Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


アジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボ (FinTech Innovation Lab Asia-Pacific)

アジア・パシフィック 先進金融テクノロジーラボ(FinTech Innovation Lab Asia-Pacific)が毎年開催する12週間の強化プログラムには、アジアで設立された金融テクノロジーのベンチャー企業やアジアを代表する大手金融機関が集います。

この革新的なプログラムは、参加者の信頼と協力を理念として利害関係が生じない環境の下で行います。参加するベンチャー企業にとっては、将来の潜在的顧客と自らのアイディアについて議論を交わしたり、銀行業界の深い示唆を得たり、大手金融機関の経営陣とネットワークを築くなど、様々な利点があります。参加するのは金融業界を変革させる可能性を持ったテクノロジー企業であり、特に注目すべきは、ビッグデータやアナリティクス、モバイル・ワイヤレス、決済、リスクマネージメント、セキュリティ、コンプライアンス、ソーシャルメディアとのコラボレーション技術です。

先進金融テクノロジーラボは、2010年のニューヨーク、および2012年のロンドン開催で成功を収め、2014年はアジア・パシフィック先進金融テクノロジーラボを香港で開催します

申込に関する詳しい情報と、参加する金融機関やベンチャー企業の一覧は、

www.fintechinnovationlabapac.com(英語のみ)をご覧ください。

ロンドン、およびニューヨークにおける先進金融テクノロジーへの投資について



(関連リンク)