Skip to main content Skip to Footer

MEDIA & ENTERTAINMENT


メディア・エンターテインメント業界を取り巻く環境

デジタル化が、異業種プレイヤーの参入、ユーザーの多様化を引き起こし、市場環境は厳しさを増しています。

可処分時間獲得競争の激化

  • ユーザーは、スマホを通していつでも、どこでも情報を得ることが可能となりました。
  • よって、異業種からの参入プレイヤーも増大し、可処分時間の奪い合いが激化しています。

コンテンツ制作競争の激化

  • テクノロジーの発展により、高クオリティーのコンテンツが大量に制作可能となりました。
  • グローバルにスケールする企業、テクノロジーを活用した小規模企業、一般クリエイターが参入し、制作の競争環境もまた激化しています。

趣味趣向の多様化

  • これまでのメディアは、一度に圧倒的な数のユーザーにコンテンツを消費させるモデルでありました。
  • 接点の増加やコンテンツの増加にともなって、ユーザーの趣味趣向が細分化しています。

デジタルトランスフォームの難易度の高さ

  • 既存事業の収益は減少する傾向にあります。一方でコンテンツをデジタル化しても減少を賄うほど収益化できません。
  • よって、既存事業の撤退も、デジタルへの推進も判断が困難です。

メディア・エンターテインメント業界として向かうべき姿

競争が激化し、カスタマーが多様化している状況においては、自社のコアを再定義し、顧客目線に立ち返り、新たなマネタイズとスケールを実現するために徹底的なアジャイル文化を構築する事が必須です。

自社の強みとするコアをどう作るか

  • 価値の源泉となる自社のコア事業、ケイパビリティの見極

徹底的な顧客目線

  • 多様なカスタマーセグメント毎のCX、UXの検討
  • データを活用した分析、検証

新しいマネタイズポイントとスケール

  • 業界を超えたマネタイズ手法の検討
  • エリアなどの顧客のスケールの検討
  • LTV向上の検討

徹底的なアジャイル文化の構築

  • リーンに立ち上げられる文化、組織、人、デジタルプラットフォームやその他手法の構築
  • 継続的かつ高速なPDCAサイクルの確立

How we’ll get there together

既存のビジネスを維持しつつ、新しいコアビジネスを立ち上げるトランスフォーメーションが最大のチャレンジ。初回の移行は難所且つ要所であるが、同様にそれを連続的に実現するためのプラットフォーム(文化、組織、人、手法、システム)を構築していくことも大切です。

CREATE STRATEGY

  • 新たなコアビジネスの見極め
  • 競合との差別化定義
  • トランスフォーム戦略、実行計画策定

TRANSFORM THE CORE

  • 既存ビジネスと並行した新たなコアビジネスへの移行
  • 人材のケイパビリティ育成
  • 組織の段階的移行
  • 核となるデジタルプラットフォームの構築

GROW THE CORE

  • CX、UXでの仮説をもとにしたリーンな立ち上げ
  • データによるビジネスの検証と判断
  • デジタルプラットフォームのアジャイル運用

SCALE THE NEW

  • データドリブンで分析・検証・判断
  • デジタルプラットフォームの自動化、高度化

SOLUTIONS WE PROVIDE

デジタル・ビデオ
デジタル・マーケティング
オムニチャネル

IN THE SPOTLIGHT

 

OUR PEOPLE

お問い合わせ

アクセンチュア・メディア・エンターテインメント業界向けソリューションに関するお問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