Skip to main content Skip to Footer

OUR TEAM

アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブを主導するコア・メンバーのメッセージと経歴を紹介します。

私たちは、スタートアップや研究開発機関などで萌芽するイノベーションを大企業のビジネスや自治体のサービスに組み込むだけでなく、イノベーションのスケール・アップを支援し、社会や地域の課題をも解決するプロフェッショナル集団です。

イノベーションの発掘や、ニーズとシーズのマッチングにとどまらず、それを市場や社会に大規模に展開するためのビジネス戦略、業務運用、組織の変革マネジメントに至るまで、各領域・業種の特性を理解し、経験を積んだメンバーが集結しています。

私たちの思いは、イノベーションの力で社会を変えること。少子高齢化をはじめとした社会課題の“先進国”である日本を、活気と希望にあふれる場所にし、ゆくゆくは日本で芽吹いたイノベーションを世界に発信したい――そのために、力を尽くします。

立花 良範
アクセンチュア 執行役員
デジタル コンサルティング本部
統括本部長

>詳細を見る

加治 慶光
アクセンチュア
チーフ・マーケティング・イノベーター

>詳細を見る

Jitendra Kavathekar
Accenture
Global Open Innovation担当
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

市川 博久
アクセンチュア
オペレーションズ本部
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

工藤 卓哉
Accenture Data Science Center of Excellence グローバル統括 兼
デジタル コンサルティング本部
アクセンチュア アナリティクス 日本統括
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

廣瀬 隆治
アクセンチュア
戦略コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

保科 学世
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

納 健太郎
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
シニア・マネジャー

>詳細を見る

飯澤 拓
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
シニア・マネジャー

>詳細を見る

坂井田 大悟
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
シニア・プリンシパル

>詳細を見る

柳澤 佑
アクセンチュア
金融サービス本部
アクセンチュア ディストリビューション&マーケティング サービス
シニア・マネジャー

>詳細を見る

村上 泰一郎
アクセンチュア
戦略コンサルティング本部
マネジャー

>詳細を見る

貝沼 篤
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
マネジャー

>詳細を見る

髙山 さえ子
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
マネジャー

>詳細を見る

崔 永明
アクセンチュア
製造・流通本部
マネジャー

>詳細を見る

久池井 淳
アクセンチュア
戦略コンサルティング本部
コンサルタント

>詳細を見る



アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブのトップページに戻る



立花 良範

立花 良範
アクセンチュア 執行役員
デジタル コンサルティング本部
統括本部長

>詳細を見る

メッセージ
これからの時代に企業や組織が長期的な成功を収めるには、すべてのビジネスをデジタルに対応させることが必要です。ただし、それだけでは足りません。外部のパートナーと連携して広範なエコシステムを形成し、スピーディかつ持続的にイノベーションを創出することが不可欠です。では、どうすれば継続的なイノベーションが可能になるのでしょうか?その1つの解として、いまオープンイノベーションが世界で注目されています。

アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブは、日本においてさまざまな企業や自治体、教育機関、ベンチャーキャピタルなどの間で、イノベーション創出の“潤滑油”として機能し、イノベーション推進に貢献します。


経歴

アクセンチュアに入社後、通信・ハイテク業界を中心に多数の大規模SI案件でアーキテクト・プロジェクトマネジメントを経験。マネジング・ディレクター昇進後、IT戦略グループを統括し、さまざまな業界・企業のITビジョン、中期計画策定やエンタープライズアーキテクチャ・デザインを手掛ける。2015年よりデジタル コンサルティング本部統括として、デジタル・マーケティング、アナリティクス、モバイル、IoTといったテーマで数多くのクライアントのビジネス・イノベーションを支援している。

アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブ統括。


関連リンク

加治 慶光

加治 慶光
アクセンチュア
チーフ・マーケティング・イノベーター

>詳細を見る

メッセージ
2015年6月に政府が閣議決定した「『日本再興戦略』改訂2015」では、イノベーション・ベンチャーの創出や、IoT・ビッグデータ・人工知能による変革といったキーワードが挙げられました。アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブは、これらをグローバルレベルでけん引する存在となるでしょう。

