Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュア・サイバーディフェンス・プラットフォーム

業界をリードするベスト・ソリューションを統合し、サイバー・レジリエンスを強化

膨大なデータに圧倒される従来型のセキュリティツール

急増するデータと拡大する攻撃の対象領域

世界中の企業が今、ますます高度化した手法で企業のシステムを侵害するセキュリティの脅威に立ち向かっています。


データが急増によって潜在的な攻撃の対象領域が拡大する中、多くの企業は高い価値を備えたデジタル資産を保護するための包括的な戦略の策定に苦慮しています。

近年におけるサイバー・セキュリティへの投資は、脅威の検知と修復にシフトしつつあります。しかし、今日の容赦ないサイバー攻撃と戦うためには、それだけでは十分でないことは明らかです。膨大なデータ量に圧倒され、従来型のセキュリティ管理ツールではもはや対処しきれないのが現状です。

増え続けるサイバー・セキュリティ上の課題に立ち向かう企業を支援するために、アクセンチュアはスプランク(Splunk)パロアルトネットワークス(Palo Alto Networks)およびタニウム(Tanium)との協働を通じて、包括的なソリューション「アクセンチュア・サイバーディフェンス・プラットフォーム(ACDP)」を開発しました。

コラボレーションが大きな力を生む

エンドポイントとネットワークをまたがって期待通りの成果を提供することにより、リスクの軽減を実現。


スプランク、パロアルトネットワークス、およびタニウムとの協業体制、そしてアクセンチュアならではのカスタム・ソフトウェア、ケイパビリティ、業界知識を統合することで、ACDPは企業に以下のようなメリットをもたらします。


ポイントプロダクトの削減

ポイントプロダクトの削減

ポイントプロダクトのセキュリティレベルとレジリエンスの向上

ポイントプロダクトのセキュリティレベルとレジリエンスの向上

ポイントプロダクトのセキュリティ成熟度曲線の改善

ポイントプロダクトのセキュリティ成熟度曲線の改善





ACDPは企業のセキュリティの堅牢性を高めるために、以下の課題に対処します。

特定

特定

攻撃の対象領域はますます拡大、多様化しつつあり、正しく理解されていません。また企業における資産管理の問題は、依然として対策が曖昧なままの状態になっています。企業は本当に保護しなければならない資産はどれなのか、個々の課題の優先順位をどのようにして判断すべきかについて、明確な基準を確立できていません。ここにビジネス上のリスクや業界間で異なる事情が関連してくれば、なおさらのことです。

防御

防御

企業は現在、主に脅威の検知と修復にフォーカスした投資を行っています。しかし、それだけでは今日のますます高度化する大量のサイバー攻撃と戦うのに十分ではありません。

検知

検知

投入されるデータがあまりにも膨大な現在のセキュリティ対策において、従来のセキュリティツールやイベント管理ツールは、もはや十分なスピードを発揮することができません。そのため、多くのデータは解析がされないままになっています。

インシデント対応

インシデント対応

インシデント対応で必要とされるタスクの実行には、問題の規模の査定、コンテクストに即した情報収集、インシデントの封じ込めと阻止による被害の拡大防止などを含め、大きな時間を要します。

復旧

復旧

インシデントからの復旧作業を行うには、システムの一部機能の停止や大規模な稼働停止などが必要となる場合が少なくありません。また、システムを感染前の状態に修復することが不可能なケースもあります。

資産の保護

まとめ

企業のIT環境の安全を完全に確保することは不可能に思えるかもしれませんが、上記の使用事例は、包括的で自動化されたソリューションが経費を削減しつつ、いかにリスクを大きく軽減できるかを立証しています。Splunk、Palo Alto Networks、Taniumおよびアクセンチュアの統合ソリューションは、今日そして将来の企業のIT環境における多くの課題に対処するための強固で包括的なプラットフォームを構築しています。

詳細はこちらをご覧ください。


関連コンテンツ

問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。