Skip to main content Skip to Footer

Accenture Mobility Insights Report 2014

創造的破壊の時代を生き抜くために~日本企業の課題とデジタルテクノロジー

目次

image

ソーシャルネットワーク、モバイル、アナリティクス、クラウド、センサー、ユーザーエクスペリエンス、セキュリティー、ワイヤレス高速ネットワークといったデジタルテクノロジーの台頭は、これまでの10年に劇的な変化を世界に引き起こした。

GoogleやFacebookおよびLINEのような、新たな市場において急成長を遂げた新たなプレイヤーの誕生は、誰もが認めるその変化の代表例である。

一方で、これからの10年間には、その他の大多数、つまり世界中の既存産業の既存企業を巻き込んださらにダイナミックな変化が訪れる。

その変化は、単に産業内の業界順位の入れ替えのみならず、サプライチェーンやバリューチェーンにおける産業間のパワーバランスの逆転や産業自体の勃興や消滅、および産業間のコンバージェンスにまで及ぶ。

そのような時代背景の中で、企業は今、デジタルテクノロジーをどのように受け止め、取り込み、利用しようとしているのか。それを明らかにするため、アクセンチュアでは、企業のCIO(最高情報責任者)に自社のデジタル化への取り組み状況を尋ねるグローバル調査「Accenture Mobility Insights Report 2014」を実施した。

本調査の結果から、日本におけるデジタルテクノロジーの活用の現況と課題についての洞察を得て、デジタル化時代の勝者となるために欠くことができないアクションアイテムについて提言する。