験の向上を実現します。

サービス品質、スピード、独自性に対する顧客のニーズは高まり続けています。ネットワーク末端からの自在なコンピューティングを実現する5G革命の到来に備えるべく、業界をリードする通信事業者達は今、ネットワーク専用ハードウェアへの依存からの脱却に取り組んでいます。クラウドやSDN(Software Defined Network)、NFV(Network Functions Virtualization)を基盤とした未来の新しいデジタル・ネットワークの構築と、アジャイル/DevSecOpsアプローチを活用した企業文化/経営モデルへの変革です。
Accenture Next Generation Enterprise Services(NGES)は、次世代サービスポートフォリオの設計、開発、展開、運用、移行と市場への投入を全面的に支援します。また、効率的なコスト構造とサービスで、新しいデジタルカスタマーのニーズに応えながら迅速な収益創出を実現することで、通信事業者の新たなビジネス領域への挑戦を支援します。Accenture NGESは、3つのコンポーネントから構成されるエンド・ツー・エンドのサービススイートを提供します。

  • 通信向けクラウドプラットフォーム:未来のネットワークのための包括的なフレームワークを構築します。アーキテクチャ、アジャイル/DevSecOpsオペレーティング・モデルのブループリント、通信向けクラウド・ライフサイクル管理ツール、リアルタイム・オペレーションツール、通信向けクラウド・ライブショーケースなどが包含されます。

  • インテリジェント・マイグレーション・スイート:レガシーなハードウェア基盤からの簡潔な移行プロセス。

  • デジタル・ネットワーク・トランスフォーメーション・サービス:コンサルティング、開発、実装、展開、移行、テスティング、運用サービスで最適なデジタル・ネットワークの活用を実現します。

Accenture NGESは、包括的なサポートを通じてプラットフォーム・ドリブンのインタラクティブ・デジタル・サービス・プロバイダーへの移行を目指す通信事業者の業務プロセス、人、ツールを変革し、未来のインタラクティブ・エンタープライズ・サービスが生み出す機会をフル活用できるようにします。

コネクテッド・セキュリティをはじめ、スマート・サーモスタット、音声起動システムに代表されるスマートホーム・サービスは、通信事業者の新しい収益成長や差別化の大きなビジネスチャンスです。たとえばすべてのトラフィックデータの有効活用や、多面的なサービスのコントロールといったアプローチが可能になります。消費者はホームサービスごとに別々の会社を利用する傾向があります。差別化要因を実際に自社の強みとして生かすためにはからです。通信事業者がまず克服しなければならないのは、この問題です。アクセンチュアは、通信事業者による以下の重要課題の克服をサポートします。

  • レガシーシステムの変革:セットトップボックス(STB)やゲートウェイの開発/保守をアウトソースし、高コストな専用スタックの代わりにオープンソースを活用します。

  • プレディクティブなカスタマーケア:機械学習やアナリティクスを用いた高度なカスタマーサポート・ソリューションを開発し、顧客からの問い合わせ件数、および問題解決に要するコストを削減します。

  • ホームコネクティビティ:一般家庭のリアルタイム遠隔測定装置に高度なデータアナリティクスを応用することで、BYODやIoTデバイスのオンボーディング、および運用を合理化します。

  • 次世代CPEエンジニアリング:次世代のSTBやゲートウェイ、アプリケーションを開発して、Home 2.0サービスのシームレスな提供をサポートします。

  • IoTマーケットプレイス・イネーブルメント:高い収益性を確保しながら、サードパーティのサービス・プロバイダー・パートナーをオンボーディングできる、新たなバックオフィスおよびフロントオフィス機能を開発します。

  • ビジネス・トランスフォーメーション/プラットフォーム戦略コンサルティング:ブロードバンドやエンターテインメント、コネクテッドホームを横断するカスタマージャーニーをベースに、通信事業者のビジネスモデル/経営モデルを見直すとともに、サードパーティとの連携を含めたプラットフォーム戦略の策定と実装を支援します。

過去10年のIT革命がフルIPコミュニケーションへの道を切り拓き、サービスと物理ネットワークを直接接続する必要がなくなりました。さらに、昨今のネットワーク仮想化アプローチ/テクノロジーは、通信事業者のインフラ&サービス構築と運用を急速に進化させました。

通信事業者は今こそ、ビジネスや組織、技術のすべてにおいて自らを再構築し、OTTとのジェネレーションギャップを解消しなければなりません。そのためには、SDN/NFVの導入によるコストの最適化と効率的なIT環境の構築を通じて、今後のデジタル社会のリアルタイムかつアジャイルなニーズに応えていく準備が必要です。OSSはこうした抜本的な変革において非常にユニークかつ重要な役割を果たします。
アクセンチュアは、通信事業者がOSSを最大活用するために必要なフレームワークを策定し、変革に必要なツールとサービスを提供します。

  • ゴール:通信事業者の優先課題やKPI(T2MやCAPEX/OPEXの削減、クオリティ、オートメーションなど)に基づく戦略的なOSS導入ロードマップの策定および実践をゴールとします。

  • プロセス:OSS導入イニシアチブの推進で、理想のリアルタイムOSSアーキテクチャを構築します。マルチスピード型ITへの転換や俊敏性の向上、クラウドネイティブへの移行、データドリブンAIといった、IT環境全体の未来像を踏まえたOSS変革を実現します。

  • アプローチ:実績に裏付けられたソリューションと、アクセンチュア・ラボで審査・試験・展開・統合された最先端テクノロジーを安全に組み合わせる環境において、ネットワーク仮想化トレンド(SDN/NFV)のポテンシャルを最大限に引き出します。同時に通信事業者が新しいサービスを迅速に投入・サポートするために必要な柔軟性とネットワーク管理コストの最適化を図ります。 

IN THE SPOTLIGHT

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