Skip to main content Skip to Footer

VOICES


イベント/セミナー 2013年12月

アクセンチュアが2013年12月に開催・参加するイベント/セミナーの一覧。お客さまがより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、当社はイベントやセミナーを通じてさまざまな情報を提供しています。

2013年12月12日(木)

IT活用で売場獲得競争に勝つソリューションセミナー

アクセンチュアは、日本マイクロソフトと共同で、一般消費財メーカーを対象としたソリューションセミナーを2013年12月12日(木)に開催します。

本セミナーでは、消費財メーカーの多くが抱える以下のような課題に対する解決アプローチを紹介します。
(1)プライベートブランドが増える中、ますます激化する量販店本部商談と「棚」獲得競争
(2)マスマーケティング施策と店頭施策の連携、および戦略的販促予算の配分
(3)効果測定が困難であるがゆえの「対前年度踏襲型」販売促進費用設定から脱却するためのPDCAサイクル構築

アクセンチュアは、販売促進活動の一気通貫「見える化」と、より戦略的な販売促進費用投下の意思決定促進に貢献する、全く新しいコンセプトのソリューション「Accenture CAS」を紹介しながら、消費財メーカーが今後取り組むべき課題や戦略について、さまざまな視点からお話させていただきます。

日本マイクロソフト株式会社からは、店頭活動の結果からでてきた膨大な数値データの分析基盤となるSQL Server の一般消費財製造業様における活用シナリオとお客様との関係強化を図るCRM関連ソリューションをお話いたします。

また特別ゲストとして、ラウンダー派遣業界の最大手である株式会社マックス 取締役 澤地正人様をお招きし、店頭起点の販売促進活動の重要性、モノが売れる状況を生むための「仕掛け」づくり、“消費者の消費者による消費者のための”売場づくり・店舗運営・サービス提供施策などをご講演いただきます。

質疑応答やネットワーキングの時間もありますので、意見交換の場としてもご活用いただければ幸いです。


【開催概要】

日時: 2013年12月12日(木) 13:00~17:00(受付開始12:30~)

共催: アクセンチュア株式会社、日本マイクロソフト株式会社

会 場: マイクロソフト 品川グランドセントラルタワー30階 セミナールーム 30F-B09(別ウィンドウで開きます)⇒
〒108-0075 東京都港区港南2-16-3
品川グランドセントラルタワー

参加費: 無料

定 員: 20名
※定員を超えた場合、お席のご用意は抽選となります。
※アクセンチュアの競合企業の方は参加をご遠慮いただいております。

申込締切予定日: 2013年12月6日(金)

対象業種: 一般消費財メーカー、OTC製薬メーカーなど

対象職種: 営業企画部門、営業部門、経営企画部門、IT部門

詳細・
お申し込み方法:

セミナーお申し込みページへ(別ウィンドウで開きます)⇒


【プログラム】
13:00~13:05 開会のごあいさつ

13:05~14:00 第1部 基調講演
「店頭競争に勝つために、いま消費財メーカーは何をすべき
か?」

アクセンチュア株式会社 製造流通本部 マネジング・ディレクター
関 一則
グローバル化、国内の人口減少、避けられないプライベートブランドへの対応、より激化する価格競争など、消費財メーカーの置かれる立場は厳しさを増す一方です。ただ、そのような環境の中、成功している消費財メーカーがあるのも事実です。本講演では、そうした企業のベストプラクティスから、消費財メーカーがとるべき経営の次の一手を説明します。

14:00~14:45 第2部
「店頭情報を活かした個店攻略と本部攻略の仕組みづくり」

株式会社マックス
取締役
澤地 正人氏
店頭活動と本部商談のPDCAを連動させる――店頭攻略のカギはこの一言につきます。これを実践するには、「連動させる仕組み」と、「店頭情報を活かした商談」が不可欠です。本講演では、それらのポイントと営業力を強化する店頭活動の事例などをお話します。

14:45~15:30 第3部
「店頭データ活用シナリオにおける分析基盤としての SQL Server」

日本マイクロソフト株式会社

15:30~16:00 休憩

16:00~17:00 第4部
「統合型販促管理システム 最新版 Accenture CAS 10.1のご紹介」

アクセンチュア
Accenture CAS
製品戦略担当統括マネジング・ディレクター
ヘニング・フロム
Accenture CAS
アジア統括マネジング・ディレクター
ティム・ユーン
消費財メーカーにおける販促活動のPDCAサイクルを支援し、店頭活動の可視化をスマートデバイスと最新の画像認識技術を駆使して効率化する「Accenture CAS」を紹介するとともに、具体的な活用シーンを説明します。