Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


航空宇宙・防衛産業向けサービス:概要

航空宇宙・防衛産業でハイパフォーマンスを実現するためには、アクセンチュアが「機動力」と呼ぶスピードや柔軟性、正確さを備える必要があります。

概要

一般の企業と軍需関連企業は、対応に「機動力」を求められる課題を次第に共有するようになっています。業界としては統合されましたが、新しい防衛計画は内容に乏しく、コスト削減や収益向上がますます大きな課題となっています。端的にまとめると以下のとおりです。

  • 市場は可用性を求めている: 格安航空会社が登場して国際線に関する規制も大幅に緩和されたため、航空機の可用性と稼働率が民間航空会社の収益性を左右する大きな要素となっています。同じように、軍の調達部門の姿勢も「部品を購入する」から「兵士が必要なものを購入する」方向へとシフトしました。つまり最初から常に任務を成功させる、「利用できる資産」へとシフトしました。

  • 世界は広がっていて、縮んでもいる: グローバル化によって新たな販売や提携のチャンスが生まれますが、航空機・防衛関連製品を生産・購入する財政的な負担や予算が重荷となり、新たに着手できる防衛計画の数が限られています。計画を成功させるには、国境を越えてノウハウや資材、リスクをしっかり管理できる緊密なパートナーシップが必要です。

  • 防衛計画がなくなった: 防衛計画あっての防衛産業です。新規計画数が減少している一方で、計画の想定寿命は伸びています。新規計画はより長く運用することを念頭に置いて設計されますが、航空宇宙・防衛業界の企業は、新しい製品と既存製品の両方をこの先何年もの間サポートするサービスを導入しています。パフォーマンス・ベースのロジスティクスやアベイラビリティ契約などの防衛計画は、こうした傾向を強める方向にのみ作用しています。

アクセンチュアは業界向けに特別に用意した一連のソリューションを提供し、上記のようにめまぐるしく変化する環境の中で世界中の企業とそのパートナーがハイパフォーマンスを実現できるよう支援します。

なぜアクセンチュアなのか

アクセンチュアが航空宇宙・防衛産業向けに提供しているソリューションやサービスは、業界が今日直面している課題、そして今後直面するであろう課題に真正面から取り組みます。製品が主導権を握る業界においては、パフォーマンス・ベースのロジスティクスやアベイラビリティ契約、格安航空会社モデル、商業ベースの長期MRO(メンテナンス・リペア・オーバーホール)契約などと関連して、各種サービスはますます重要な要素になっています。

アクセンチュアの仕事は、複雑な長期計画を決められたサービスレベルで設計・構築・実施することです。このアクセンチュアのDNAが、業界に関する豊富な知識と相まって、お客様が目の前の重要な問題に対応できるようにするだけでなく、ソリューションも導入してお客様を支援することができるのです。お客様と仕事をする中では、以下のような具体的な問題が表面化します。

  • 長期計画のリスクをどのように見極め、監視するか

  • 新規サービス関係の業務をエンジニアリング・プログラムとは別に管理すべきか

  • 定められた単位に従った部品表(BOM)を使用して資産を管理できるか

  • 価格を効果的に設定しているか

  • どのようにすれば自社や提携先のデータや知的所有権をまとめて安全に管理できるか

  • 業務の中でサービスが重要な位置を占めてきた場合、組織の変更は必要か

  • 資産が生産ラインを離れた後でも、計画で獲得した価値を追い続けられるか

  • 業務を遂行するために必要な人材はどのように集めて管理・維持するか

  • 提携先との関係から最大限の成果を上げられるか(先方から見ても)

  • 製造とアフター・サービスの両方で、安全なグローバル・サプライチェーンをどのように構築するか

  • 共有サービスによって自社の価値は高まるのか。また共有サービスは必要か

  • 目標を達成するために必要なデータ管理・分析機能は備えているか

  • 会社にも環境にも優しい、持続可能な方法で事業を運営しているか

提供サービス

航空宇宙・防衛産業に関するグローバルな経験を備え、世界で業務を展開しているアクセンチュアは、業界の個々のお客様に合わせて革新的なソリューションを提供します。

  • 各種エンジニアリング・サービス、ビジネス・プロセス・アウトソーシング: お客様がコストを削減し、目標を正確に定め、サービスの質を高め、エンジニアリングや調達、財務等の分野で世界レベルのケイパビリティを実現できるよう支援します。

  • グローバル・サプライチェーン・マネジメント – ケイパビリティ・ベースのライフサイクル・マネジメント: お客様のサプライチェーンを「製品を作る」サプライチェーンから「資産管理サービスを提供する」サプライチェーンへと変革するお手伝いをし、お客様の顧客がお客様の製品を使う必要がある時にそれを使えるようにします。

  • グローバルな合併・買収/合併後の経営統合: 合併・買収取引前の支援サービスや取引内容の分析、戦略的評価、合併後の経営統合計画の策定・実施など、合併・買収においてハイパフォーマンスを実現できるようお手伝いします。

  • 計画の収益性: 一連の有益な計画を通して関係者に価値を提供するための各種ツールや資産、スキルを開発できるよう支援します。

  • サステナビリティ: 環境やお客様が業務を行っている地域社会に対して、またお客様の決算の数字に対してもプラスの効果を生む、長期的な経済的価値やブランド価値を生み出すお手伝いをします。

  • 人材管理: お客様にとって最も大切で最も頼りになる資産の1つ、すなわち「人」から新しい価値を引き出せるようにお手伝いします。