これまで私は民間と政府の両方で働いてきましたが、わずか10年程度前までは、「官民一体での取り組み」が当たり前とは言えない状態でした。しかし今、デジタルやイノベーションが果たす役割が大きくなり、それを背景にして、「官と民」や「スタートアップや大企業」など、以前は活動領域が異なり接点の無かったさまざまなものが結びつき始めています。大きなイノベーションを萌芽させる可能性を秘めるそうした新たな結びつきを、グローバルに実現する橋渡し役として全力を尽くしたいと思います。


経歴
富士銀行、広告会社を経て、米ノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院でMBAを取得。日本コカ・コーラ、タイム・ワーナー、ソニー・ピクチャーズでマーケティングや宣伝に携わる。

その後、日産自動車に移り、高級車のマーケティングやGT-Rの市場戦略構築・実施などを担当。2016東京オリンピック・パラリンピック招致委員会に出向した後、日産に帰任し、Nissan LEAF世界導入に参画。2011年より内閣官房官邸国際広報室参事官として震災対応、ソーシャルメディア、2020オリンピック・パラリンピック招致、ダボス会議などを担当した。

任期満了に伴い2014年2月にアクセンチュアに移籍し、現職。世界的なスタートアップイベント「SLUSH」が初のアジア版となる「SLUSH ASIA」を2015年に東京で開催した際には、共同CMOを務める。


関連リンク

Jitendra Kavathekar

Jitendra Kavathekar
Accenture
Global Open Innovation担当
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

メッセージ
アクセンチュアのグローバルな技術研究開発組織であるAccenture Technology Labにおいて、オープンイノベーションの取り組みを統括しています。

私の役割は、アクセンチュアがそのクライアントである企業や行政機関に対して、イノベーティブで先鋭的なソリューションを広い範囲にわたって提供できるようにすることです。そのため、スターアップやベンチャー・キャピタリスト、アクセラレーターのほか、大学や企業の研究機関と連携し、オープンイノベーションの創発や商業的なパートナーシップの可能性を探り、その枠組みを構築しています。


経歴
現職に就く前は、Accenture Technology Labsにおいて、世界の保健医療に変革をもたらす先進的かつ革新的なテクノロジーを発掘する「デジタルヘルス」専門チームを立ち上げ、統括。アクセンチュア入社以前は、スタートアップのCEOを務めた他、HPやPalm、Motorola、Yahooなど、ハイテク業界の世界的企業で幹部職を歴任した。

International Technology University名誉博士。University of Wisconsin-Milwaukeeでコンピュータ・サイエンスの修士号を取得。現在はシリコンバレーに在住している。

市川 博久

市川 博久
アクセンチュア
オペレーションズ本部
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

メッセージ
オープンイノベーションは企業だけのものではありません。社会や地域には、まだ目が向けられていない潜在的な課題が、実はたくさんあります。私は、そうした課題にオープンイノベーションのアプローチを適用する活動を主導しています。

ここで重要なのは、社会や地域の見えざる課題をどう切り出して顕在化させるか、何が問題だと特定するか、です。それが的外れであっては、実効性のあるイノベーションを生み出すことはできません。そこで私たちは、行政やNPO、教育機関、企業が潜在的課題の特定に向けて積極的に対話し、地域市民も主体的に課題解決に参加できる場を作り出そうとしています。


経歴
新卒でアクセンチュアに入社し、コンサルタントとして大手企業の基幹系システム導入プロジェクトなどに従事、一貫してITインフラ領域でキャリアを積む。2007年にインフラ・アウトソーシング事業を新規に立ち上げ、統括に就任。2010年より、アクセンチュアの企業市民活動で「若者の就業力・起業力強化チーム」の責任者を兼務する。


関連リンク

工藤 卓哉

工藤 卓哉
Accenture Data Science Center of Excellence グローバル統括 兼
デジタル コンサルティング本部
アクセンチュア アナリティクス 日本統括
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

メッセージ
私は、公共政策にイノベーションを吹き込みたいと思っています。大学では文理融合型の環境科学と公共政策学、情報工学を専攻しました。現在、東京大学や慶応義塾大学で教鞭をとっている授業も、データサイエンスや公共政策学のプログラムです。

