Skip to main content Skip to Footer

Java向けアプリケーション・サービス

オープンで移植性に優れたJavaベースのアプリケーションを設計・開発し、現場に短期間で投入。今まで培ったノウハウで、ITシステムの「品質」「使いやすさ」「機動性」の向上をアクセンチュアが支援します。

概要

今日の企業や政府機関は、ビジネスやITの運営における卓越性を後押しする必要に迫られています。ITを簡素化し、機動性を高め、世の中を根本的に変えてしまうようなテクノロジーを賢く利用しなければいけません。

このような状況にあるIT部門にとっては、Javaがもたらすメリットは重要です。Javaはオープンで移植性に優れ、プラットフォームを選びません。アプリケーションをクラウドに導入したり、さまざまなミドルウェア・プラットフォーム上で統合したりといった多様性に富んだシナリオでは、Javaには大きなメリットがあります。

アクセンチュアは、十分なテストを重ねた実績のある手法と強化された自動化機能を使用して、お客様が高度な機能を備えた全社的なJavaベース・ソリューションを開発するお手伝いをします。これにより、開発作業の負荷が10%から25%軽減されます。お客様がJaveの可能性を最大限に引き出せるように、アクセンチュアは以下の支援を行います。

  • モバイルからクラウド、Web、パッケージ・ソフトウェアに至るまで、標準化されたアーキテクチャやツールを利用してアプリケーション・ポートフォリオ全体のデリバリー品質を改善

  • 標準化されたコンファメーションやトランジション・ポイント、成果物テンプレート、ワークフローを利用して予測可能性を向上

  • リソースを最適に組み合わせてデリバリー・コストを削減

  • 最新のテクノロジーを活用して優れたユーザー・エクスペリエンスを実現

なぜアクセンチュアなのか

グローバルなビジネス上の課題が増加し、テクノロジーの複雑さが増す中、企業がJavaテクノロジーを最大限に活用するためには信頼できる開発提携先が必要です。そしてアクセンチュアは、まさに最適なパートナーです。お客様が新しいJavaベースのアプリケーションを設計・開発し、現場に短期間で投入し、ITシステムの品質や使いやすさ、機動性を高められるよう、アクセンチュアが支援します。

Java 向けファウンデーション・プラットフォーム(英語のみ)
アクセンチュアは、Java™向けファウンデーション・プラットフォーム(AFP-J)などの実績に裏付けられた手法やツール、アーキテクチャを使用して、複雑で大規模なJava開発への取り組みをサポートします。従来のウォーターフォール型の開発手法でも、また新しいアジャイル開発手法や自動化・効率化されたデリバリーでも、いずれも促進することができます。

複雑で高度なJavaの導入作業を通して、アクセンチュアは業界をリードする多くの実績を積み上げてきました。

提供サービス

アクセンチュアは以下の分野でJavaアプリケーション開発サービスを提供します。

  • 組み込みソフトウェア開発

  • アプリケーション・リニューアルと最適化

  • サービス指向アーキテクチャ(SOA)

  • ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)

  • ソフトウェア・パッケージ・カスタマイゼーション

  • 大規模かつ複雑なシステムのデリバリー

  • モバイル

  • オープン・ソース・プラットフォーム(JBoss/Spring)

  • クラウド

  • Webソリューション




関連サービス