アクセンチュア DevOps プラットフォーム & ChatOps|アクセンチュア

デジタル時代のアジャイルな開発と運用を実現する
アクセンチュア DevOps プラットフォーム & ChatOps

 

テクノロジーコンサルティング本部
インテリジェント ソフトウェア
エンジニアリングサービスグループ統括
マネジング・ディレクター
山根 圭輔

変化の激しい現代において、企業にはビジネスのあらゆる側面でアジリティのある対応が求められています。また、自社のみでサービス提供を行うのではなく、複数社がエコシステムを形成して事業を行うケースも増えてきています。そのような中、アプリケーション開発の現場においては、全ての関連企業が連携をとり、スピード感のあるデリバリーを実現できる環境が不可欠となっています。アクセンチュアは、デジタル時代に求められるアジャイルな開発と運用を実現するために、アクセンチュア DevOps プラットフォーム (ADOP) 、および ChatOpsを活用しています。

ビジネスのあらゆる側面においてスピードが求められる現代において企業が生き残るためには、大規模なプロジェクト体制でシステムを構築し、運用・保守を行うアプリケーションデリバリーのスタイルから、アプリケーションを継続的に進化させていくDevOpsを導入し、ビジネス・ケイパビリティを継続的に向上させる必要があります。DevOpsを実践することで、すでに当社の多くのお客様が、より迅速なデリバリーと優れたビジネス・アジリティを実現しています。

「アクセンチュア DevOps プラットフォーム(ADOP)」とは?

アクセンチュア DevOps プラットフォームは、デファクトスタンダードである、オープンソースのDevOpsツール群を組み合わせて、アプリケーションのテスト、リリース、メンテナンスを継続的に行えるようにするためのクラウド・ベースの開発環境です。あらかじめ構成済みのツール、テスト環境、自動化に向けた設計プラン、主要なプラクティス、セキュリティ機能を備えています。導入までの時間の短縮、ビジネスで求められるスピードに合わせたリリース、DevOps用のインフラにかかるコストの削減に貢献します。

詳細はこちら

「DevOpsからChatOpsへ」

DevOpsに活用される多種多様なツール群から、ひとつひとつ必要なデータをマニュアルで取得し、ビルド・テスト・デプロイといった開発工程を回していては、ビジネス・アジリティを高めることはできません。チャット形式で指示を出すだけで、AIチャットボットが適切なツールからデータを取得し自動で処理を実行するクラウドDevOps環境の構築により、開発~運用の効率は劇的にあがります。

さらに、AIで代替可能な作業を全てAIに任せることで、ヒトの工数を付加価値の高い業務に集中させることができるため、より優れたアプリケーションの開発が可能になります。アクセンチュアでは、このようなAIとヒトが協働してアジリティのある開発を実現するChatOpsの導入により、今までにないスピードで価値の高いアプリケーションを提供します。

関連事例

お問い合わせ

 

山根 圭輔
テクノロジーコンサルティング本部
インテリジェント ソフトウェア
エンジニアリングサービスグループ統括
マネジング・ディレクター

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。