いま一番情熱を注いでいるのは、STEM(Science, Technology, Engineering, and Mathematics)人材の育成、小学生への教育、母子家庭や社会的弱者に向けた教育支援政策と医療政策です。日本において医療介護は歳出の40兆円を超え、また教育政策は将来の経済力を担う重要なベースライン政策となり、私がライフワークとして取り組むべき政策領域だと信じています。

教育政策や医療政策など、日本が待ったなしの状態にある社会的な課題を、イノベーションによって解決し、インパクトを与えたい。アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブには、そんな熱い思いをたぎらせたメンバーが集結しています。


経歴
新卒でアクセンチュアに入社、経営コンサルタントとしてさまざまな業界のプロジェクトに従事した後、退職して米国の大学に留学。国際公共政策の修士号をコロンビア大学で、また情報工学の修士号をカーネギーメロン大学において取得した。

卒業後はブルームバーグ政権下のニューヨーク市で統計ディレクターなどを務める。東日本大震災を契機に「自分ができることで日本に貢献を」と考え帰国。アクセンチュアに再入社し、その後、全世界組織であるアクセンチュア アナリティクスの日本総括に就任。現在は拠点を米国に移し、研究開発部門リードをしながら特許申請をしたり、講演・執筆活動をしながら日米を行き来して活動している。


関連リンク

廣瀬 隆治

廣瀬 隆治
アクセンチュア
戦略コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

メッセージ
私はもともとデジタルやテクノロジーが好きで、それらを生かした新規事業をお客さまに提案してきました。ただ、良いアイデアがあってもなかなか実行されないことが多く、もどかしさを感じていました。アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブの活動を通して、大企業にスタートアップのテクノロジーに興味を持ってもらうとともに、スタートアップのスピード感にならって新規事業の立ち上げに積極的になるよう、働きかけていきます。

ここでいう「積極的」とは、トライアル・アンド・エラーの姿勢。うまくいけば伸ばし、ダメだったら止めればいい。一番マズイのは、何もしないこと。私は大企業のニーズを捉え、スタートアップとのビジネスマッチングやワークショップを通じて、新規事業が創出されるよう、後押ししていきます。


経歴
戦略コンサルタントとして、主に通信やハイテク、メディア・エンターテインメント業界を担当。近年はさまざまな業界に横串を通す形で活動の領域を広げ、クライアントである大企業に向けて、イノベーションを原動力にした新規事業や成長戦略を描くことをミッションとする。その中で、スタートアップの世界でキラリと光るダイヤの原石を見つけて大企業のビジネスと結びつけるという、“次世代のコンサルティング”に取り組んでいる。


関連リンク

保科 学世

保科 学世
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

>詳細を見る

メッセージ
最先端のテクノロジーを国内外から集めて目利きし、それらを“シーズ”から発展させて“ソリューション”に仕立て上げ、スタートアップやお客さまに提供する役割を担っています。

私の問題意識は、「少子高齢化が進む日本において、企業は今後どうグローバル市場で戦っていくか」。鍵は、デジタルによるイノベーションです。日本の大企業も、このままでは大きな成長は難しいと理解し、デジタル・イノベーションを望んでいます。ですが、大きな会社であればあるほど、リスクを取りつつ変化していくことが難しい実情もあります。

一方でスタートアップに目をやると、画期的な製品が次々に生まれています。ただ、彼らには大手企業が持つような、コンテンツ、データ、販路、人的リソース等、各種資産が無いが故に、ビジネスを拡張できていないケースも多く見受けられます。

この両者をアクセンチュアが触媒になってつなげる。そして日本の課題解決に貢献していきます。


経歴
データ分析(アナリティクス)に基づく在庫・補充最適化サービスやレコメンド・エンジンなど、アナリティクスソリューションの新規開発を統括。また、それらをクライアントの業務改革を実現するサービスとして提供する際の責任者として、数多くのプロジェクトに携わる。アナリティクス領域の他にも、大手メーカー、通信キャリアを中心に、大規模基幹系システムのシステム導入の経験を積む。学生時代は物理化学の分野でビッグデータ解析に取り組む。理学博士。


