Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


デジタル定修管理

革新技術により定期修理、操業停止、停電時の安全性と生産性を向上

概要

化学プラント、製油所、発電施設の計画的操業停止は、稼働中では実施が困難な検査、メンテナンス、拡張作業を遂行するにあたり不可欠です。しかし同時に、安全性リスクが高く、また比較的頻度が低いことにより、業界特有の課題も生じます。

アクセンチュアが提案するエンドツーエンドのソリューション「デジタル定修管理​」なら、デジタル技術を駆使しプラントの定期修理(TAR)、操業停止、停電時における安全性と運転性能の向上を図り、企業の課題を解決することができます。産業用広域ワイヤレス、ロケーション三角測量、クラウド、アナリティクス、モバイルアプリケーションなどのデジタル技術と、特許出願中の可視化技術を融合させた独自のソリューションにより、膨大な費用を要するこれらのプラント作業の実施をサポートします。

「デジタル定修管理​」ソリューションを用いることで、企業はほぼリアルタイムにデータを取得・統合することができ、現在または将来的な効率性低下の特定、回避が可能となります。この革新的なソリューションにより、設備集約型企業は最大25%もの予算を削減し定期修理を実施することができます。

デジタルワーカー:デジタル定修管理

課題

プラントの効果的な定期修理に際し企業が直面する数々の課題は以下の通りです。

  • 経験の浅い現場作業員が数多く作業にあたることで安全性リスクが増大
  • 収益低下に加えプラントの運転再開へのプレッシャーが拡大
  • スケジュールの遅延と予算超過:60%が10%の超過、40%が30%以上の超過
  • 50%に満たない受託業者の平均作業時間
  • 受託業者の請求に生じる誤差
  • タイムリーな意思決定の妨げとなるシステム上のデータ不整合

クライアントのメリット

「デジタル定修管理​」ソリューションの既存テクノロジーが実現する優れたメリットを、企業は定期修理、操業停止、停電時に役立てることができます。

安全性向上
生産性向上(5~15%)
操業停止サイクルの短縮
請求の精度を向上(3~5%)

「デジタル定修管理」コンポーネント

アクセンチュアの「デジタル定修管理​」ソリューションは、既存のテクノロジーとメソッドを用いてプラントの操業停止時における改善を図ります。

産業用広域ワイヤレス

産業用広域ワイヤレス:

プラントのローカル環境に安全な広域ワイヤレスのメッシュネットワークを設置することで、データのリアルタイムな収集、保存、分析の妨げとなる接続性の問題をクライアントは克服することができます。

デジタルワーカー

デジタルワーカー:

作業員、機器、車両を追跡するRFIDタグと、受託業者管理ダッシュボードおよびモバイルアプリケーションを組み合わせることで、生産性管理、作業員追跡および安全性の向上が図れます。


クラウド

クラウド:

デジタルソリューションを、既存の実行環境や安全性、セキュリティシステムとクラウド上で融合させることにより、データ取得プロセスと基盤構造を向上させ、より高度なアナリティクスとワークフローの簡略化を実現します。

視覚的分析

視覚的分析:

取得された操業データを定期修理コマンドセンター内または付近に表示することで、管理者はデータおよびトレンドを解釈し、リアルタイムかつ継続的な改善へつなげることができます。

モビリティ

モビリティ:

強化されたデバイス、または本質的に安全なデバイス上のモバイルアプリケーションにより、データ取得を合理化し作業員と管理者間のコミュニケーション向上が図れます。


SUGGESTED CONTENT