Skip to main content Skip to Footer

高度なビジネスを実現する俊敏な財務部門の構築

SAP Simple Financeがデジタルを活用した財務機能の変革を支援します。

概要

今後数年間で企業のCFO(最高財務責任者)を筆頭とする財務部門は、真の変革の時代、すなわちテクノロジーを基盤とした財務の時代に突入します。デジタル時代への急速な移行に伴い、財務関連のテクノロジーもまた、デジタルビジネスで求められる俊敏性やリアルタイムなサポートに向けて発展を遂げつつあります。

一方で、多くの企業においては高まる不安定性とスピード、し烈な競争に対して俊敏性を生かすのではなく、より一層複雑なオペレーションモデルを構築して対応しようとする傾向が見られます。この複雑性が大きな障壁となって、企業の売上と利益の成長を妨げているのが現実です。

このような状況下において、財務部門には社内プロセスの合理化に向けてイニシアチブを取ることが、そしてCFOには、効果的な変革に向けた積極的かつ戦略的な施策を率先して設計・実践していくことが求められています。

提供サービス

SAP S/4HANAの紹介―SAP Simple Finance
財務部門がリアルタイム経営の実現に向けて企業をサポートするためには、エンタープライズ・システムの大規模な見直しを行い、デジタルを活用した財務機能の変革が必要です。SAP Simple Financeは、まさにこうした目的を支援するためにリリースされました。

SAP Simple Financeは未来の財務ポートフォリオであり、SAP Business Suite 4 SAP HANA(SAP S/4HANA)の導入に向けた第一歩として最適なソリューションです。ERPによる財務機能の管理に変革をもたらすSAP Simple Financeは、業務効率とユーザビリティを考慮し、技術的なシンプルさと拡張性を何よりも重視しています。

SAP Simple Financeでは、財務会計、管理会計、および収益分析に関するあらゆる情報を網羅した統合元帳の利用を可能とします。さらには、ユーザーにリアルタイムな会計情報を提供し、全く新しく設計された使いやすく便利な操作環境を実現します。

アクセンチュアの特長

アクセンチュア:俊敏性を備えたエンタープライズの構築
アクセンチュアは次世代エンタープライズ・システムのビジョンとして、「俊敏性を備えた組織」を掲げています。

インターネットに常時接続されていることが当たり前の、デジタルと連動したビッグデータの世界をビジネスに最大限に生かしたいと考える企業のために、アクセンチュアは俊敏性に富んだエンタープライズ・アプローチを開発しました。このアプローチはインメモリーなどの破壊的な技術を特色とし、ソーシャルやモバイル、アナリティクス、クラウドといったデジタル・テクノロジーを基盤とするより高度なERP資産を提供します。

この中でSAP S/4HANAは強力なプラットフォームとして、その価値をさらに高める俊敏なエンタープライズ・フレームワークとの統合により、デジタル変革の実現に向けてすでに動き出している企業が他社にない差別化された能力を発揮したり、これまでにない効果的な方法でカスタマー・エンゲージメントを構築するのを支援します。


全文をPDFで読む全文をPDFで読む [PDF, 737KB]


(関連リンク)