関連リンク

納 健太郎

納 健太郎
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
シニア・マネジャー

>詳細を見る

メッセージ
アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブを構成する3つのユニット(カタリスト・ユニット、サーチライト・ユニット、ソーシャルシフト・ユニット)全体を統括する役割と、私たち組織の活動現場におけるリーダーの役割を担っています。大企業やスタートアップ、政府・自治体など、私たちがかかわる全てのステークホルダーとのコミュニケーションに積極的に関与するとともに、各ステークホルダーのニーズ/ソリューション/課題の状況を全体的な視点で把握し、イノベーティブなソリューション作りを実施していきます。

オープンイノベーション・イニシアチブとは別に従事するコンサルティング業務でも、近年は「新技術をいかに大企業の課題解決に活かしていくか」をテーマに活動してきました。その経験をここに持ち込み、スタートアップの革新的なアイデアや技術を大企業や自治体の課題解決やニーズに結び付けていきたいと考えています。


経歴
2001年に新卒でアクセンチュアに入社し、コンサルタントとして主に通信業界のクライアントを担当。システム設計・構築や業務コンサルティングなど、幅広い領域のコンサルティング実績を有する。現在は、音声認識などの新たな技術を活用したビジネス変革をクライアント企業に提案している。

飯澤 拓

飯澤 拓
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
シニア・マネジャー

>詳細を見る

メッセージ
イノベーションの実現には、デジタル・テクノロジーの活用が避けて通れません。モバイルアプリやWebサービス、センサーやハードウェア、機械学習や人工知能など、さまざまなテクノロジーを活用することで、これまで映画やSF小説の中にのみ存在したサービスや体験を生み出せる時代になっています。しかしテクノロジーだけでは、イノベーションを継続することは難しいでしょう。アクセンチュアはテクノロジーとビジネス、また地域をつなげて、継続的なイノベーションを実現します。


経歴
前職では中小向けB2B決済サービスの新規事業開発、およびシステム開発を手掛け、2005年にアクセンチュアに入社。先端技術チームに所属し、ITインフラ・アーキテクチャ領域を専門としてカスタム開発から大規模ERPシステム導入プロジェクトなどに従事する。特にクラウドを専門とし、クラウドサービス登場直後より数多くのクラウドサービスによるビッグデータ分析システム導入を支援している。


坂井田 大悟

坂井田 大悟
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
シニア・プリンシパル

>詳細を見る

メッセージ
グローバル・ネットワークを活用し、各地のメンバーとも連携して、先鋭的なテクノロジーやサービスの情報を収集。その情報をオープンイノベーション・ハブにかかわる皆さんに伝えることで、イノベーションを加速する役割を担っています。

これまでコンサルタントとして、お客さまであるモノづくり企業でビジネス現場の最前線に立ってきました。たくさんの素晴らしいエンジニアや経営陣と出会い、私は「日本の優秀な人材と、そうした人たちが構成する日本の社会が、世界に誇る“メイド・イン・ジャパン”を支えてきたのだ」と感銘を受けました。

その一方で、制度や慣習にしばられて「考え」を「行動」に移せない場面や、お世話になった方々が苦しい決断で会社を去る場面にも遭遇しました。

何かがうまくかみ合っていない――。そう感じる中で私は、日本の企業に国内外の先鋭的なテクノロジーやサービスを取り込み、企業内リソースと有機的に結び付けることで、イノベーションを大きく育てたいと考えるようになりました。

オープンイノベーション・ハブの活動を通して、日本の人と企業、そして社会の成長に資するように尽力します。


経歴
コンサルタントとして、生産材メーカーや消費財メーカー、ITサービス・プロバイダなど、幅広い業種のクライアントを支援。

中でも半導体メーカーのプロジェクトに長く従事し、産業用組み込みシステム、電子部品/半導体などの応用技術にかかわりながら、マーケティング/営業領域における事業計画策定/企画立案、プロモーション設計/実行を手掛ける。また、業務プロセスやウェブサイト、ITシステムの設計から導入、改善までをハンズオンで支援している。


