Skip to main content Skip to Footer

ACCENTURE BUSINESS SERVICE


概要 腐食問題は深刻化する前に特定し是正できる環境が理想的です。 アクセンチュアのデジタル腐食管理サービスとソリューションを用いることで、設備資産の運用および維持プロセスを大幅に変革することができます。 DOWNLOAD BROCHURE

企業の多くは未だコストを要するメンテナンスや検査プロセスに頼っており、これには放射線被ばく、高度な専門知識の必要性、腐食の初期兆候を見逃す恐れのある目視確認への依存など、企業ごとに特有の課題が伴います。 

アクセンチュアはIoT・高度なデータ分析・データ可視化ツールを用いることで、推測だけで行う高額なメンテナンスや検査計画・実行を、データ主導型の予測可能なものへと進化させています。最新のデジタル技術を駆使したアクセンチュアの総合的なサービスとソリューションなら、企業はリスクベースの優れた検査プログラムおよび腐食抑制戦略を構築し、根拠のない、推測による腐食管理から脱却することができます。

デジタル腐食管理でリスクベースの検査を行うことで、企業は安全性向上、生産性拡大をはかることができます。

深刻な懸念事項 不適切な腐食および設備健全性管理は、石油・ガス精製所だけでなく、化学プラントや上下水ネットワークの主要オペレーションにも次のような深刻な影響を与えます。
漏えいと設備故障 漏えいと設備故障
想定外の箇所における腐食 想定外の箇所における腐食
設備健全性管理の低下 設備健全性管理の低下
衛生、安全、環境(HSE)インシデントと計画外停止 衛生、安全、環境(HSE)インシデントと計画外停止
コストの増大 コストの増大
風評リスク 風評リスク
課題 最先端の非破壊技術を用いた腐食検査でも、課題が生じコストが増大する可能性もあるため、さらなるインフラ損傷や安全性リスク、また本来回避できるはずのダウンタイムにつながりかねません。
検査はリアクティブであることが多く、さらなる腐食を招くことも少なくありません。一般的に検査はリスクの優先順位リストに沿って実施されますが、この情報は既知のパイプ・容器設計パラメータと目視による設備状態のみに基づいているため、腐食箇所の見逃しや過剰な設備検査が生じることもあります。
効果的な意思決定に必要なデータの不足により、保温材が広範囲にわたり除去され、容器が不必要にオフライン状態となる可能性もあります。
保温材を除去し設備をオフライン状態にするには、時間とコストだけでなく大幅なダウンタイムや設備の隔離が必要です。さらにプラグを切断することで新たに水分が浸透する恐れもあり、これによりさらなる腐食が発生します。
検査を実施するにあたり作業員には、危険区域への立ち入りや高所での作業が求められます。また放射線の使用を必要とする非破壊技術にはさらなるリスクが伴います。
アクセンチュアのソリューション アクセンチュアのデジタル腐食管理サービスとソリューションにより、企業は革新的なアプローチでデータを取得でき、これにより実用的なインサイトが可能となります。
主なメリット 予測的な腐食管理を通したメンテナンスおよび検査プロセスの変革 デジタル腐食管理により、企業はサイロ化されたメンテナンスおよび検査プロセスから脱却し、設備の価値を最適化することができます。このアプローチを用いることで、総合的かつプロアクティブなメンテナンスおよび検査計画と腐食抑制剤戦略を構築でき、これにより以下が可能となります。
危険区域およびラインの明確化
検査範囲と頻度の縮小
コスト、所要時間、検査に伴う設備資産のダウンタイムを軽減
設備寿命の拡大
作業員の安全性向上
期待される成果:
検査コストを10~20%削減
アップタイムおよび生産性を10%以上拡大
設備健全性を高めることで寿命を20%以上拡大
Suggested Content Find out how Accenture’s broad suite of services can help enable digital transformation for workers, assets and operations in industrial environments.