Skip to main content Skip to Footer

包括アウトソーシング・サービス

包括アウトソーシング・サービスはバックオフィスのオペレーションを見直し、迅速かつ大幅なコスト節減と価値実現までの期間の短縮を可能にするための革新的なサービスです。

概要

アウトソーシングは現在のような厳しい経済状況の中で、企業の生き残りを助けると同時に、厳しい環境下でも成功を収めるための手立てとなり得ます。市場の混乱が続き、M&Aが盛んに行われ、企業に迅速な改革が求められている現在、包括アウトソーシング・サービスはバックオフィスのオペレーションを見直し、迅速かつ大幅なコスト節減と価値実現までの期間の短縮を可能にするための革新的なアプローチとなります。

関連する複数のビジネス機能を単一のプロバイダーにアウトソーシングすれば、様々な機能を1つに結び、リソース、アプリケーション、プラットフォームを共有することができます。これにより企業は、長期間に亘って継続的にコストを削減し、パフォーマンスを改善し、世界市場での競争力を高めることができます。

包括アウトソーシングはまた、複数のプロバイダー、複数の窓口とやり取りする手間を省きます。安定した低コストで最大限の成果を上げられるよう、統合された単一の管理構造の下で標準化され再現可能なプロセスが構築されるため、管理や測定が容易になります。Everest Researchによれば、一般管理系BPO市場(人事、財務および経理、調達BPOを含む2つ以上のプロセス)は、2010年までにBPO市場のほぼ20%を占めるまでに拡大すると予想されます(© Everest Research Institute、『Scope Aggregation in Outsourcing: Why the Strong Get Stronger』(2007年12月発行))。

アクセンチュアはお客様が先行者利益を手にするための支援を提供していますが、私たちがお手伝いする企業の多くは、包括的BPO(2つ以上のビジネス機能にまたがるプロセス標準化)もしくは、総合的包括アウトソーシング(共通のIT基盤の合理化による付加価値の実現)を希望されています。

アクセンチュアの包括アウトソーシング・サービスは、お客様に以下のようなメリットをもたらします。

  • 運用リスクの軽減:複数のプロバイダーを利用すればその分、共有プロセス、システム、コントロールに関連する運用トラブルの可能性が高まってしまいます。単一のプロバイダーにアウトソーシングをまとめれば、問題が発生し得る要因が大幅に減ります。

  • 管理プロセスの簡素化:単独のプロバイダーとの関係に力を注げるため、お客様が管理する関係は1つだけになり、管理や契約のための作業を減らすことができます。

  • 無駄な重複を減らしコスト削減:1つのプラットフォームで複数のプロセスを運用できるため、ハードウェアの重複をなくし、開発、保守、ライセンスのコストも軽減されます。

  • パフォーマンス向上:エラー処理などの手動プロセスや手動操作の自動化により、生産性が向上し作業完了に要する時間を短縮できます。

なぜアクセンチュアなのか

企業は今、経験豊富で実績あるアウトソーシング・サービス・プロバイダーを求めています。企業が直面するビジネス上の課題に直接、かつ迅速に対応する、信頼できるプロバイダーを何より切望しています。どのような機能をアウトソーシングする場合でも、多くの企業は複数サービスを1つにまとめてコストを削減し、プロセスを合理化し、バックオフィスの運用効率最大化を実現させようとしています。

アクセンチュアは、組織がビジネスプロセスとITを単一のアウトソーシング契約にまとめ、最大限の価値を生み出せるよう支援するための経験とケイパビリティを備えています。

経験に基づく知恵こそが、アクセンチュアの強みです。包括アウトソーシング・サービスの提供および管理のためには、プロセスに関する深いスキルと、運用に関する幅広いケイパビリティ、そして世界規模のデリバリー拠点が必要となります。これらを兼ね備えるプロバイダーは殆どありません。アクセンチュアは新たな価値の源泉を見出し、次々に新しいアイデアを提案し続けます。

統合されたガバナンス構造の下で個別のビジネスプロセスを効率的に管理するため、私たちは様々なツールや方法を生み出してきました。これによりリスクが抑制され管理作業が軽減されるため、アクセンチュアのお客様に多大なメリットがもたらします。

(関連リンク)