関連リンク

柳澤 佑

柳澤 佑
アクセンチュア
金融サービス本部
アクセンチュア ディストリビューション&マーケティング サービス
シニア・マネジャー

>詳細を見る

メッセージ
「FinTech」にフォーカスして最新技術やスタートアップ企業の動向にアンテナを張り、オープン・イノベーションを活用した金融サービスの「破壊的なイノベーション」や、新たな付加価値創造を促す金融機関とスタートアップ企業の協業モデル構築に取り組んでいます。

金融機関は絶対的な信頼感が期待される事業体であるがゆえに、どうしても「守りのスタンス」にならざるを得ませんでした。一方、技術をテコに金融サービスに進出するスタートアップ企業が急増しており、旧来からの金融機関は競争力を維持するために「攻めのスタンス」への転換が求められています。新興勢力への対抗・防衛だけでなく、相互成長を実現する協業の可能性にしっかりと目を向けながら、未来の金融ビジネスを描き、実現に導いていきます。


経歴
新卒でアクセンチュアに入社し、経営コンサルタントとして主に金融・通信業界を担当。近年は金融業界のクライアントを中心に、イノベーション組織の立ち上げや、社会・技術変化の将来予測に基づく新規事業戦略の立案から事業化までをエンド・ツー・エンドで支援するなど、企業のトップライン向上に取り組んでいる。特に決済領域に強みを持ち、技術変化が速い決済領域において国内外のトレンドに広く目を向け、金融機関の次世代決済サービスの構築を支援している。


村上 泰一郎

村上 泰一郎
アクセンチュア
戦略コンサルティング本部
マネジャー

>詳細を見る

メッセージ
デジタル・テクノロジーを活用した新規事業の立案・実行支援を担当しています。国内外のスタートアップをはじめとした、シーズを持つプレーヤーと連携することで、大企業が実効性のある新規事業を迅速に立ち上げられるようにサポートしています。

スタートアップや大学などのテクノロジーやサービスの中には、社会や市場に大きなインパクトを与える可能性を秘めつつも、世に広く知られぬまま文字通りシーズ(種)の状態で眠っているものが、まだ多くあります。世界の中でも、特に日本はこの傾向が高いと感じています。それらは、シーズを持つプレーヤーと大企業との協業により、両者に有益な形で一気に花開くかもしれません。

そうしたシーズが大企業のニーズに応えられるように、適切なビジネスモデルや協業プランを策定・提案し、実行サポートすることで、両者に橋を架けたい。それにより、大企業のオープンイノベーションを促進していきます。ひいては、日本の大企業や研究機関における研究開発の投資対効果を世界レベルに高める一助にもなれればと考えています。


経歴
アクセンチュアに新卒で入社後、通信・ハイテク業界を中心に、データ分析を用いたサプライチェーン改革や営業改革、開発マネジメント、新規事業立案・フィージビリティスタディ・実行支援、ジョイントベンチャー設立支援、業界将来予測など、幅広いプロジェクトに従事。特に数値データ解析、および新規テクノロジーを活用した新規事業立案に強みを持つ。


貝沼 篤

貝沼 篤
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
マネジャー

>詳細を見る

メッセージ
アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブでは、主に国内を中心としたスタートアップや技術・サービスに関する情報収集と、社内外への情報発信、またクライアント企業のイノベーション創出を支援しています。

これまで私が様々な大企業やスタートアップと接してきた中で感じたのは、スピード感やマインドの大きな隔たり。「イノベーションのジレンマ」に示されているように、業界内で一定の地位を築いている企業の多くは変化を好まず、未だ既存ビジネスの延長線上にある「持続的イノベーション」にこだわり続け、「破壊的イノベーション」を軽視する傾向があります。

私は、そういった企業に対し、スタートアップとのマッチングや、サービス/プロダクトのアイディエーション・ワークショップなどを通じて、「破壊的イノベーションに取り組まないリスク」と、「破壊的イノベーションがもたらす未来」を間近に感じていただき、また一過性に終わりがちな新規事業の継続的な実行を支援していきます。


