Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


インフラストラクチャ・サービス

アクセンチュアのインフラストラクチャ・サービスは「ワンストップアウトソーシング」「ノーショア運用」により、運用品質を犠牲にすることなく運用コストを劇的に削減し、戦略投資を捻出。セルフファンディング型の「クラウド・ジャーニー(J2C)」を推進して、急激な競争環境の変化に追随可能なITインフラの先鋭化をもたらします。

概要

企業戦略を支える屋台骨であるITインフラ。急激に進化を続けるITインフラの潮流に合わせて、企業のITインフラを先鋭化することは経営層にとっては重要な経営アジェンダに挙げられます。一方でIT部門は日々の運用コストに圧迫され、ITインフラに十分な投資を行うことができていないというケースが多く見受けられます。ITインフラの進化の潮流を見過ごし、自社のITインフラの進化を停滞させることは、企業の成長に向けた戦略を推し進めることの足枷となりかねません。

アクセンチュアの「インフラストラクチャ・サービス」は、「ワンストップアウトソーシング」「ノーショア運用」により運用品質を犠牲にすることなく、運用コストを劇的に低減することで投資原資を捻出し、そこで捻出した原資を元に、企業の将来の成長に向けお客様目線で「クラウド・ジャーニー(J2C)」を描き、ITインフラを起点とした変革を進めることで、経営課題の解決をもたらす各種の先端テクノロジーを戦略的に活用することが容易となり、お客様の競争力のさらなる向上を実現します。

旧来型インフラ・アウトソーシングの課題

企業の事業戦略を次なるステージへと導く各種の先端テクノロジーは、いずれもITインフラを基盤としていますが、旧来型のインフラ・アウトソーシングの仕組みはハードやソフトなど特定プロダクトへの依存度が高く、価格妥当性が不透明、ないしユーザー企業側に煩雑な管理を強いる仕組みとなっており、いずれの場合もITインフラが企業戦略の足枷となってしまいがちです。

フルアウトソーシングの課題


  • ベンダがハードやソフトなどプロダクトを含めて包括して契約するため、ユーザー企業側の管理負荷は低いが、提供されるサービス内容に対する価格妥当性判断が困難

  • 特定のプロダクトにロックインされており、業界や市場を塗り替えるような革新的なテクノロジーが登場した場合でも、迅速な刷新が困難であり、状況の打開のためのハードルが高い

  • 保守ビジネスに依存するベンダの事業構造上、ITインフラ合理化に対する力学が働かない



マルチアウトソーシングの課題


  • ユーザー企業が主体となって、各領域の構成要素を個別に調達することにより価格の透明性は確保されるものの、ITインフラの全体整合をユーザー企業側担保でする必要があり、結果としてユーザー企業側で各領域のベンダをコントロールするための高度な管理スキルが必要となる

  • 特にトラブル発生時においては、障害切り分けや責任所在の明確化についても主体的にユーザー企業側で行う必要があるため、各領域のベンダをコントロールする管理担当者の負荷が高い

  • ベンダ側の責任領域が個別担当領域に分断されているため、更なるITインフラの高度化に向け、ベンダ側からITインフラ全体を俯瞰した提案を受けることは期待出来ない



ワンストップアウトソーシングの特徴と効果

上記の旧来型インフラ・アウトソーシングに対し、これらの課題を経て提案されるアクセンチュアのサービスが「ワンストップアウトソーシング」です。アクセンチュアの「ワンストップアウトソーシング」はハードやソフトなどのメーカーではないアクセンチュアの特徴を生かし、特定のプロダクトやサービスに縛られることなく、常に最適なソリューションを選択することで、ダイナミックに変容するお客様のビジネスに即したアジリティのあるITインフラを実現することが可能です。

アクセンチュアのインフラストラクチャ・アウトソーシングが提供する「ワンストップアウトソーシング」は、次のような特徴を有しています。

横断的なサービス管理導入による徹底的な可視化

アクセンチュアのグローバル標準のサービス管理手法を導入することにより、アクセンチュアが提供する役務サービスのみならず、HW/SW/DC領域も含め徹底的な可視化を推進。サービス全体を構成する要素全体を透明線を担保し、ユーザー企業側の管理負荷を軽減。


ハードウェア保守ビジネスを持たない立場を活かした徹底的な合理化推進

インフラ資産領域の合理化推進は、アクセンチュアのインフラ・アウトソーシング事業の利益背反にはつながらないため、長期的なパートナーシップ関係のもと、ユーザー企業と同じ視座にたって合理化・最適化を推進することが可能。


徹底的な運用業務標準化/労働集約によるスケール追求がもたらすコスト効率性と運用品質向上の両立

インフラ運用業務を徹底的に標準化し、業務の最大80%をオフショアへ移管します。オフショア移管後も担当要員レベルでの生産性モニタリング、ならびに運用業務の品質改善・効率化活動を継続的に推進します。

さらに、アクセンチュア独自のテクノロジーであるACE(Accenture Cognitive Engine)を段階的に適用してゆくことで、「ノーショア運用」による劇的な運用効率の向上とヒューマンエラー排除による運用品質の向上を実現します。

ワンストップアウトソーシング

このワンストップアウトソーシングにより生み出した投資を原資として、ユーザー企業目線でITインフラのあるべき姿を描き、それに向けた中長期インフラロードマップを策定した上で、ITインフラ高度化の各種イニシアチブを実行してゆく「クラウド・ジャーニー(J2C)」を推進することで、セルフファンディング型でITインフラ高度化を実現可能とします。


Accenture Cognitive Engineおよびクラウド・ジャーニーの詳細はこちら