Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュア・ライフサイエンス・クラウド

上市までの期間短縮のため、ライフサイエンス企業との協業のもと、Oracleのハードウェアおよびソフトウェア基盤を用いて構築しました。

概要

アクセンチュア・ライフサイエンス・クラウドにより、臨床試験、安全性、薬事、治験管理などに関する社内外の様々なデータを単一のアナリティクス・プラットフォームに集約し、医薬品開発の促進と、治療成績の向上に寄与する、実行可能な打ち手を見出すことが可能となります。本クラウド・プラットフォームは、R&D関連ITシステムの構成に抜本的な変革をもたらすものであり、患者の皆様にいち早く生活の質を高める製品を提供するための、医薬品開発のライフサイクルを通じた新たなデータ活用機会を提供します。

本ソリューションを支えているのが、アクセンチュアとOracleのパートナーシップです。両社の協働により、Oracleの最先端のテクノロジーと、アクセンチュアの豊富なシステム導入経験を融合し、クラウド環境での統合的マネージド・サービスを提供することが可能になりました。アクセンチュアによる多くのクライアント企業への約10年におよぶサービス提供の成果が本ソリューションです。アクセンチュア・ライフサイエンス・クラウドは、ライフサイエンス企業に以下のような様々なメリットをもたらします。

  • 製薬企業にとって、ITシステム全体の効率化を図りつつ、臨床データウェアハウスのメリット実現できる、他に例を見ないソリューションです。

  • アクセンチュアによるOracle Life Sciences Hub(LSH)の実装の豊富な実績やテンプレートを活用し、速やかに導入することが可能です。

  • マネージド・サポート・モデルのホスト型ソリューションです。

アクセンチュアは、これまで大手製薬企業との協働により、R&Dにおけるコスト削減と成果の改善を同時に実現できる、様々なテクノロジー・ソリューションを開発してきました。そうした活動を通じて、製薬企業の治験における効率性の改善や、コストの削減、生産性向上を支援しております。アクセンチュアは、共通的なIT導入/運用のための方法論と、製薬業界におけるデータ標準を最大限活用し、R&Dの各領域を横断する統合的なITソリューションの開発を推し進めています。

ライフサイエンス・クラウド・コアリションは、アクセンチュア・ライフサイエンス・クラウドとともに弊社が推進する、刺激的な取り組みです。目的意識を共有された業界におけるリーダーの皆様が、より健全な業界を目指し、非競合分野で協業を行っています。当コアリションの主な目的は、アクセンチュア・ライフサイエンス・クラウドのイノベーション/機能拡張を推し進めることにより、デジタルを駆使したR&Dを実現し、医薬品の開発プロセスを短縮化しながら、R&Dにおける品質とコストの改善を図ることです。エーザイ、メルク、ファイザーなどのクライアント企業が、ライフサイエンス・クラウド・コアリションの代表メンバーとなっています。

アクセンチュア・ライフサイエンス・クラウドに関する詳細は、パンフレットおよびファストファクトをご覧ください。

アクセンチュアの特長

大手製薬企業は、より迅速にデータから知見を生み出し、ITコストを削減するための、まったく新しいITの活用方法を求めています。これらの企業の旧来のITシステムは、維持管理のための費用がかさみがちです。しかし、新たなインフラとしてクラウドを選択することによって、コストの増大を食い止めることができます。アクセンチュアのアクセラレーテッドR&Dサービスにより、クライアントがR&Dの品質向上とスピードアップを実現しながら、同時にコスト削減し、オペレーションを合理化することが可能となります。

アクセンチュア・ライフサイエンス・クラウドには以下が含まれます。

  • クリニカル&サイエンティフィック・データウェアハウス(CSDW):
    臨床データの統計解析を行い、また、臨床試験にかかわる種々のデータを用いたレポート作成を行うためのプラットフォームを提供します。

  • オペレーショナル・データウェアハウス:
    CSDWプラットフォームを用いて、多様なオペレーショナル・データを水平的/垂直的に分析したレポートを作成します。

  • アナリシス&レポーティング環境:
    バージョン管理およびトレーサビリティ要件を満たしつつ、テーブル/リスト/グラフの作成をサポートする、統計解析プログラミングのための環境(SASエンジンを含む)を提供します。

  • レファレンス・データ・モジュール:
    主要なレファレンス・データ・ドメイン用の一貫性を持った基盤を提供します。本モジュールにより、様々なデータに対する統合/横断的なクエリーやレポートを一貫性をもって実施することができます。

  • データ・ヴィジュアライゼーション&アナリティクス:
    レポーティング、データマイニング、および視覚化ツールにより、データの分析を行うことができます。

  • インフォメーション・エクスチェンジ・ハブ:
    ウェブサービスや、幅広いメッセージ機能、大容量データの移動など、データ交換に必要なサーバー機能を提供するフレームワークです。