経歴
SIer、ITコンサルティング・ファーム、デジタルマーケティング・エージェンシーを経て2014年アクセンチュア入社。通信・製造・流通業界を中心に、デジタルマーケティング戦略の立案からプロモーション企画、Webサイトやアプリの情報設計、フロントエンド/バックエンドシステムの企画・構築・運用まで幅広くサポート。概して利害が衝突しがちなマーケティングとIT双方の視点をもって、クライアント企業のデジタルマーケティングを推進している。

髙山 さえ子

髙山 さえ子
アクセンチュア
デジタル コンサルティング本部
マネジャー

>詳細を見る

メッセージ
イノベーション創出には、適切な情報を有効に使えるようにする仕組みや、適切なスキルを持った人材が欠かせません。アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブには、私たちが培ってきた豊富なナレッジや人脈などのアセットが集積しています。私は、こうしたアセットを大企業やスタートアップの皆さんが実際のビジネスに活用できる情報共有の仕組み作りや、イノベーション人材の育成支援を主に担当します。

社外の方々とも連携しながら、勉強会、ハッカソン、アイディアソンなど、さまざまなイベントを通して、イノベーション創出に貢献していきたいと思っています。


経歴
新卒で外資系証券会社に入社後、デザインを習得するために退職。その後、デザイン・エージェンシーや大手IT企業にて、IT・流通業・不動産・人材ビジネス業界を主に、プロモーション用Webサイトの企画/デザインや、Web/モバイルサービスの新規企画開発、デジタルマーケティング、デザイン・ディレクション、保守運用から体制構築、業務設計まで幅広く担当。その後、大手通信企業の新規事業開発部門にて、主にヘルスケア事業の立ち上げや、健康機器と連携するスマートフォン・アプリの企画開発を経験。2015年にアクセンチュアに入社。


崔 永明

崔 永明
アクセンチュア
製造・流通本部
マネジャー

>詳細を見る

メッセージ
クライアントに最前線の技術・トレンド・インサイトを提供するため、シリコンバレーを中心としたアクセンチュアグローバルのオープンイノベーション組織と連携し、世界各地のスタートアップやベンチャーキャピタル、アクセラレーター、大学のネットワークを活用した情報収集を担当しています。

オープンイノベーションの鍵はボーダーを越えることです。アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブは、クライアントのイノベーションに寄与するべく、企業・国・文化のボーダーを越え、最先端かつ最適な技術とサービスを追求しています。


経歴
半導体等のメーカーで、海外営業、新規海外マーケットの開拓、ビジネスの立上げを担当。北米、欧州、東南アジア、中国、イスラエルなど世界各地でビジネスを経験。2014年アクセンチュアに入社し、小売業を中心に、顧客体験設計、デジタルソリューション導入の検討などをサポート、クライアント企業のグローバルでのデジタル変革を推進している。


久池井 淳

久池井 淳
アクセンチュア
戦略コンサルティング本部
コンサルタント

>詳細を見る

メッセージ
創業間もないベンチャーや研究機関などが持っている技術シーズをビジネスの文脈に基づいて“翻訳”し、テクノロジー機軸の新規事業立案や、ベンチャーと大企業のマッチング、協業提案など、シード期の新技術を活用した大企業のオープンイノベーション促進を担当しています。

私は、かつて自分自身でベンチャー企業を経営しており、いまは数千人規模の企業に所属しています。すなわち、“ベンチャー畑の出自を持った、大企業の人間”です。その経歴を生かすことで、ベンチャーと大企業の協業に当たって双方の文化的差異を理解し、橋渡しや通訳の役割を担うことで、互いのシナジーを最大化できるよう支援します。


経歴
学生時代に天才技術者育成の国家プロジェクト「未踏」事業に採択される。その後、自身が保有する知的財産やプロダクトを大企業と組んで事業化するなど、オープンイノベーションや技術系ベンチャーの領域で活動を続け、経済産業省から「Innovative Technologies」の表彰を受ける。技術経営修士の学位(MOT)を取得後に、グローバルなイノベーションに関わることを希望してアクセンチュア戦略グループに参加。新規事業立案、事業再生などに、技術的な知見を活用している。


関連リンク




アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブのトップページに戻る




アクセンチュア・オープンイノベーション・ハブに関するお問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。