Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


ビジネス・プロセス・サービス

アウトソーシングの成否を分ける重要なポイントが、ビジネス・プロセス・サービス・プロバイダー選びです。あらゆる業種の多様な領域で選ばれているアクセンチュアの支援内容と実績をご紹介します。

概要

従来からコールセンター業務やデータ入力など、定型・大量の処理や対応を必要とする業務のアウトソーシングはコストを削減するための手段として広く浸透したアプローチでした。しかし、今日のグローバル化、デジタル化や、人工知能などによる自動化の発展により、ビジネス・プロセス・サービス(BPS)は、「ビジネス成長に直接的な貢献をもたらす経営手法」として、新たな期待が寄せられています。

2010年代前半においてBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)のテーマは国内外に分散した業務の集約による集中化でした。その後、集中化した業務のオフショア/ニアショアへの移転や、標準化による業務オペレーションの属人化の回避を実現。

概要

さらに近年では、「激動する市場ニーズや、地政学リスクにも対応しうる、柔軟な体制を構築したい」、「ビッグデータの解析など、社内にないスキルを迅速に取り込みたい」など、成長戦略や業務目的に即した業務オペレーション体制を、柔軟かつ迅速に構築できる経営手法として、さらなる注目が集まっているのです。

また、デジタル化の波は、今日のビジネス・プロセス・サービスのあり方をも大きく変えています。あらゆる業務の可視化・データ分析が可能となり、BPSは「効率化」のみならず、「高度化」を指向するものとして深化してきました。そして今、BPSは極限まで効率化を進め、人間が手掛ける必要のない業務を自動化する段階へと発展しています。

この発展により、企業や組織のBPSに対する期待値は、人的リソース配分の最適化から、明確に企業利益に貢献できる新しいオペレーションモデルの実現へと、急激に高まっています。

アクセンチュアの強み

アクセンチュアは、ビジネス・プロセス・サービスを「部門単位での業務効率化や人件費削減」に限定せず、「企業や組織全体の成長を実現するための変革プログラムの一部」であると捉え、顧客企業のビジネスアウトカム(事業の結果としての利益・成果)やイノベーション創出の手段として、サービス展開しています。

近年の顧客企業や組織の課題は、「予測の立てにくい海外事業に積極的に取り組むための事業基盤づくり」「国内外拠点の財務状況をリアルタイムに把握できる仕組み」「オムニチャネルで売り上げを伸ばすためのデジタルマーケティング」など、旧来型のBPOの概念に留まりません。こうした課題に対し、アクセンチュアはITやデジタル領域で世界最先端の知見を有するプロフェッショナルや、経営・業務変革コンサルタント、特定業種の専門家など、アクセンチュアの複数部門のコラボレーションによって、かつてないサービスを提案・実現しています。

アクセンチュアでは、高度な認識技術や人工知能、機械学習など先端テクノロジーの融合によって、業務プロセスを自動化する「RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)」も、サービス品質や効率性を劇的に向上させる仕組みとして、手掛けるほぼ全てのビジネス・プロセス・ サービスに組み込んでいます。

また、企画から運用まで、アクセンチュアのコンサルタント陣が顧客企業や組織の経営層、関係部門、現場の担当者様と共に手を動かし、課題解決に挑む、エンドツーエンドのサービス姿勢が高く評価されています。

サービス詳細

アクセンチュアのビジネス・プロセス・サービスは、従来型のアウトソーシングから、時流や業種特性を反映した先進的・専門的なアウトソーシングまで、国内外のリーディングカンパニーのパフォーマンス向上ならびに企業価値の増大を支援しています。

Features

問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。