Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


概要

お客様と同じ立ち位置でサービスを提供するアクセンチュアは、お客様独自のビジネスの文脈を読み解いたうえで、「インフラのあるべき姿」をご提案します。アクセンチュアのデリバリー担当は、お客様のビジネスを理解、把握しながら日々の運用の効率化を推進するため、お客様のIT環境およびロードマップを日々ブラッシュアップすることが可能です。これらの革新により、「見えざるIT」の問題を抜本的や解決するとともに、中長期の取組みを通じて段階的にお客様のITインフラのクラウド化を実現します。

こうしたロードマップをアクセンチュアでは「クラウド・ジャーニー(J2C:Journey to Cloud)」と呼び、お客様の社内外の関係各所と合意形成をしながら進めていきます。

クラウド・ジャーニーの要諦

アクセンチュアのインフラ運用者の多くはコンサル出身であるからこそ、単純なインフラ運用に留まらず、IT部門のパートナーとして、事業部門と連携したプロアクティブな施策提案・実行推進を可能となります。

加えて、アクセンチュアはハイブリッド・クラウド環境の統合管理、迅速なインフラ払い出しを可能とするAccenture Cloud Platform (ACP)」を提供しています。業務用途・ミッションクリティカリティなど、事業部門が求める要件をもとに、予めポリシー設計したインフラ・サブセットをサービスカタログとして用意し、事業部門は、開発時のサイジング・設計・構築が不要となり、カタログから選択することで迅速にインフラを使い始めることが可能となります。

まずはIT部門管轄のインフラを対象にACPを導入し、そこで足がかりとなるクラウド基盤を構築し、その上で、事業部門側のインフラへと横展開していくことで全社的なガバナンス強化へと導くことが可能となります。これはIT部門だけで推進することは難しく、事業部門側の協力が必要不可欠だ。このチェンジマネジメントの実現、これもアクセンチュアだからこそできるクラウド・ジャーニーの要諦です。

関連コンテンツ